法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

応仁の乱

北条早雲の目には応仁の乱はどのように写っていたのか?



北条早雲

北条早雲(ほうじょうそううん)

 

京都一帯を焼け野原にしたとされる応仁(おうにん)の乱。

もとは、室町幕府の管領として、政務を行う一族であった畠山氏のお家騒動から始まった応仁の乱は、次第に数多くの武将たちを巻き込む

大きな戦となり、結局戦は約11年間にも渡って続きました。

戦国時代突入のきっかけのひとつにもなった応仁の乱ですが、畠山氏のお家騒動や、将軍の跡取り問題など、

ある意味では私利私欲に満ち溢れたこの戦を、北条早雲はどのような目で見つめていたのでしょうか。

応仁の乱が勃発した1467年、早雲はまだ35歳という若さでした。

(早雲の寿命が63歳であったという説から考えると、このときはまだ11歳であったということになります。)

 

関連記事:【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14

関連記事:【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!

 

 

早雲から見た応仁の乱

 

応仁の乱が起こる数年前である1464年頃、早雲は足利義視(あしかがよしみ)に仕えるようになりました。

義視は室町幕府8代将軍である足利義政(あしかがよしまさ)の弟であり、応仁の乱には密接に関わることとなる人物でした。

歴史に「もしも」はないといいますが、もし8代将軍の義政がスムーズに家督を弟である義視に譲っていたら、

早雲はその後は室町幕府の中枢で活躍した武将として名を残していたかもしれません。

実際、はじめは義政は弟の義視に将軍を継がせると約束していたのです、

 

しかし、将軍の義政と妻である日野富子(ひのとみこ)のあいだに息子が生まれると、日野富子は我が子を次の将軍に、と主張するようになります。

畠山氏のお家騒動だけでなく、将軍家の跡取り問題も絡んだ応仁の乱を、早雲は当事者に仕える立場から見ていくこととなったのです。

早雲は、応仁の乱が終結する直前の1476年に駿河(するが)に下っています。

これは、今川氏のお家騒動を丸く収めるためでした。このお家騒動は、早雲が言葉巧みになんとか解決していますが、

この時代、有力な家柄のお家騒動がどうしてこんなにも多かったのでしょう?時代が荒れていたからなのでしょうか?

それにしても、どこへ行っても誰かのお家騒動に巻き込まれていた早雲は、現代から見ても気の毒に感じます。

戦国武将というと、ひたすらに武力のみでのし上がっていったというイメージが強いですが、戦国武将の先駆けとなった早雲は、

武力だけでなく言葉巧みに智力を使いながら、その名が知れ渡るようになっていった人物なのです。

 

 

一度は駿河に下り、再び幕府に戻ったものの…

本能寺の変

 

応仁の乱が終結する直前である1476年に駿河へ下った早雲は、今川家の家督争いが丸く収まると、再び室町幕府へと戻り、

9代将軍である足利義尚に仕えました。

しかし、応仁の乱が終わって10年近く経った1487年、早雲は再び駿河に下ることとなります。

なぜなら、一度は丸く収めたはずの今川氏のお家騒動が再び起こったのです。

このときも早雲は大活躍し、今度は武力行使に出てこの問題を解決させたのでした。

そして、このとき早雲は、手柄を立てたことによって、興国寺城(こうこくじじょう)の所領を与えられたのでした。

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 

早雲が応仁の乱から得たもの

貧しい村人

 

応仁の乱勃発のきっかけとなった将軍家である足利一族の家督争いを内側から見つめ、畠山氏のお家騒動を当事者に近い立場から眺め、

今川氏の跡継ぎ騒動では2回も間に入った早雲は、いったい何を思っていたのでしょう。

 

早雲の口から答えを聞くことは不可能であるため、正解は分かりませんが、その後早雲が相模一帯の平定に乗り出し、

各国を治めるために行った政治の内容から、その答えを推測することができます。

 

戦国時代ライター星野まなかの独り言

戦国時代ライター星野まなかの独り言

 

早雲はまずは民衆を重税から解放し、彼らの心を掴みました。

「身分の低い者がどうなろうと関係ない、自分たちの名誉や権力が大切だ」という貴族体質の武将であっては、

これからの時代は生き抜いていくことができない、ということを、早雲は応仁の乱や数々のお家騒動から感じ取っていったのかもしれません。

 

関連記事:【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!

関連記事:【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった?

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 




関連記事

  1. 畠山義就 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは
  2. 細川勝元 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント1…
  3. 足利義満はどんな人?強きを助け弱きを挫くベタな権力者
  4. 【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 五斗米道の教祖・張魯
  2. 周倉
  3. 合肥の戦いの満寵
  4. 劉備 呂布 裏切り
  5. 劉備と4人の妻
  6. 悩む司馬炎
  7. 李儒と三国志

おすすめ記事

  1. 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官
  2. 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?
  3. 徐盛の意見に陸遜はどうして賛成しなかったの?劉備を討ち取らなかった理由 陸遜
  4. 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る! 豊臣秀吉 戦国時代
  5. 西郷どんのチェストの意味は?西郷隆盛と示現流のチェスト関係性を分かりやすく解説 チェストと叫ぶ西郷隆盛
  6. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?

三國志雑学

  1. 王賁
  2. 司馬懿
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 呂布を水攻めする曹操
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 後悔する孫権

おすすめ記事

和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女 【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人 黄巾賊を撃退する太史慈 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!? オオクニヌシ(日本神話) 出雲王国崩壊後のオオクニヌシの行方は?出雲王国の復活を目指した戦略 あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選 問題を解決する楊脩 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま はじめての三国志 2018年歳末のご挨拶

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP