【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉邦

 

(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)が書いたと言われてきた『将苑(しょうえん)』という兵法書があります。

現代では、後人が諸葛亮に仮託して書いた偽書であるとされています。

偽書であるとすれば、きっと諸葛亮のことをよく知っている諸葛亮マニアが書いたのでしょう。

劉備(りゅうび)が息子の劉禅(りゅうぜん)にオススメした兵法書『六韜(りくとう)』に似た雰囲気で、なかなか面白い兵法書です。

本日は、この『将苑』を読みながら、諸葛亮も認める立派な将軍になる方法を考えてみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画

関連記事:【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計!

 


 

さっそく読んでみる

韓非子を読む劉禅

 

『将苑』では、「それ将たるの道に八弊あり」という書き出しで、立派な将軍になることを妨げる八つの弊害が書かれています。

 

一に曰く、(どん)にして()くなし。

二に曰く、賢を(ねた)み能を(そね)む。

三に曰く、(ざん)を信じ(ねい)を好む。

四に曰く、彼を(はか)りてみずから料らず。

五に曰く、猶予(ゆうよ)してみずから決せず。

六に曰く、酒色に荒淫(こういん)す。

七に曰く、姦詐(かんさ)にして心(きょう)なり。

八に曰く、狡言(こうげん)にして礼をもってせず。

 

【意味】

一、果てしなく貪欲

二、できる人を妬む

三、悪口を信じへつらいを好んで聞く

四、他人のことは分かっても自分のことが分かっていない

五、優柔不断

六、酒色におぼれる

七、悪賢くて卑怯者

八、口ばかりうまい無礼者

 


 

こんな私でも立派な将軍になれますか

三国志ライター よかミカンさん

 

いかがでしょうか。

私は、これ私のことなんじゃないかっていうくらい、ほとんどの項目に該当しております。

「他人のことは分かっても自分のことが分かっていない」はあてはまりません。他人のことも分かっていないので。

「酒色におぼれる」も違います。

あとは全部あてはまりますよ。

どうすればいいんですか、丞相!

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー


 

丞相は答えてくれない……

考える諸葛亮孔明

 

丞相は答えてくれないので、自分で考えるしかありません。

弱点があることは恥ではない。弱点に気付くことのできない愚かさと、気付いたとしても対策をとらない怯懦こそが恥なのだ!

『将苑』に書かれている八項目は、自分にはこういう弱点があると気付くきっかけになればいいのではないでしょうか。

私は貪欲で嫉妬深く悪口とへつらいが大好物で、自分のことも他人のことも分かっていないとんまであり、優柔不断なくせに悪賢くて卑怯者で、

口ばかりうまい無礼者であります、ハイ。

あ~、胸がすくような小者っぷりですなぁ。キャラ的にオイシイのでこのままにしておくか。立派な将軍にはなれないけれど。


  

 

 

八項目を実地に役立てる方法

馬謖に必死に作戦を伝える諸葛亮孔明

 

冗談はさておき、弱点を克服してどこへ出ても恥ずかしくない人になるにはどうすればいいでしょうか。

『将苑』で説かれている八項目を胸に刻んでおき、折に触れて “自分の今のこの行動は八項目のこれに該当していないか?”と

己に問いかけるようにすればよいのではないでしょうか。

例えば、有能な人に対して嫉妬心が沸いたとき、いかんいかん、こんな気持ちを抱くようでは立派な将軍になれないぞ、と考えて、

できる人のことは素直に賞賛すればいいサ、自分は自分のできることに集中しよう、と思い直してみたりとか。

優柔不断な態度をとってしまいそうな時に、これは将としてはふさわしくない態度だ、思い切って一つの選択をしてしまい、

あとはそれに向けて力一杯やってみよう、と考えてみたりとか。

いにしえの将軍たちも『将苑』のような兵法書を読みながら己を励ましてがんばってお仕事していたのかな~と考えると、

自分もがんばってみる勇気が沸いてくるはずです!

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

『将苑』に書いてある八項目に該当するような人物を想像してみると、実にくだらない人物像が浮かび上がりますが、この八項目は

多かれ少なかれ誰にでもあるような弱点です。

立派な将軍になれるかなれないかの違いは、弱点を認めて改善していく勇気があるか弱点におぼれて諦めてしまうかの違いではないでしょうか。

自分の弱点に目が行ってくじけてしまいそうな時は、ぜひ『将苑』を読んでいにしえの名将たちの勇気に思いを馳せてみて下さい。

 

参照テキスト:守屋洋(もりやひろし)『諸葛孔明の兵法』徳間書店 1977年4月10日

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?

関連記事:蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 


 

関連記事

  1. 羅憲
  2. 北条氏康
  3. 赤兎馬と武霊王

    はじめての変

    赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

    三国志の見所は、武将同士の馬上での一騎打ち…

  4. 朱然と陸遜
  5. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  6. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP