キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親?

燃える本能寺




本能寺の変

 

敵対する勢力を次々と滅ぼし、着実に天下布武(てんかふぶ)を進めていた織田信長(おだのぶなが)は、日本全国を統一するまであと一歩というところで本能寺(ほんのうじ)の変が起こり、

亡くなってしまいます。

1582年6月2日、信長は49歳でした。

歴史に「もし」は存在しないといいますが、もし本能寺の変がなくて、信長が生きていたら、いったいどのような統一国家を形成したのでしょうか?

この記事では、日本史の流れを一夜にして大きく変えてしまった本能寺の変の首謀者は誰だったのかを探っていきます。

 

関連記事:美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(サル)の戦い

関連記事:関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治

 

 

明智光秀(あけちみつひで)

明智光秀

 

「本能寺の変の首謀者が明智光秀(あけちみつひで)である」というのは、定説となっています。

光秀は信長の家臣であったため、このような凶行に及んだのは、主君である信長に対してよっぽど恨みがあったからであるとされています。

しかし、これは主に江戸時代に書かれた軍記物に記されている内容であり、信憑性(しんぴょうせい)は定かではありません。

「主君に恨みを持った家臣が謀反(むほん)を起こした」というのは、江戸時代の人々の心を掴みやすいテーマであったのでしょうか、

軍記物の内容は尾ひれ背びれがついて膨れ上がり、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にまでなりました。

その内容は、「信長のせいで光秀の母親が亡くなった」「光秀の言動が気に障った信長は、光秀の頭を何度も欄干に打ちつけ、恥をかかせた」

などというものです。

また、「川角太閤記(かわすみたいこうき)」には「光秀は信長に対し遺恨があった」と記されていますが、これも江戸時代初期に書かれたものであり、

秀吉に関する伝聞をまとめた書物であるため、真実であるかは定かではないのです。

 

 

長曾我部元親(ちょうそかべもとちか)

長曾我部元親(ちょうそかべもとちか)

 

さて、織田信長の暗殺でもっとも早く利益を受けた戦国大名がいます。

それは、四国の長曾我部元親です。

もともと信長と元親は友好的な関係でしたが、四国で強大な勢力を持つようになった元親は、全国統一を目前に控えた信長にとって

とても邪魔な存在となったのです。

実際、本能寺の変があった6月2日は、信長による四国攻めの決行日だったのです。

もし、本能寺の変が起こらなくて、信長が四国を攻めていれば、元親は滅ぼされていた可能性が大きいです。

さらに、興味深いことに、信長のもとで対長曾我部外交を担当していたのが光秀だったのです。

このことから考えると、元親が何らかの形で本能寺の変に関与していたと考えても不自然ではないでしょう。

「元親があまり乗る気でなかった光秀を促して、決行させた」と考えている研究家もいます。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

豊臣秀吉(とよとみひでよし)

豊臣秀吉(とよとみひでよし)

 

明智光秀の謀反の知らせをいち早く聞いた秀吉(ひでよし)は、中国地方から戻り、光秀を討ち取ります。

この知らせを聞いてから光秀のところまでの移動は、中国大返しといわれているのですが、とても長い距離だったにも関わらず、すばやい移動でした。そのため、「秀吉は事前に光秀が謀反をするという情報を知っていたのではないか」とも考えられます。

 

戦国時代ライター星野まなかの独り言

戦国時代ライター星野まなかの独り言

 

信長ほどの革新的な政策を行った武将であれば、(した)っていた人も多かった反面、不利益を被る立場であった人も数多くいたことでしょう。

本能寺の変を起こした光秀が秀吉に討たれ、その秀吉の死後は家康(いえやす)が天下を取り江戸幕府を開きました。

このことは今では誰もが知っていますが、当時は当たり前ですが誰にも分からなかったのです。

本能寺の変の後も、当時の人々は「いったい誰が黒幕だったのだろう」と憶測をしたことでしょう。

しかし、その答えは何百年も前に亡くなった光秀や元親、秀吉の胸中にしかなく、今となっては誰にも確かなことは分からないのかもしれません。

信長は、本能寺の変で自刃するとき、「是非(ぜひ)に及ばず(どうしようもないことだ)」と言ったそうです。

もしかしたら、信長は本当の黒幕が誰なのかを知っていたのかもしれません。

 

関連記事:第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?

関連記事:【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘

 




関連記事

  1. 【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった!
  2. キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?
  3. 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介
  4. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  5. 騎射の術に長けた騎馬兵士 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  6. 【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に
  7. 三国志ライター黒田レン 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの…
  8. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使え…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 洋式軍隊の行進
  2. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. 兄弟はやっぱり家族?それとも他人?『三国志』兄弟列伝
  2. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  3. 大久保利通は明治維新・幕末時代にどんな業績を残したの? 大久保利通 幕末
  4. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  5. 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?
  6. 劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 廃仏毀釈
  2. 坂本龍馬 幕末

おすすめ記事

孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!! 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる! 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君

おすすめ記事

  1. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  2. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  4. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士
  5. まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓
  6. えっ?劉璋は若い頃かなり気性が荒かった?
  7. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  8. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP