よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【検証】聖徳太子は地球儀を作り得なかった?【HMR】

聖徳太子の地球儀




HMR隊長 石川克世

 

さてさて。今回も始まりました

「はじ三で最も胡散臭いコーナー」(自称)

はじ三ミステリー調査班!! ドドンッ

 

kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」』の回で、

我らが編集長、こんなことを仰ってます。

 

はじめての三国志編集長kawauso

「信じるより疑うのは面倒で解明するのは余計に難しいから

都市伝説を披露するより、それが本当かを検証する方が、

はるかに大変で知的な作業だと思うんだよね」

引用元:『kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」

 

うーん、さすがは編集長。良いこと言いますなぁ。

科学はその批判精神あってこそ発展した。

これはまぎれもない事実です。

(お前が科学とか言うなという声は例によって聞こえない)

 

と、言うことで今回のHMRでは、

とあるオーパーツに関する定説を検証してみたいと思います。

 

題して

 

聖徳太子(しょうとくたいし)は本当に地球儀を創れなかったか?」

 

それでは、どーんと参りましょう!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

関連記事:【驚愕の事実】前漢時代の中国に宇宙人が飛来していた【HMR】

 

 

聖徳太子の地球儀の謎

聖徳太子の地球儀

 

タイトルでピンと来た方も多いのでは?

 

今回取り上げますオーパーツは

兵庫県は斑鳩寺(いかるがでら)に伝わる寺宝(じほう)「地中石(ちちゅうせき)」

通称「聖徳太子の地球儀」です。

 

斑鳩寺は西暦606年に聖徳太子によって建立されたとされるお寺で、

聖徳太子ゆかりの宝物が所蔵されていることで知られています。

江戸時代に、それらの宝物の目録が作成されましたが、

そこに「地中石」という名前で記載されているのが、

「聖徳太子の地球儀」です。

 

「地中石」はソフトボールほどの大きさの、

おおむね球体の石のようなもので、

その表面は凹凸でなにかの模様が形作られています。

その模様というのが、なんと地球上の陸地と海を模したもの!!

南北アメリカ大陸やユーラシア大陸のみならず、

19世紀に発見された南極大陸やムー大陸と思しき陸地まで

表現されています。

 

日本に始めてもたらされた世界地図は

中国の明代、1602年に刊行された「坤輿万国全図(こんよばんこくぜんず)」

とされており、それ以前の日本には現在のような世界(地球)の

概念はありませんでした。

 

つまり、飛鳥時代の人である聖徳太子に

地球儀など創れるはずはありません。

では、この「地中石」は一体何なのでしょうか?

まさにオーパーツというしかありません。

 

 

実は石なんかじゃなかった「地中石」

 

まあ、実のところこの「地中石」、

どうやら聖徳太子の作ではないというのが

真相だと言われています。

 

まず問題とされたのはその材質。

 

漆喰 wikipedia

漆喰 wikipedia

 

 

「地中石」とは言いますが、実は石ではなく

石灰と海藻類を主成分とする漆喰(しっくい)の

ようなものでできていることが判明しています。

 

このような漆喰が使われるようになったのは

戦国時代以降のこととされており、

飛鳥時代に作られたものではないことは明らかです。

 

そして、もうひとつ、「地中石」が飛鳥時代のものではないことを

決定づける証拠とされているのが。表面に書かれていた文字

「墨瓦臘泥加(メガラニカ)」です。

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

坤輿万国全図に描かれていた「メガラニカ」

1587年にメルカトルが作成した世界地図 wikipedia

1587年にメルカトルが作成した世界地図 wikipedia

 

メガラニカというのは、古代ギリシアから

大航海時代までの長い期間、

西洋でその存在が信じられていた南方の未知の大陸です。

元はラテン語で「テラ・アウストラリス(Terra Australis)」と呼ばれ

その呼称はオーストラリア大陸の名称の由来にもなっています。

 

「テラアウストラリス」が「メガラニカ」になったのはあの人のせい。

フェルディナンド・マゼラン wikipedia

フェルディナンド・マゼラン wikipedia

 

「テラアウストラリス」が「メガラニカ」と呼ばれるように

なったのは大航海時代、世界一周で知られるマゼランが

南アメリカ大陸の南端に位置する島(現在のフエゴ島)を

未知の南方大陸の一部と思ったことに由来、

マゼラン(Magallanes)の名前から新たにそう名付けられました。

 

実は、日本に初めて伝来したとされる世界地図、

坤輿万国全図にメガラニカが描かれており、

そのことから地中石は少なくとも1602年以降に製作された

ものであると考えられています。

 

「聖徳太子の地球儀」説にトドメを刺した『特命リサーチ200X』

特命リサーチ200X

 

現在では「地中石」を江戸時代に作られたものとするのが

定説になっています。

この仮説を広めたのが、あのkawauso編集長の記事でも

触れられていたテレビ番組『特命リサーチ200X』です。

 

和漢三才図会 wikipedia

和漢三才図会 wikipedia

 

番組では、江戸時代中期に刊行された日本最初の百科事典

『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』に掲載された世界地図

「山海輿地全図(さんかいよちぜんず)と「地中石」の地形が

よく似ていることから、「地球石」の作者が和漢三才図会の編者

寺島良安(てらじまりょうあん)ではないかとする仮説が紹介されました。

 

江戸時代に製作された「地中石」が斑鳩寺に奉納され

やがてその由来が忘れられ聖徳太子の宝物と勘違いされた、

というのが、今では最も有力視される説です。

 

うん、

まあ、理屈で考えたらそういう結論になるよね。

仕方ないね。

だけど……だけどさ。

 

そーんなの、つまーんねーじゃーん!! と隊長は駄々をこねる

石川克世

だって、浪漫がないじゃないですか、それじゃ!!

世界地図も地球が丸いことも知ってて当たり前の時代の人が

作った地球儀なんですよー、なんて、

まるで新聞連載のうっかりちゃっかりしてるだけの

4コマ漫画みたいなオチ、面白いですか?

面白くないでしょ!?

 

問題は、「聖徳太子の地球儀」を聖徳太子が本当に創れたのか?

という疑問にあります。飛鳥時代の人だった聖徳太子が

世界地図や地球が球体であることを知ってるわけがない。

だから「聖徳太子の地球儀」はオーパーツなんかじゃなくて

後世の贋作ではないのか?……そういう疑念があったから

わざわざ検証されたわけですよね?

 

いいでしょう。

確かに「地中石」が作られたのは江戸時代以降という説は

動かしがたいのも事実です。

 

しかし、聖徳太子は本当に地球儀を創れなかったのでしょうか?

その辺を攻めてみようじゃないですか。

 

ムー大陸でなくても作れた地球儀の秘密

聖徳太子

 

聖徳太子はムー大陸の超技術を知っていて、

その力を使って地球儀を創ったんだ!!

 

……なんて説もあるにはありますが、

実はこの謎、普通に歴史事実として知られていることを

つないでいくだけで、一つの回答が見いだせたりします。

 

そのポイントは、「世界地図」と「地球儀」の歴史を

さかのぼってみると見えてきます。

 

世界地図の起源は紀元前7世紀のバビロニアまで遡れます。

ただしこの頃の世界地図は実際の地形を正確に書き写そうと

するものではなく、世界全体の構造を想像込みで描こうと

している傾向が非常に強いものでした。

 

「歴史」という概念を成立させたことで有名な古代ギリシアの

ヘロトドスの時代になると、正確性がかなり重視されるようになりました。

この時代の地図はギリシアのあった地中海周辺についてはかなり正確に

描かれる一方、ヨーロッパやアジアに関してはいい加減に描かれています。

 

天動説で知られる古代ローマの天文学者プトレマイオスは、

ヘロトドスの時代よりも更に精緻な地中海を中心とした世界地図を描いています。

 

地球が球であるとする、「地球球体説」も

その源流は古代ギリシアに遡れます。古代ギリシアで

地球球体説を創始したのは、数学者ピュタゴラスだとされ、

紀元前4世紀にはアリストテレスが地球球体説を主張しています。

 

船冒険する諸葛直 船

 

そもそも、「地球は丸い」という考え方は

水平線の先から寄港する船が接近するにつれ、

最初にマストのてっぺんから見え始め、徐々に

船体がせり上がってくるように見えることから

海の表面が局面ではないかと考えられたことから生じたそうです。

 

つまり、遠洋航海できる船を持つだけのレベルに

文明が到達していれば、

その文明の人々が地球球体説を思いつく可能性は

十分にありうる、というわけです。

 

世界地図と地球球体説、この2つの考え方があれば

地球儀は成立します。実際に、紀元前2世紀の頃、

マロスのクラテスという哲学者が5つの大陸を描いた

地球儀を作ったとされています。

 

飛鳥時代の日本に地球儀の概念が伝えられていた可能性

西洋が好きな霊帝

 

西暦166年、ローマからの使者が後漢の桓帝に朝見し、

象牙と犀角、べっ甲を献上し、霊帝は西洋贔屓で

その時代、西洋風の生活様式が流行したといいます。

つまり後漢時代の中国に「地球儀」が持ち込まれた、

もしくはその概念が伝えられた可能性は否定できません。

 

邪馬台国の卑弥呼はアイドル

 

そして、その後の三国時代に、卑弥呼の使者が魏の皇帝に

奴隷と貢物を献上、金印を授けられた話は、

「はじ三」を愛読している皆さんには言うまでもありませんね。

 

つまり、

飛鳥時代の人である聖徳太子が

古代ギリシアを発祥とする「地球儀」の実物、もしくは

その概念を知っていた可能性は十分ありうるのです!!

 

地球儀に興味を抱いた聖徳太子が、手慰みに

自分で地球儀を作ってみた可能性も、考えられるじゃないですか!!

 

(参考記事)

長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節

 

歴史書に書かれない事実もある

韓非の本を熟読して感銘を受ける政

 

それはいくらなんでも強引すぎるんじゃないの?

 

皆さんがそうおっしゃりたいのもわかります。

なにせ、そんな話は歴史書のどこにも書かれておらず

想像を重ねただけでは、何の説得力もないでしょう。

 

ですが。

隊長は思うのです。

 

果たして「歴史書」に描かれた事実のみが、

唯一の正しい歴史なのでしょうか?

 

ひとつのたとえ話をしましょう。

 

クリストファー・コロンブス wikipedia

クリストファー・コロンブス wikipedia

 

ヨーロッパ人で初めてアメリカ大陸を発見したのは

クリストファー・コロンブスで、1492年のことである。

というのが一般的に知られる「歴史」です。

 

しかし、中世アイルランドの散文集である「サガ」の

記述によれば、10世紀末にアイスランド生まれの

レイフ・エリクソンという人物がヴィンランドと呼ばれた

新大陸=アメリカに入植を試みたとされています。

 

レイフ・エリクソン wikipedia

エリクソンが描かれた1968年のアメリカの切手 wikipedia

 

つまり、この説に依るなら、コロンブスよりも

500年も前に、アメリカ大陸は発見されていたというのが真相です。

 

なぜ、そのことが今日あまり知られていないのか?

それは当時のヨーロッパには新しい領土を発見し、その占有権を

主張するという発想がなく、ヴィンランド発見の情報も、

「とるにたらないこと」として語られることがなかったからだと言います。

 

「地球儀」は「とるにたらないもの」だった?

魏 星座大好きな幼少期の管輅

 

飛鳥時代の日本の宇宙観は、中国の「天円地方」に習い

高天原(天)と葦原中国(地)によって構成されるものでした。

大地が球の形をしているなど、この時代の日本人には与太話

以外の何物でもなかったでしょう。

 

しかし、聡明な人物であった聖徳太子なら

海の彼方から届いた「とるにたらない」噂話に

興味を示したかもしれません。

 

もちろん、文献の記述から歴史を組み立てることは

とても大切です。それを否定しては歴史は成立しません。

しかし、記述された歴史は、本当の歴史のごく一部であることも

確かな事実です。

 

オーパーツとは、もしかするとそんな

「記述されなかった=とるにたりない歴史」を

証明するものなのかもしれませんね。

 

HMR隊長の戦々恐々

HMR隊長 石川克世

 

……ハッ。

 

やばい。

どう見てもこの記事、

Kawauso編集長にケンカ売ってるようにしか見えない……。

 

大丈夫だよね?

 

大丈夫ですよね??(哀願)

 

と、ともかく

隊長の首が飛ばなかったら、またお会いしましょう!!(超自爆

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

関連記事:盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話の創世神

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  2. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  3. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  4. 曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった
  5. 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人…
  6. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  7. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの…
  8. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!
  2. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器
  3. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】
  4. 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します!
  5. 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則
  6. 立花宗茂とはどんな人?大河ドラマ希望ナンバー1武将の人気に迫る 立花宗茂

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い
  2. 撃剣を使う曹丕

おすすめ記事

まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた! 徳川慶喜 幕末 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの? 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何? ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』 【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人? 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!

おすすめ記事

  1. 【三国志裏話】徐晃は関羽から尊敬されていたってホント!?
  2. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  3. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達
  4. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?
  5. 魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか
  6. 魏延(ぎえん)ってどんな人?裏切り者?それとも忠義の士?
  7. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  8. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP