よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】

この記事の所要時間: 647




キングダム45

 

キングダムで一気に春秋戦国時代が人気になりました。

信率いる飛信隊や王賁蒙恬桓騎王翦などの将軍が活躍しており、

この物語の終着点は秦王となった政が天下統一を成功させた事で終幕を迎えると

私は考えております。

しかしどうして秦は天下を統一することができたのでしょうか。

この疑問に三国志ライター黒田廉が秦国の法律面から勝手に考察してみました。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!




秦が統一できた下地は秦王政が生まれる百数十年前に生まれていた!?

李斯

 

秦が天下統一できたのは秦王となった政が六国に先駆けて法整備や

優秀な人材を取り入れて兵を率いさせたことも秦が天下統一できた原因の一つではあります。

しかし天下統一の大偉業をなし得た最大の原因は、

彼が生まれる百数十年も前に出現したある法律家と当時の秦王が秦の天下統一の下地を

作っていたのをご存知でしたでしょうか。




秦が統一できた理由その一:法律家・商鞅を手に入れたこと

商鞅像 wiki

商鞅 wikipedia)

 

秦王政が生まれる百数十年前に魏の国に一人の食客がおりました。

彼の名前は商鞅(しょうおう)という名前でした。

衛(えい)の国の公子として生まれますが、国が弱小であったため仕えるべき国を探すために、

とりあえず魏の国の宰相である公孫座(こうそんざ)という人物の食客になっておりました。

公孫座は魏の恵王(けいおう)から「お前もそろそろ老齢であるから、

次の宰相を誰にするか決めたいと思うのだが、誰にすればいい?」と尋ねられます。

すると彼は「私の食客に商鞅と呼ばれる優れた人物がおります。

この者に宰相の位を授ければ魏の国は安泰で有りましょう」と進言します。

しかし恵王は彼の進言を採用することはありませんでした。

公孫座は屋敷に帰るとすぐに商鞅を呼び「君を宰相へ命じるように恵王へ要請したが、

受け入れてもらえなかった。そして君を宰相へ任命しないのであればすぐに殺害したほうが、

いいとも要請しておいた。すぐに君はここから逃げた方がいい」と述べます。

すると商鞅は「王はあなた様の進言を採用しなかったのですから、

私を殺害しろと言う進言も採用することはないでしょう」と言い切り、急いでにげることはせずに、

翌日公孫座に今までの礼をした後、ゆっくりと魏の都をあとにしていきました。

その後商鞅は秦へ入国して、宦官の伝手を得て秦の孝公(こうこう)と面会します。

この時彼は熱弁を奮って三つの道を孝公に説きます。

一つ目の道は帝へ到達する道です。

しかし孝公はつまんなそうにしており、最終的には居眠りをしてしまいました。

二つ目の道は王へなるための道を説きますが、

この時も彼は爆睡して話をほとんど聞いておりませんでした。

最後の一つである覇道を説くと孝公の目の色が輝き、彼の話を食い入るように聴き始めます。

そして孝公は商鞅を仕えさせます。

秦は彼を加入させたことにより、秦の天下統一への道が始まっていくことになります。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

法律の改変を開始・・・しようとしたが・・・

三国志 ろうそく 写真

 

商鞅は秦へ仕えることになると早速秦の国力が伸び悩んでいる最大の原因である「秦の法律」を

改変しようと試みます。

その為にはまず王へ「秦の国力が伸び悩んでいるのは、法律が悪いからです。

この法律を改変しないことには、覇道を邁進することはできないでしょう」と進言。

しかし孝公は「いや。やらせてあげたいのはやまやまなのだが、

貴族や重臣たちから反対されたら嫌だからさぁ~」と商鞅の進言をのらりくらりとかわそうとします。

商鞅は「自信をもって法律の改変を行わななければ、成功することはできません。」と

強い言葉で孝公を激励。

すると孝公は「君の言うとおりである。やるからには自信を持ってやらねばならん。

よし商鞅よ法律の改変を君にお願いする」と商鞅に秦の法律を改変するように要請します。

 

商鞅の法律改変事業その1:第一次変法【墾草の令】

朝焼け空 f

 

商鞅(しょうおう)は秦の孝公(こうこう)が秦の法律を改変することに対して迷っていたため、

激励叱咤を行います。

その結果、孝公は吹っ切れて秦の法律改変を商鞅に託します。

こうして商鞅は秦の法律を改変するべく色々と法律を考えてついに

墾草の令(こんそうのれい)と言われる法律改変案を作成して実施。

 

墾草の令の内容とは?

キングダムと三国志

 

商鞅が考えた墾草の令とはどのような法律なのでしょうか。

この法律の内容は

 

1:戸籍を設け、5戸と10戸(家の数)に分けて相互で監視を行い、報告する義務を設けます。

もしこの義務を怠ったら5戸もしくは10戸の世帯全てが罪になるので気をつけてください。

また報告したものは褒美を与えます。

 

2:1つの家庭に二人以上の男性がいる場合、

その男性が新しい家庭を造らないときは税を倍に増やします。

 

3:私事で戦いを行った者を罰し、

戦場で功績を挙げたらしっかりと褒美を与えるので励んでください。

 

4:女子は家庭内で紡績仕事に勤しみ、男性は農業に励んでください。

しっかりと励んで成績を残した人には褒美を与えて報います。

などの法律を掲げていきます。

商鞅はただ法律を掲げただけでは施行されない可能性があるため、

民衆から信頼を得るために城門にどでかい木を突き立てます。

そして民衆へ「もしこの木を北にある城門に動かすことができたら金を50枚与えよう」と

布令を出します。

民衆はこの布令を聞いたときに誰も手を出しませんでしたが、民衆の中で力持ちの男が木を

北門へ動かして役所に行くと彼は50枚もの金を手に入れることができました。

この事を知った民衆達は秦の政府を信用することになり、

商鞅が打ち出した新しい法律に対してもしっかりと守って行くことになります。

 

新法を打ち出すが・・・・

 

商鞅は新法を打ち出しましたが、

布令を出した当初は商鞅が思っているよりも効果が上がりませんでした。

民衆からの信頼を勝ち得ることに成功はしましたが、

重臣や貴族達は彼の新法を疑問に思っておりました。

そんな中孝公の太子の後見役が商鞅が打ち出した新法を破ってしまいます。

 

太子の後見役を法に照らし合わせて処断すると・・・

月 f

 

彼は早速太子の後見役で法律を破った者を法律に照らし合わせて処断。

太子は彼が殺害した後見役とは仲が良かったため、商鞅を大いに恨みます。

しかし太子の後見役を殺害したことによって民衆は、

しっかりと彼が打ち出した法律が機能しているのだということに気づき、

この法律を遵守していくことになります。

そして商鞅が新しい法律を秦国内に適用してから10年ほどが経過すると秦の国力は、

農業面においても以前と見違える程増強し、

紡績面や軍事面においても農業と同様に一気に国力を付けることに成功。

こうして商鞅が行った新法は大成功に終わります。

しかし彼はこれが第一次の変法であり、

この法律改変が成功したことによって第二回目の変法を考えておりました。

 

国力増強によって魏の都市を奪う

炎 s

 

秦は商鞅の活躍によって国力は一気に増加することになります。

そして増加した国力と軍事面においてどれだけ成果を出すことが出来るのかを実験するため、

ある国に攻撃を仕掛けます。

その国は魏です。

魏は当時斉に戦で敗れていたことから国力が減少しておりました。

しかし以前の魏であれば秦の国が逆立ちしても勝てないような強国でありましたが、

商鞅は孝公へ「秦の法が変わって戦力がどれだけ強くなったのかを見るため、

魏へ攻撃を仕掛けてみましょう。」と進言。

孝公はこの進言を受け入れて魏へ攻撃を行うと、

秦の軍勢は魏の城をいくつも落とすことに成功します。

孝公は魏の城をいくつも落とすことに成功したことを大いに喜び、

商鞅へ「これからもよろしく頼む」と述べた後、彼の官職を上げます。

こうして商鞅は自らが考えた政策である秦の法改変が成功したことによって、

秦国内で彼の地位は上昇。

彼は秦国内の重臣としての地位を確立することになります。

 

秦が天下統一をすることができた理由その2:第二次秦の法改変

始皇帝と星空

 

さて第一次秦の法改変である「墾草の令」によって秦の農業生産力・紡績・軍事力などが

一気に伸びたことがきっかけで秦の国力は上昇。

この法改変の結果、隣国である魏の国の領土を削り取ることに成功し、

秦の国威が上がっていくことになります。

しかし秦が天下統一への道が始まったのはまだ序盤でしかなく商鞅が第二次法の改変を

行った事で秦は天下統一への道が近づいて行くことになります。

さて秦の法律改変のプロである商鞅はどのように法を改変していったのでしょうか。

 

第二次秦の法改変その1:度量衡の統一

 

商鞅(しょうおう)が秦に仕えた当初、重さや長さ、量などが秦の国のあちこちで異なっておりました。

これは戦国時代の他の6国においても同様でした。

そこで商鞅は長さ・重さ・量の全てを統一する法を制定して施行。

この結果行政において混乱することがなくなり、スムーズに政策を行うことができました。

この時商鞅は軽量などを公平にするため作った器を「商鞅升(しょうおうます)」と言われ、

現在に残っております。

 

第二次秦の法改変その2:県を秦国内に設置

 

商鞅は上記の制度を施行した後、

中央に権力を集中させるために秦国内の集落をすべて県として区分け。

そして県となった地域に中央政府から県を統治する長官と長官を補佐する者二名をおいて、

統治します。

こうすることで力を持った貴族に権力が集中させずに、

国家のトップである君主を権力の絶対的な者として君臨させる制度を制定します。

また秦は以前から中原の諸国から軽蔑される文化がありました。

それは親子・兄弟が共にひとつ屋根の下で生活していたことです。

当時の中国では兄弟は成人になったら、

親元を離れて一家を形成するのが当たり前であると思われていたのですが、

秦の国では中原文化が浸透していなかったこともあり、

成人した子供たちも一緒に親と住んでおりました。

しかし商鞅は兄弟は成人したら親と一緒に住んではいけないと法を制定。

このことによって秦も中原諸国の仲間入りを果たす事になり、

戦場に駆り出すことのできる兵数も大幅にアップすることになります。

 

第二次秦の法改変その3:首都移転

 

商鞅は度量衡の統一・秦の国内に県制を制定・親と兄弟が一緒に住むことの禁止など

第二次法改変も色々なことに着手します。

そして商鞅の法改変における最大の山場といっても過言ではないものがありました。

それは首都移転です。

秦の首都は孝公の時代の首都は雍(よう)と言われる土地にありました。

商鞅は中原諸国へ攻撃を仕掛ける際に不便であるという理由から、首都遷都を実施。

彼は三国志の時代における長安のすぐ近くにある咸陽(かんよう)と言われる場所に、

首都を移転します。

当時首都を移転するのは非常に大規模な移動となり、首都を移転する前に城下の整備・

宮殿の造営・民衆の家づくりなど色々なことをしなければならなかったので、

重臣達は大いに不満を募らせておりましたが、商鞅に反対するほどの家臣はいませんでした。

こうして首都の移転を完了して、全ての法改変を実施。

すると秦の国は第一次変法の国力増強に加えて、第二次変法によって以前の秦とは比べ物に

ならないくらいの国力増強を果たし、

戦国7雄の中で最強に近い力を手に入れることに成功し、

秦が天下統一へむけての第一次段階が完了することになります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

秦は商鞅を向かい入れて彼の変法を取り入れたことによって国力は増加。

ここから秦の天下統一が始まったと行っても過言ではないという歴史家がいるほど、

彼が行った変法は画期的なものでした。

皆さんも知っているとおり、商鞅は孝公の太子に恨まれてし復讐されることになります。

彼は孝公の太子の復讐をかわすために、

国外に逃亡を図りますが自らの法によって最後は処断されてしまうのです。

こうして商鞅を失った秦は彼の死後も彼の法を採用し続けるのですが、

商鞅が入ってきた当初のような画期的なものが生まれませんでした。

しかし彼の死後秦の天下統一の第二段階へと導いた二人が出現。

このふたりによって秦の天下統一はグッと近づくことになります。

「今回の秦のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

関連記事:秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!…
  2. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?
  3. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いな…
  4. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国…
  5. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  6. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさ…
  7. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長…
  8. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  2. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  3. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  4. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  5. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2
  6. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介! 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった? 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった? 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅 三国時代の音楽ってどんな感じだったの? 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

おすすめ記事

  1. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  2. 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘
  3. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!
  4. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦
  5. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  6. 小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?
  7. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  8. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP