「遊び」は鎌倉時代、必要不可欠なモノだった!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張良と劉邦が楚漢戦争のゲームをプレイ

 

「遊び」は子どもだけのもの。

そんなイメージがありませんか?しかし、大人たちにとっても遊びは日々の生活を豊かにするためにとても重要なものです。

 

鎌倉時代、日本で初めての武家政権とあって、子どもから大人まで堅苦しい雰囲気に包まれていたのでは…と考える人もいるかもしれませんが、実際はみんなけっこう遊んでいたのです。

 

現代のようなゲーム機などはもちろんありませんが、鎌倉時代の遊びはシンプルで、今でも楽しめそうなものがたくさんあります。

それでは、鎌倉時代の遊びについて見ていきましょう。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?

 


 

鎌倉時代の子どもたちの遊び

竹馬や相撲など、日本の子供の遊びを描いた絵

画像 : 竹馬や相撲など、日本の子供の遊びを描いた絵 wikipedia

 

鎌倉時代、子どもたちは竹馬やこま回し、ぎっちょう、小弓、羽子板などで遊んでいました。子ども達が遊んでいる様子が、絵に描かれていることから、当時の人たちにとってもポピュラーな光景だったのでしょう。

 

竹馬は、この時代は本当に竹の枝にまたがって走り回っていました。「鎌倉時代の子どもたちは身体能力が高いな…」と思いませんか?

こま回しは、今とはそんなに変わらず、こまをぶつけ合ったりして遊んでいました。現代でも似たようなこまのおもちゃがあり、夢中になっている子ども達がいます。こま遊びは、いつの時代も子ども達の心を惹きつけるのかもしれません。

 

ぎっちょうとは、長い棒で平らな玉を打ち合う遊びです。平安時代に始まったぎっちょうは、子ども達の遊びとして発展していきましたが、江戸時代には正月儀式とされていたそうです。ホッケーのような遊びであるぎっちょう、当時の子どもたちは熱狂して楽しんだのでしょう。

 

小弓は、小さい弓で的を射る遊びでした。武家の子どもたちにとっては、将来に向けての訓練ともいえる、大切な遊びだったのです。この小弓は、武家社会ならではの遊びといえるでしょう。羽子板は、現在にも残っている、木でできた板を使って羽をつく遊びです。今でもお正月に楽しまれています。

 

また、鎌倉時代には犬と遊ぶ子どもの絵も残されています。この絵を見てみると、犬と戯れている子どもの表情がいきいきとしていて躍動感があり、今にも動き出しそうです。政治機構や支配体制は現代とは大きく異なっていた鎌倉時代ですが、遊びに夢中になる子どもたちの様子は、今も昔もあまり変わらなかったようです。

 


 

鎌倉時代の庶民たちの遊び

 

さて、遊びに夢中になっていたのは、子どもたちだけではありません。鎌倉時代は大人たちも遊びに興じました。しかし、その内容は、庶民と高貴な身分の人たちでは異なっていたようです。

鎌倉時代、庶民たちは双六や首ひき、耳ひきといった遊びをしていました。どれもお金をかける博打であったため、当時は大いに盛り上がっていたそうです。

ちなみに、首ひきは互いの首に縄をかけてひっぱりあい、耳ひきは耳にヒモをかけて引っ張りあっていました。当時の首引きの絵を見てみると、向かい合った者同士、必死な顔をしています。お互いに真剣な表情で見つめ合っているうちに、にらめっこのように思わず吹き出してしまう…なんてことは、なかったのでしょうか。

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷


 

鎌倉時代の高貴な身分の人たちの遊び

鎌倉時代 服装 男女

 

高貴な身分の人たちは、蹴鞠や貝合わせなどで遊んでいました。

平安時代に貴族のあいだで流行した蹴鞠は、鎌倉時代になると武士階級でも盛んに行われるようになりました。鎌倉幕府2代将軍である源頼家が特に蹴鞠を好んだことから、鞠会が催されるようになり、それに伴って蹴鞠のルールが整うようになりました。

貝合わせも平安時代から貴族たちに好まれていた遊びですが、本来は貝の美しさや珍しさを競い合うものだったのが、金箔などを施し、絵を描いたハマグリを床に並べ、合致したものを選ぶ、という内容に変わっていったのです。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは?

関連記事:アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 

 

関連記事

  1. 鎌倉時代の侍(武士)
  2. 五重塔(仏塔)仏教
  3. 藤原京(地図)
  4. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • NizU
    • 2020年 8月 09日

    めちゃくちゃ良い記事だと思います!
    今、歴史をふり返っていたとこだったのでとても役に立ちましたっ
    初めて勉強する人にもいいと思います。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP