ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
Youtube


はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?

木戸孝允


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

西郷隆盛像

 

今回は西郷隆盛(さいごうたかもり)桂小五郎(かつらこごろう)(後の木戸孝允(きどたかよし))との関係について取り上げます。

具体的には、西郷と桂が最初にあった頃から明治政府内で対立して戦うまでの過程を取り上げます。

 

関連記事:桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士

関連記事:桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい

 

 

禁門の変 薩摩藩と長州藩は対立関係に

京都御所

 

1863年8月18日に朝廷内でクーデターが起こりました。

このクーデターのことを八月十八日の政変と言います

このクーデターによって、公武合体派が長州藩三条実美(さんじょうさねとみ)ら尊王攘夷派で急進派の公卿を京から追放しました。

八月十八日の政変に対する報復として、長州藩の急進派が池田屋事件を契機に京に入り、薩摩藩・桑名藩・会津藩の藩兵と京都御所内外で

武力衝突します。

この長州藩が武力衝突を起こした事件のことを禁門の変(または蛤御門の変)と言います

 


 

薩長同盟 西郷隆盛と桂小五郎の出会い

薩長同盟西郷隆盛と桂小五郎の出会い

 

禁門の変により薩摩藩と長州藩は対立関係にありました。

長州藩は朝敵となり、幕府は勅命により第一次長州征伐で長州を攻めました。

西郷隆盛が単独で長州藩に乗り込んで交渉したことによって、長州藩は恭順の態度を示し、戦争に至りませんでした。

西郷隆盛の交渉能力は注目されるようになりましたが、薩摩藩内でも幕府に対して強硬な態度を示すべきだと主張するようになりました。

このような状況のとき、土佐藩を脱藩した坂本龍馬(さかもとりょうま)から桂小五郎に会ってみないかと打診されます

これが西郷と桂の最初の出会いだと言われています。

 

最初、西郷と桂があったとき、禁門の変のわだかまりがあり、交渉がうまくいきませんでしたが、坂本龍馬が仲立ちをしたことによって

薩長同盟(さっちょうどうめい)が成立しました。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

明治政府内での対立 征韓論vs岩倉使節団

征韓論vs岩倉使節団

外遊組(大久保・木戸・岩倉)

 

薩長が連携して江戸幕府を倒し、明治政府を樹立することができました。

明治政府ができると、西郷隆盛は海外に行かず、国内で政治を行います。

 

一方で、木戸孝允(桂小五郎)は岩倉(いわくら)使節団に加わり、欧米の視察に出かけます。

木戸ら岩倉使節団が帰国すると明治政府内で西郷らと対立します

 

西郷隆盛ら征韓論派と木戸孝允ら岩倉使節団の主張の違いは次の通りです。

『西郷隆盛の征韓論とはどんなもの?』によれば、征韓論派は()氏朝鮮との国交を武力で開き、勢力を伸ばすべきだと主張しました。

一方で、木戸孝允ら岩倉使節団は、視察したヨーロッパと比べると、日本の政治体制は脆弱であり、国内政治を整えることを

優先させなければならないと主張します。

明治政府内で主張は対立しましたが、征韓論は退けられ、征韓論を主張した政治家は明治政府を去りました。


 

不平士族による反乱へ

幕末時代の大砲

 

明治政府を去った政治家の中には不平士族に担ぎ出されて反乱を起こした者がいました。

1874年の江藤新平(えとうしんぺい)による佐賀の乱から始まり、1876年の萩の乱・神風連の乱・秋月の乱と続きます。

 

1877年、西郷隆盛は自ら開いた私塾の生徒と不平士族を率いて反乱を起こしました。

この反乱を西南戦争と言います。

西南戦争で、西郷隆盛は、自らの敵として木戸孝允と戦うことになりました

結果、西郷隆盛は西南戦争で敗れて自害しました。

西南戦争でもって不平士族による反乱は終わりました。


  

 

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は西郷隆盛と木戸孝允との関係を中心に西南戦争までの過程を取り上げました。

坂本龍馬の仲立ちで、西郷隆盛と桂小五郎(当時、後の木戸孝允)は初めて会うことができました。

禁門の変で西郷と桂は対立関係の状態でしたが、交渉の結果薩長同盟が成立します。

新政府軍と旧幕府軍との戦いでは、西郷と桂は味方同士で戦いますが、明治政府内ではお互いに敵として戦いました。

西郷隆盛と木戸孝允が対立しないで、西郷が明治政府内に留まっていれば日本の政治は変わっていたのかもしれません。

 

関連記事:西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

関連記事:西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんのチェストの意味は?西郷隆盛と示現流のチェスト関係性を分…
  2. 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの?
  3. 江戸城 西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?
  4. 孝明天皇はどんな人?毒殺されたって本当なの?
  5. 大久保利通 幕末 大久保利通は何で暗殺されたの?紀尾井坂の変(大久保利通暗殺事件)…
  6. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく…
  7. 幕末にサソリ固め!来島又兵衛の壮絶なアラフィフ人生
  8. 西郷隆盛像 西郷園(その)はどんな人?実は吉二郎の再婚相手だった女性

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 安土城 織田信長が作らせた城
  2. 赤穂浪士の吉良邸討ち入り
  3. 孔明
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  5. 于禁と兵士
  6. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  7. 劉邦と劉備
  8. 馬に乗って戦う若き織田信長
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの? すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは? 黒田官兵衛 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる 荀攸と曹操 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!? 劉禅と結婚する敬哀皇后 劉禅の妻である星彩は2人だった?劉禅の妻について解説 曹操と黄巾賊 黄巾賊は格差社会のセーフティネットだった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP