キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所!




 

(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)が書いたと言われてきた『将苑(しょうえん)』という兵法書があります。

現代では、後人が諸葛亮に仮託して書いた偽書であるとされています。

偽書であるとすれば、きっと諸葛亮のことをよく知っている諸葛亮マニアが書いたのでしょう。

本日は『将苑』の中から、特殊部隊の編成について書かれた箇所をご紹介いたします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!?

関連記事:そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた

 

 

さっそく読んでみる

劉備

 

下に引用しましたのは該当箇所のざっくりとした訳です。

原文は中国版ウィキペディアのような「百度百科」で「将苑」を調べると載っています(2018月11月6日現在。参照URL  https://baike.baidu.com/item/将苑 )。

 

戦いが好きで強敵を相手にしたがる者を集めて「報国の士」とする。

意気軒昂で体力も能力も優れた者を集めて「突陣の士」とする。

健脚で馬のように走ることのできる者を集めて「搴旗(けんき)の士」とする。

飛ぶような騎射の腕を持ち百発百中の者を集めて「争鋒の士」とする。

弓の腕が百発百中かつ一箭必殺の者を集めて「飛馳(ひし)の士」とする。

強弩を上手に扱い遠くても必ず命中させる者を集めて「摧鋒(さいほう)の士」とする。

これらは帝王の軍の善士であり、それぞれその能力に応じて用いること。

 

 

適材適所の用兵

曹操軍

 

上の内容を見たところ、いずれも特技や特徴のある兵士ばかりを集めているようですから、エリート部隊の編成について述べているようです。

そうして、それぞれの部隊の特徴に応じて役割をわりふるようです。

一つ目の戦闘大好きマン集団は、「報国の士」という名前から察するに、矢玉をものともせず突進していく係なのでしょう。

「報国」というからには、命を省みずやるんでしょうかね……

 

二つ目の気力体力能力充実マン集団は、「突陣の士」という名前から察するに、敵の陣形を破る係でしょう。

「報国の士」が前線をかき乱したところで「突陣の士」が押し込むのでしょう。

三つ目の健脚俊足集団は、「搴旗の士」という名前から察するに、乱れた敵陣の軍旗を片っ端から引っこ抜いてまわって敵の士気を殺ぐ係でしょう。

 

四つ目の百発百中騎射集団は、「争鋒の士」というからには、先を争って敵に突撃をかけていく係でしょう。

矢と馬が迫ってきて、しかも矢が百発百中ときたら、敵が浮き足立つこと必定です。

五つ目のスナイパー集団は、「飛馳の士」というからには、弓を抱えて戦場を移動しながら、常に最も有効なポイントからの狙撃を行う係でしょう。

五つ目の強弩名手集団は、「摧鋒の士」というからには、敵の先鋒に対して矢をビシバシ命中させて先鋒をくじく係でしょう。

それぞれの部隊の役割によって、それに適した性質や技能を持つ者を選んで編成せよと、『将苑』は述べております。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

実際の戦闘風景を思い浮かべてみる

三国志のモブ 反乱

 

五つの特殊部隊の役割を眺めてみると、実際の戦闘風景が目に浮かぶようです。

野戦で、双方が布陣し終えてからの堂々の合戦となった場合、どういう絵面になるか想像してみましょう。

まず、味方からは騎射の「争鋒の士」が突撃をしかけ、「報国の士」も我が身を省みずに前進し、敵の前線を攪乱します。

敵の先鋒の突進に対しては、強弩の「摧鋒の士」が矢を射かけます。

このあたりで双方の前線がワチャワチャっとなりそうです。

そこで前進を開始するのが気力体力能力充実マンの「突陣の士」。

彼らの気力体力能力で混戦の状態をこちらの有利なほうへ傾けてもらいましょう。

 

スナイパー集団の「飛馳の士」は、敵が最も突かれたくない場所に移動しながら矢を放ち、じわじわとダメージを広げます。

双方が揉み合っているさなかに健脚俊足集団の「搴旗の士」が敵の旗印を奪いまくり、その旗の持ち主の武将の名前を呼ばわりながら

「敵将○○討ち取ったりー!」と触れ回り、敵兵に「わぁ将軍が討たれた! もうおしまいだ! 逃げろ!」と思わせます。

この動揺に乗じて味方の一般部隊が総攻撃をかければ、勝てそうな気がします!

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

実際には敵も知恵と力を尽くしてきますから、こんなに簡単にはいかないでしょう。

『将苑』のこの箇所は、どういう場面でどんな部隊がいれば戦いやすいか、その部隊にはどんな人員を配せばいいかをよく考えて

部隊編成をするべきだという意味でしょう。

時代によって戦い方も変化しているので、現実に五つの特殊部隊を作らなければならないと考える必要はありません。

目的にふさわしい人員配置を考える、というようにまとめてみると、現代のビジネスにも応用できそうです。

応用するもなにも、誰でも当たり前にそのくらいのことは考えそうですが、いにしえの兵法書にのっとってやっていると思うと、

ちょっと気分がいいかもしれません!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?

関連記事:ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 城とは違う?勝敗を左右した塢(う)とはどんな砦なのか?
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…
  3. 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  4. 張郃は司馬懿のせいで殺されてしまった?
  5. 馬謖を斬り悲しむ孔明 ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!
  6. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  7. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  8. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. 華陀
  3. 反董卓軍010

おすすめ記事

  1. 江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介
  2. 孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける 司馬懿から頼まれる孫礼
  3. 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(サル)の戦い 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人
  5. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 陶謙
  6. 【8月の見どころ】8/23は諸葛亮の命日、五丈原を様々な角度から解説予定

三國志雑学

  1. 空を飛ぶスーパーマン袁術
  2. 海上での戦い 劉備と曹操
  3. ホウ徳
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操
  2. 廃仏毀釈
  3. 梁興と馬騰

おすすめ記事

孔明 vs 司馬懿 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第14部 【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの? 公家って何?何をした人たちなの? 政(始皇帝) 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは? 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える 劉備とサンタクロース サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP