法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【黄金ジェットの謎】南アメリカ最大の謎・黄金スペースシャトルに迫る【HMR】

黄金ジェット、黄金スペースシャトル




星空

 

(BGM: Also sprach Zarathustra)

デンドンデンドンデンドンデンドン

 

イーロン・マスク wikipedia

画像 : イーロン・マスク wikipedia

 

2018年9月18日、イーロン・マスク氏が代表を務める

アメリカのロケット会社スペースXは、

2023年以降に初飛行を目指す民間月旅行計画を発表。

 

その最初の搭乗客として、ファッション通販サイト

「ZOZOTOWN」を運営する企業、株式会社スタートトゥデイの

前澤友作社長が紹介され、大きな話題を呼びました。

 

魏 星座大好きな幼少期の管輅

 

有史以前より、人類は星空を見上げ、星空に憧れ、

いつかそこにたどり着きたいという夢を懐き続けてきました。

今回はそんな、宇宙への浪漫を駆り立てて止まない、

あのオーパーツの謎に迫ってみたいと思います!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

関連記事:【驚愕の事実】前漢時代の中国に宇宙人が飛来していた【HMR】

 

 

お待たせしました。スーパースターの登場です!!

黄金ジェット、黄金スペースシャトル

 

ということで、今回は超メジャー級オーパーツ、

『黄金ジェット』についてのお話。

 

黄金ジェット(Aircraft of Quimbaya)と言えば、

かの水晶髑髏と並んで数あるオーパーツの中でも

知名度と人気を誇る

いわばオーパーツのスーパースター!!

 

そんなメジャーどころをネタにして大丈夫か?

と、周囲をヒヤヒヤさせてることなんて気づかない

隊長、このままガンガン進めて参ります!!

 

閑話休題(それはさておき)。

黄金ジェット(黄金ロケット、黄金スペースシャトル)とは

南米コロンビアのシヌー地方の古代遺跡から発掘された

5cm×1cmほどの小さな黄金細工の異称です。

 

発掘された場所から、この遺物が製作されたのは

西暦500年~800年頃に栄えたシヌー文明時代と考えられ

そのサイズから、この黄金細工はペンダントのような

装飾品の類であると思われていました。

 

ところが、1969年、この遺物の鑑定を

行ったアイヴァン・T・サンダースン博士は、

複数ある黄金細工のひとつに注目、

 

その形状がジェット戦闘機のような後退翼と

垂直尾翼を備えていることから、この遺物が

飛行機をかたどったものだと主張しました。

 

 

オーパーツ界のビッグネームによる推理

 

このアイヴァン・T・サンダースン博士という人物

超常現象研究家としてその名を知られており、

「オーパーツ(OOPARTS)」という言葉の生みの親、

正にオーパーツ界のビッグネームです。

 

サンダースン博士は、この黄金細工が

南アメリカで栄えたインカ帝国より前、

プレ・インカと呼ばれる時代の文明により

作られたジェット機を模した縮尺模型であると

主張、そのことから、この遺物は

「黄金ジェット」として、世界に知られるようになりました。

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 

実証実験により、本当に飛行機の模型だったことが証明される

 

サンダースン博士は、黄金ジェットが実在した

飛行機の縮尺模型であることを証明するため、

ヘリコプターの設計者として知られる設計技師

アーサー・ヤング氏に解析を依頼、

 

ヤング氏はこの模型がある種の航空機を

模したものであると証言しています。

 

ドイツ人の飛行模型作家、

ペーター・ベルディング氏はこの黄金ジェットを

1メートルほどのサイズに拡大した

飛行模型を製作、実際に飛べるかどうか実験を行い、

十分に飛行能力があることを証明してみせました。

 

 

この黄金ジェットは、

間違いなくプレ・インカ文明時代の南アメリカに

高度な飛行機械を作る技術を持った超文明が

存在していたことを示すオーパーツなのです!!

 

本当のところは魚の模型だった?

鱸魚を釣る左慈

 

もちろん。現在のところプレ・インカ文明時代に

ジェット機の製造を可能とする技術力があった事を示す

証拠は存在しておらず、サンダースン博士の説も、

眉唾ものと見る意見が大勢を占めているのが現状です。

 

実はこの黄金細工、いわゆる「黄金ジェット」と

呼ばれるものの他にもたくさん発掘されていますが、

その多くは垂直尾翼がなかったり、主翼が湾曲しすぎたりと

到底実在の飛行機を模したものであるとは言えない形状を

しており、魚や鳥をデフォルメしたものであるというのが

正解であると考えられています。

 

プレコ f

熱帯魚のプレコ

 

当の「黄金ジェット」とされたものは、

プレコという魚がそのデザインの元ではないかと

言われています。

 

こんなもん、「ジェット」のハズがない!!

HMR隊長 石川克世

 

では、隊長はこれをどう思ったか?

 

断言してもいいでしょう。

これは絶対に「ジェット機」を模した

縮尺模型なんかじゃない!!

 

だって良く見てください。

この「黄金ジェット」、

元がジェット機だとしたら、

当然付いているべきものが付いていません。

 

それはなにかって?

もちろん翼のことじゃないですよ。

ジェット機に必要不可欠なのに

黄金ジェットについていないもの。

 

それは「給気口」(エアインテーク)です。

アンシンシテクダサイ、ツイテイマセンヨ

 

ジェットエンジンの原理

黄金ジェットに乗る石川克世

 

ジェットエンジンとは、吸い込んだ空気を加圧、

燃料を燃焼させて生じる高熱高圧のガスを

機体後方に噴出するものです。

 

ジェットエンジンがその推力を発生させるためには、

まずエンジン内に空気を取り込まなければいけません。

そのため、ジェット機には、その配置や形状は違えど

必ず大きな給気口が付いています。

 

黄金「ジェット」が実在するジェット機を

モデルにしたというのなら、

吸気口がついていないのはおかしな話。

 

つまりこれは、

黄金「ジェット」なんかではないのです!!

 

……え、それで終わり?

 

隊長はこれが飛行機をモデルにした

オーパーツではないと言うのか?

 

いつも強引無茶苦茶な理屈でこじつけるのに、

今回はなしか? ついにネタ切れか?

 

……何を言ってるんですか。

私はこのオーパーツは「ジェット機」を模した

ものではない、と言ってるだけですよ?

 

確かにこれは「ジェット」ではありません。

しかし、「スペースシャトル」と考えれば、

理屈に合うのです!!

(約1730文字前の伏線回収)

 

歴史上初の飛行機はプロペラエンジンだった?

ノースカロライナ州キルデビルヒルズの砂丘における初飛行

画 : ノースカロライナ州キルデビルヒルズの砂丘における初飛行 wikipedia

 

動力付き飛行機の歴史は

1903年、アメリカ人ウィルバー・ライトと

オーヴィル・ライトの兄弟がノースカロライナ州の

キティホークで自作のプロペラ推進式飛行機

「ライトフライヤー号」の飛行に成功したところから

始まる、というのは皆さんもご存知の通りです。

 

では、人類が最初に考案した飛行機の推進装置は

プロペラ(エンジン)だったのでしょうか?

 

実はライト兄弟以前にも、推進力を持つ飛行機械は

考案されていました。

 

最初に考案された飛行機はロケット推進だった!!

アルキュタス wikipedia

画像 : アルキュタス wikipedia

 

紀元前4世紀、古代ギリシアの哲学者アルキュタスが

鳥の形をした木の骨組みに豚の膀胱で作った弁の付いた

袋を組み合わせ、その袋に蒸気を充填、噴出する

蒸気の勢いで飛行する機械を製作、「鳩」と名付けた、

という記録が残されています・

 

(画像引用元:http://kotsanas.com/)

 

要するに、現代におけるペットボトルロケットと

同じ原理で飛行する装置ですね。

 

 

11世紀頃には、中国で今のロケット花火に似た

原理の原始的なロケットが発明されていたとされ、

13世紀にはモンゴル軍との戦いで兵器として

使用されたことが記録に残っています。

 

つまり、人類初の飛行機械はロケット推進で

飛ぶものであったわけです。

 

「黄金スペースシャトル」はロケット推進の飛行機?

黄金ジェット、黄金スペースシャトル

 

紀元前のギリシアでペットボトルロケットの原理を

使った飛行機械が考案され、

11世紀には中国でロケット花火が発明されていた。

 

ならば、西暦6世紀~9世紀に栄えた

南米のシヌー文明で、ロケットの原理が考案され、

実際に製作された可能性だって十分あっても

不思議ではないですよね?

 

つまり、「黄金スペースシャトル」は

当時最先端の技術だったロケット式飛行機械を

模した模型だったに違いないのです!!

 

シヌー文明に飛行機が存在した決定的証拠

 

……あ、また疑ってますね?

隊長の言ってることは、単なる可能性の話であり

いつもどおりのこじつけ屁理屈……そう思ってますね?

 

いいでしょう!!

そこまで疑うのなら!!

皆様に、「黄金スペースシャトル」が製作された時代の

プレ・インカ文明に、飛行機が存在したという決定的な

証拠をお見せしましょう!!

 

その証拠とは、この写真です!!!!

 

(画像引用元:cdn.fishki.net)

 

 

これは例の黄金細工を集めた別の写真ですが、

この写真中央の丸印の部分。

これ、何に見えますか?

 

そう、どう見てもプロペラ飛行機です!!

確かに「黄金ジェット」と呼ばれるものは、

魚のプレコと言われれば納得もいくデザインですが、

このプロペラ飛行機のようなものが

魚や鳥をモデルにしたものであるでしょうか?

 

……え、こんな真偽不明の画像じゃ

証拠にならないって?

 

HMR隊長の開き直り

 

……まあ、それはともかく(誤魔化し)

 

大空や星々への憧憬は

人類普遍のものであったことは、

世界中の神話・伝説をみれば明らかです。

 

残念ながらプレ・インカの文明は文字を持たず、

その遺跡は墓荒らしに荒らされ、その時代の証拠となる

記録も物品もほとんど残されていませんが、

 

はるか天空に思いを馳せ、

空を駆ける機械を考案した、

そんな人物がいたと想像するのも浪漫ではないでしょうか。

 

さて、次はどんなオーパーツをこじつけ

……もとい解説しようかな?+

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも?

関連記事:竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実だった!

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  2. 劉備、孫権、魯粛 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなった…
  3. 馬騰 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  4. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  5. 坂の上の雲の主人公・秋山真之と後漢王朝の張衡には深い関係があった…
  6. 尹夫人と曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  7. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?
  8. 張飛 え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 藏覇(臧覇)と呂布
  4. 南蛮
  5. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  6. 榎本武揚
  7. 北伐する孔明

おすすめ記事

  1. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 法正と張松
  2. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!? 袁紹にお茶を渡す顔良
  3. 【新機種】iPhoneXR/ XS MAX対応スマホケース発売開始しました 郭嘉スマホケース
  4. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜 若かりし劉備
  5. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について
  6. 日本で初めてダイエットをしたのは西郷どん?

三國志雑学

  1. 兵士と禰衡
  2. 曹操
  3. 徐庶
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操と劉備
  2. 織田信長
  3. 織田信長
  4. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 光武帝を解説する荀彧

おすすめ記事

漢の顔良(がんりょう) 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 高杉晋作 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった? 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介 老荘思想(ろうそうしそう) 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに? 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは 日射病で失神する金栗四三 いだてん 金栗四三の失敗が日本マラソンの原点となった 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった? 武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代合戦、足軽は武将に勝てたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP