ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

鎌倉時代の平均寿命は?鎌倉時代の有名人は何歳まで生きたの?

鎌倉時代 服装 男女


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

華陀

 

鎌倉時代はもちろん、現代のように整った医療制度や治療方法はありませんでした。

鎌倉時代からずいぶんと進んだ江戸時代でさえ、医療環境が整っていなかったということが、マンガや小説などからも知ることができます。

では、鎌倉時代の人々は病気になったとき、どのようにしていたのでしょうか?また、寿命はどれくらいだったのでしょうか?

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?

 


 

意外と長生き!?鎌倉時代の平均寿命は?

鎌倉時代 服装 男女

 

鎌倉時代、僧侶が医者としての役割を担っていることも多く、庶民から貴族まで、「具合が悪くなったら僧侶に診てもらう」ということが一般的でした。

 

また、鎌倉時代の平均寿命は24歳ほどでしたが、これは乳幼児死亡数が圧倒的に多かったため、このような低い平均寿命になっています。鎌倉時代は凶作が続き、飢饉もあったため、生まれたばかりの子どもを親が川に捨ててしまう、ということも珍しくなかったのです。

 

しかし、長生きする人は70〜80歳というように、現代の日本人の平均寿命とさほど変わらない年齢まで生きていました。鎌倉時代、乳幼児で亡くなってしまう場合を除き、長生きする人とそうではなかった人の間にはいったいどのような違いがあったのか、見ていきましょう。

 


 

貴族と武士の寿命の違い〜罹る病気も違っていた?〜

 

平安時代から鎌倉時代にかけて、貴族は豪華な食事をしていましたが、栄養バランスはとても偏っていました。地方で採れた新鮮な食物を京の都に運んでくるのには時間がかかったため、貴族たちの食事は保存食が中心でした。この食生活と運動不足が原因で、貴族は結核や脚気などで亡くなることが多かったそうです。しかし、それでも鎌倉時代の貴族の寿命は40〜50歳ほどでした。

 

ちなみに、貴族の生活様式を真似ていた平氏も同じような食生活をしていたのに対し、源氏は新鮮な肉などを形式にとらわれることなく食べていたため、両者では体力に大きな差があったそうです。

 

さて、玄米を主食とし、少ない品数ではありながら肉や野菜、魚介類をバランス良く食べていた源氏方の武士たちは、貴族と比べると健康的であったということができます。しかし、実際には戦で命を落としたり、暗殺されたりするだけでなく、極度のストレスで免疫が低下して心臓病などの病気になることがあり、30歳になる前に亡くなることも多くありました。中には70歳近くまで生きた武士もいましたが、戦乱の世の中であり、現代より長生きすることがはるかに難しい時代だったのです。

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷


 

鎌倉時代の有名人は何歳まで生きたのか?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

鎌倉時代の有名人は何歳まで生きたのでしょう?

まず、源頼朝は満51歳でした。落馬が原因で体調を崩し、亡くなったとされていますが、糖尿病だったという説もあり、はっきりとしたことは分かっていません。源義経は満30歳、木曽義仲も同じく満30歳で亡くなっています。義経は衣川の戦いで自害、義仲は顔面に矢を受けて亡くなりました。

 

頼朝の妻、北条政子は満68歳まで、そして政子の父であり初代執権となった北条時政は満77歳まで生きました。このふたりは、鎌倉時代にしてはとても長生きだったということができます。ふたりとも病で亡くなった、とされています。もし、暗殺されるようなことがなければ、比較的栄養バランスのとれた食事をし、日常的に身体を動かしていた鎌倉時代の武士たちはけっこう長生きをすることができたのかもしれません。


  

 

 

2代執権北条義時の死因

 

強引な独裁政治を行った2代執権北条義時は満61歳で亡くなり、死因は脚気とされています。

また、御成敗式目を制定し、温厚な性格で人々から慕われた3代執権北条泰時は満59歳で亡くなっており、死因は過労により、赤痢をおこし、高熱を出して亡くなったといわれています。今からおよそ800年ほど前、医療が発達していない時代にしては、意外と長生きだったといえるのではないでしょうか。

 

しかし、元寇のときに元軍を迎え討ち、大活躍した北条時宗は満32歳という若さで亡くなっています。元寇だけでなく、北条氏の内輪揉めなど、ストレスになるような出来事がたくさん起こったことも関係しているのでしょうか?時宗の死因は、心臓病だったのではといわれています。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは?

関連記事:アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 鎌倉時代 服装 男女 鎌倉時代のポピュラーな産業や経済は?高利貸業も盛んになった鎌倉時…
  2. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面…
  3. 鎌倉時代 服装 男女 アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?
  4. 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル) 蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった?
  5. アンゴルモア元寇合戦記二巻ネタバレレビュー
  6. 鎌倉時代の侍 たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  7. 今更勉強しにくい鎌倉時代ってどんな時代なの?アンゴルモア 元寇合…
  8. 鎌倉時代の侍 鎌倉時代が始まったのは1192年?それとも1185年?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 小帝の妃
  3. 酒癖が悪い孫権
  4. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備
  5. 賊を討伐する呂岱(りょたい)

おすすめ記事

  1. 武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎
  2. 下邳の戦いで夏候惇は目玉を食べていない?猛将のイメージを付け加えた理由 目玉を食べる夏侯惇
  3. 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。 はじめての三国志
  4. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥 戦死 霊柩車 槥
  5. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK) 司馬昭と司馬師
  6. 三国ベースボール攻略3 蜀の謀臣2人が加入、転生もついに成功!

三國志雑学

  1. 合肥の戦いの満寵
  2. 張遼・楽進・李典
  3. 凌統
  4. 典韋にボコボコにされる成廉
  5. 城 銅雀台


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 「魏」の旗を持った兵士
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. はじめての三国志
  4. 魯粛、周瑜、袁術
  5. 関帝廟 関羽
  6. 兵士と禰衡

おすすめ記事

犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは? 法正と張松 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 馬超の兜にフォーカス 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ キングダム キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法 孔明 vs 司馬懿 司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの? 信(キングダム風) 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】 于吉 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP