よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!



劉邦

 

(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)が書いたと言われてきた『将苑(しょうえん)』という兵法書があります。

現代では、後人が諸葛亮に仮託して書いた偽書であるとされています。

偽書であるとすれば、きっと諸葛亮のことをよく知っている諸葛亮マニアが書いたのでしょう。

劉備(りゅうび)が息子の劉禅(りゅうぜん)にオススメした兵法書『六韜(りくとう)』に似た雰囲気で、なかなか面白い兵法書です。

本日は、この『将苑』を読みながら、諸葛亮も認める立派な将軍になる方法を考えてみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画

関連記事:【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計!

 

 

さっそく読んでみる

韓非子を読む劉禅

 

『将苑』では、「それ将たるの道に八弊あり」という書き出しで、立派な将軍になることを妨げる八つの弊害が書かれています。

 

一に曰く、(どん)にして()くなし。

二に曰く、賢を(ねた)み能を(そね)む。

三に曰く、(ざん)を信じ(ねい)を好む。

四に曰く、彼を(はか)りてみずから料らず。

五に曰く、猶予(ゆうよ)してみずから決せず。

六に曰く、酒色に荒淫(こういん)す。

七に曰く、姦詐(かんさ)にして心(きょう)なり。

八に曰く、狡言(こうげん)にして礼をもってせず。

 

【意味】

一、果てしなく貪欲

二、できる人を妬む

三、悪口を信じへつらいを好んで聞く

四、他人のことは分かっても自分のことが分かっていない

五、優柔不断

六、酒色におぼれる

七、悪賢くて卑怯者

八、口ばかりうまい無礼者

 

 

こんな私でも立派な将軍になれますか

三国志ライター よかミカンさん

 

いかがでしょうか。

私は、これ私のことなんじゃないかっていうくらい、ほとんどの項目に該当しております。

「他人のことは分かっても自分のことが分かっていない」はあてはまりません。他人のことも分かっていないので。

「酒色におぼれる」も違います。

あとは全部あてはまりますよ。

どうすればいいんですか、丞相!

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

丞相は答えてくれない……

考える諸葛亮孔明

 

丞相は答えてくれないので、自分で考えるしかありません。

弱点があることは恥ではない。弱点に気付くことのできない愚かさと、気付いたとしても対策をとらない怯懦こそが恥なのだ!

『将苑』に書かれている八項目は、自分にはこういう弱点があると気付くきっかけになればいいのではないでしょうか。

私は貪欲で嫉妬深く悪口とへつらいが大好物で、自分のことも他人のことも分かっていないとんまであり、優柔不断なくせに悪賢くて卑怯者で、

口ばかりうまい無礼者であります、ハイ。

あ~、胸がすくような小者っぷりですなぁ。キャラ的にオイシイのでこのままにしておくか。立派な将軍にはなれないけれど。

 

八項目を実地に役立てる方法

馬謖に必死に作戦を伝える諸葛亮孔明

 

冗談はさておき、弱点を克服してどこへ出ても恥ずかしくない人になるにはどうすればいいでしょうか。

『将苑』で説かれている八項目を胸に刻んでおき、折に触れて “自分の今のこの行動は八項目のこれに該当していないか?”と

己に問いかけるようにすればよいのではないでしょうか。

例えば、有能な人に対して嫉妬心が沸いたとき、いかんいかん、こんな気持ちを抱くようでは立派な将軍になれないぞ、と考えて、

できる人のことは素直に賞賛すればいいサ、自分は自分のできることに集中しよう、と思い直してみたりとか。

優柔不断な態度をとってしまいそうな時に、これは将としてはふさわしくない態度だ、思い切って一つの選択をしてしまい、

あとはそれに向けて力一杯やってみよう、と考えてみたりとか。

いにしえの将軍たちも『将苑』のような兵法書を読みながら己を励ましてがんばってお仕事していたのかな~と考えると、

自分もがんばってみる勇気が沸いてくるはずです!

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

『将苑』に書いてある八項目に該当するような人物を想像してみると、実にくだらない人物像が浮かび上がりますが、この八項目は

多かれ少なかれ誰にでもあるような弱点です。

立派な将軍になれるかなれないかの違いは、弱点を認めて改善していく勇気があるか弱点におぼれて諦めてしまうかの違いではないでしょうか。

自分の弱点に目が行ってくじけてしまいそうな時は、ぜひ『将苑』を読んでいにしえの名将たちの勇気に思いを馳せてみて下さい。

 

参照テキスト:守屋洋(もりやひろし)『諸葛孔明の兵法』徳間書店 1977年4月10日

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?

関連記事:蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの?
  2. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  3. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  4. 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの?
  5. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将…
  6. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  7. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 船冒険する諸葛直 船
  3. 孔融

おすすめ記事

  1. 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 五代友厚 幕末
  2. 【孔門十哲】子路(しろ)とはどんな人?孔子と憎まれ口をたたきあった人
  3. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  4. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  5. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  6. 【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!

三國志雑学

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志

おすすめ記事

陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる! 平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは? エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの? 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!? 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男

おすすめ記事

  1. 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操
  2. 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは?
  3. 【キングダム551話】「兵糧の底」ネタバレ&レビュー
  4. 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!
  5. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較
  6. 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2回 ドラゴンブレイドのアプリはやり込むほどに面白い!
  7. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生
  8. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP