キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親?

燃える本能寺




本能寺の変

 

敵対する勢力を次々と滅ぼし、着実に天下布武(てんかふぶ)を進めていた織田信長(おだのぶなが)は、日本全国を統一するまであと一歩というところで本能寺(ほんのうじ)の変が起こり、

亡くなってしまいます。

1582年6月2日、信長は49歳でした。

歴史に「もし」は存在しないといいますが、もし本能寺の変がなくて、信長が生きていたら、いったいどのような統一国家を形成したのでしょうか?

この記事では、日本史の流れを一夜にして大きく変えてしまった本能寺の変の首謀者は誰だったのかを探っていきます。

 

関連記事:美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(サル)の戦い

関連記事:関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治

 

 

明智光秀(あけちみつひで)

明智光秀

 

「本能寺の変の首謀者が明智光秀(あけちみつひで)である」というのは、定説となっています。

光秀は信長の家臣であったため、このような凶行に及んだのは、主君である信長に対してよっぽど恨みがあったからであるとされています。

しかし、これは主に江戸時代に書かれた軍記物に記されている内容であり、信憑性(しんぴょうせい)は定かではありません。

「主君に恨みを持った家臣が謀反(むほん)を起こした」というのは、江戸時代の人々の心を掴みやすいテーマであったのでしょうか、

軍記物の内容は尾ひれ背びれがついて膨れ上がり、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にまでなりました。

その内容は、「信長のせいで光秀の母親が亡くなった」「光秀の言動が気に障った信長は、光秀の頭を何度も欄干に打ちつけ、恥をかかせた」

などというものです。

また、「川角太閤記(かわすみたいこうき)」には「光秀は信長に対し遺恨があった」と記されていますが、これも江戸時代初期に書かれたものであり、

秀吉に関する伝聞をまとめた書物であるため、真実であるかは定かではないのです。

 

 

長曾我部元親(ちょうそかべもとちか)

長曾我部元親(ちょうそかべもとちか)

 

さて、織田信長の暗殺でもっとも早く利益を受けた戦国大名がいます。

それは、四国の長曾我部元親です。

もともと信長と元親は友好的な関係でしたが、四国で強大な勢力を持つようになった元親は、全国統一を目前に控えた信長にとって

とても邪魔な存在となったのです。

実際、本能寺の変があった6月2日は、信長による四国攻めの決行日だったのです。

もし、本能寺の変が起こらなくて、信長が四国を攻めていれば、元親は滅ぼされていた可能性が大きいです。

さらに、興味深いことに、信長のもとで対長曾我部外交を担当していたのが光秀だったのです。

このことから考えると、元親が何らかの形で本能寺の変に関与していたと考えても不自然ではないでしょう。

「元親があまり乗る気でなかった光秀を促して、決行させた」と考えている研究家もいます。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

豊臣秀吉(とよとみひでよし)

豊臣秀吉(とよとみひでよし)

 

明智光秀の謀反の知らせをいち早く聞いた秀吉(ひでよし)は、中国地方から戻り、光秀を討ち取ります。

この知らせを聞いてから光秀のところまでの移動は、中国大返しといわれているのですが、とても長い距離だったにも関わらず、すばやい移動でした。そのため、「秀吉は事前に光秀が謀反をするという情報を知っていたのではないか」とも考えられます。

 

戦国時代ライター星野まなかの独り言

戦国時代ライター星野まなかの独り言

 

信長ほどの革新的な政策を行った武将であれば、(した)っていた人も多かった反面、不利益を被る立場であった人も数多くいたことでしょう。

本能寺の変を起こした光秀が秀吉に討たれ、その秀吉の死後は家康(いえやす)が天下を取り江戸幕府を開きました。

このことは今では誰もが知っていますが、当時は当たり前ですが誰にも分からなかったのです。

本能寺の変の後も、当時の人々は「いったい誰が黒幕だったのだろう」と憶測をしたことでしょう。

しかし、その答えは何百年も前に亡くなった光秀や元親、秀吉の胸中にしかなく、今となっては誰にも確かなことは分からないのかもしれません。

信長は、本能寺の変で自刃するとき、「是非(ぜひ)に及ばず(どうしようもないことだ)」と言ったそうです。

もしかしたら、信長は本当の黒幕が誰なのかを知っていたのかもしれません。

 

関連記事:第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?

関連記事:【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘

 




関連記事

  1. 嬴政(始皇帝) 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  2. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  3. 荒れる黄河 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  4. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いな…
  5. 孟嘗君 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  6. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅…
  7. 王翦 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  8. キングダム 【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ
  2. 出世した韓遂
  3. 皇帝に就任した曹丕
  4. 蒋琬と姜維と王平
  5. 成廉、魏越、呂布
  6. 呂雉(りょち)

おすすめ記事

  1. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 昭襄王
  2. 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望
  3. 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件 晋の陳寿
  4. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  5. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材 陸遜
  6. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる 孫策 頬

三國志雑学

  1. 曹操を裏切る陳宮
  2. 曹操のガラス
  3. 司馬師
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿
  2. オカルト小説を書いている曹丕
  3. キングダム52巻
  4. 田中角栄
  5. 張昭、孫権、孫策、周瑜

おすすめ記事

【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定 スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん 大河ドラマ初の海外ロケ「いだてん」はどこで撮影されたの? 袁術と袁紹の喧嘩 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの? 朶思大王 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 劉備と再開する趙雲 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語 于禁と兵士 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの? キングダム53巻 キングダム589話最新ネタバレ「夜の出来事」レビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP