【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

王賁

 

キングダムで一気に春秋戦国時代が人気になりました。信率いる飛信隊や王賁蒙恬桓騎王翦などの将軍が活躍しており、この物語の終着点は秦王となった政が天下統一を成功させた事で終幕を迎えると私は考えております。

 

しかしどうして秦は天下を統一することができたのでしょうか。この疑問に三国志ライター黒田廉が秦国の法律面から勝手に考察してみました。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!


秦が統一できた下地は秦王政が生まれる百数十年前に生まれていた!?

李斯

 

秦が天下統一できたのは秦王となった政が六国に先駆けて法整備や優秀な人材を取り入れて兵を率いさせたことも秦が天下統一できた原因の一つではあります。しかし天下統一の大偉業をなし得た最大の原因は、彼が生まれる百数十年も前に出現したある法律家と当時の秦王が秦の天下統一の下地を作っていたのをご存知でしたでしょうか。


秦が統一できた理由その一:法律家・商鞅を手に入れたこと

商鞅(しょうおう)

 

秦王政が生まれる百数十年前に魏の国に一人の食客がおりました。彼の名前は商鞅(しょうおう)という名前でした。衛(えい)の国の公子として生まれますが、国が弱小であったため仕えるべき国を探すために、とりあえず魏の国の宰相である公孫座(こうそんざ)という人物の食客になっておりました。公孫座は魏の恵王(けいおう)から「お前もそろそろ老齢であるから、次の宰相を誰にするか決めたいと思うのだが、誰にすればいい?」と尋ねられます。すると彼は「私の食客に商鞅と呼ばれる優れた人物がおります。

 

この者に宰相の位を授ければ魏の国は安泰で有りましょう」と進言します。しかし恵王は彼の進言を採用することはありませんでした。公孫座は屋敷に帰るとすぐに商鞅を呼び「君を宰相へ命じるように恵王へ要請したが、受け入れてもらえなかった。そして君を宰相へ任命しないのであればすぐに殺害したほうが、いいとも要請しておいた。すぐに君はここから逃げた方がいい」と述べます。

 

すると商鞅は「王はあなた様の進言を採用しなかったのですから、私を殺害しろと言う進言も採用することはないでしょう」と言い切り、急いでにげることはせずに、翌日公孫座に今までの礼をした後、ゆっくりと魏の都をあとにしていきました。その後商鞅は秦へ入国して、宦官の伝手を得て秦の孝公(こうこう)と面会します。この時彼は熱弁を奮って三つの道を孝公に説きます。

 

一つ目の道は帝へ到達する道です。しかし孝公はつまんなそうにしており、最終的には居眠りをしてしまいました。二つ目の道は王へなるための道を説きますが、この時も彼は爆睡して話をほとんど聞いておりませんでした。最後の一つである覇道を説くと孝公の目の色が輝き、彼の話を食い入るように聴き始めます。そして孝公は商鞅を仕えさせます。秦は彼を加入させたことにより、秦の天下統一への道が始まっていくことになります。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想


法律の改変を開始・・・しようとしたが・・・

強引に法律の改革を行う商鞅(しょうおう)

 

商鞅は秦へ仕えることになると早速秦の国力が伸び悩んでいる最大の原因である「秦の法律」を改変しようと試みます。その為にはまず王へ「秦の国力が伸び悩んでいるのは、法律が悪いからです。この法律を改変しないことには、覇道を邁進することはできないでしょう」と進言。しかし孝公は「いや。やらせてあげたいのはやまやまなのだが、貴族や重臣たちから反対されたら嫌だからさぁ~」と商鞅の進言をのらりくらりとかわそうとします。商鞅は「自信をもって法律の改変を行わななければ、成功することはできません。」と強い言葉で孝公を激励。すると孝公は「君の言うとおりである。やるからには自信を持ってやらねばならん。よし商鞅よ法律の改変を君にお願いする」と商鞅に秦の法律を改変するように要請します。


商鞅の法律改変事業その1:第一次変法【墾草の令】

 

商鞅(しょうおう)は秦の孝公(こうこう)が秦の法律を改変することに対して迷っていたため、激励叱咤を行います。その結果、孝公は吹っ切れて秦の法律改変を商鞅に託します。こうして商鞅は秦の法律を改変するべく色々と法律を考えてついに墾草の令(こんそうのれい)と言われる法律改変案を作成して実施。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 陳宮
  2. 呂不韋
  3. ヤンキー
  4. 桓騎
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP