三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

太史慈と劉備はあの有名人を助けたら人生が変わった!?

太史慈




太史慈

太史慈

 

太史慈(たいしじ)劉備(りゅうび)の運命を変化させてたのは色々な出来事の積み重ねですが、三国志の有名人を助けた事で二人の人生を変化することになるのです。

さて二人の運命を変化させた有名人とはいったい誰なのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介

関連記事:太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯

 

 

太史慈劉備の接点とは

劉備

劉備

 

太史慈と劉備には接点があり、このふたりがいなければ三国志のチョー有名人であるあの人がいなかったかもしれません。

さて二人にはどのような接点が有り、三国志のチョー有名人とはいったい誰を指しているのでしょうか。

 

 

三国志のチョー有名人から恩を受ける

腐れ儒者気質な孔融

孔融(こうゆう)

 

太史慈は青州で事件を起こし、遼東半島へ逃亡していた時期がありました。

彼の母親は太史慈が逃亡した後も家に残って暮らしていましたが、三国志のチョー有名人が太史慈を気に入って、彼の母親に生活資金や日配品などの

援助を行っておりました。

さて今回の登場人物である三国志のチョー有名人とはいったい誰でしょう。

正解は孔融(こうゆう)です。

 

彼は春秋戦国時代に活躍した孔子の末裔(まつえい)で、三国志の中でもかなりの有名人です。

さて三国志の有名人・孔融は太史慈の母親の援助を途中で打ち切ってしまいます。

どうして孔融は太史慈の母親の援助を打ち切ったのでしょうか。

その理由は青州で暴れまわっていた黄巾賊が孔融の居城を包囲したことが原因でした。

さて太史慈ですが、逃亡生活を終えて母親の元へ帰ってきます。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

母親の言葉を聞いて

 

太史慈は家に帰ると母親から「お前は孔融殿と面識がないにもかかわらず私は孔融殿から色々な贈り物をもらいました。

孔融殿は今黄巾賊の包囲を受けています。お前はすぐに孔融殿を助けに行きなさい」と説得。

太史慈は母へ援助をしてくれた孔融を助けに孔融の居城・都昌へ向かいます。

 

「黄巾賊をすぐに打ち破って見せます!!」

孔融にお願いをする孔融

 

太史慈は黄巾賊が包囲している都昌に到着するとすぐに城へ乗り込んで孔融と会見。

太史慈は孔融と会見すると「私が兵を率いて賊徒を蹴散らしてきます」と進言します。

しかし孔融は「援軍が来てから黄巾賊を一緒に打ち破る方がいい」と言って太史慈の作戦を却下。

その後孔融は援軍が来るまで待っていましたが、黄巾賊の攻撃が激しくなってきた事に焦りを感じ始めます。

そして孔融は側近達へ「私は劉備殿に助けを求めたいのだがどうか」と包囲を脱出して劉備の元へ向かうことができる人物を求めますが、

誰もいませんでした。

太史慈は孔融へ

「私の母があなた様から恩を受けました。今こそ恩を返す時であると考えます。

私が黄巾賊の包囲を抜けて劉備殿の元へ向かいましょう」と進言。

孔融はこの進言を聞いて感動し、太史慈に劉備の元へ向い援軍をお願いしてくるように要請するのでした。

 

劉備との接点

太史慈

 

太史慈は黄巾賊の包囲を抜けて劉備の元へ到着することに成功します。

太史慈は劉備と会見すると

「孔融様はあなた様を非常に頼りにしております。どうか援軍を送ってください」と説得します。

すると劉備は

「そうか。孔融殿は私の事をご存知であったか。非常にうれしく思う。すぐに援軍を出発させよう」と言って

太史慈へ精鋭部隊3000を与えます。

太史慈は劉備から軍勢をもらうとすぐに都昌へ向かいます。

 

都昌を包囲している黄巾賊は太史慈が援軍を連れてくると城の包囲を解いてすぐに逃亡するのでした。

こうして太史慈と劉備は孔融を助ける事に成功。

そして孔融を助けた事で二人の人生が大きく変化することになるのですが、どのように人生を変化したのか。

黒田レンの独り言でご紹介しましょう。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

さて太史慈と劉備の運命はどのように変化をしたのでしょうか。

まずは太史慈です。

太史慈は孔融を助けた事で、彼の名声がますます高まっていくことになります。

そして彼の名声が高まった事が孫策(そんさく)に仕えた時に大きな役割を果たすことになります。

もし太史慈が孔融を助けなければ、彼の名声が孫策に届くほどの大きなものにならず、孫策に仕えることが出来なかったかもしれません。

また劉備は孔融を救ったことがきっかけで徐州を手に入れるかどうか迷った時、孔融からアドバイスをもらいます。

 

劉備は孔融のアドバイスを聞いたことがきっかけで、徐州を手に入れる事を決意し、群雄として独り立ちすることができる勢力を

持つことになるのです。

もし劉備が孔融を助けなければ、劉備が徐州を手にしなかったかもしれません。

劉備が徐州を手に入れなかったら、経済的な援助をしてくれる麋竺と会うこともできず、劉備が三国志に名を刻むこともできなかったかも知れません。

このように考えれば、孔融を通して二人の人生が大きく変わることになったと言えるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!

関連記事:漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  2. 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む
  3. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋の性格は義侠心溢れ頼れるアニキだった!!
  4. 夷陵の戦いで負ける劉備 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  5. 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?
  6. 陸遜 あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかる…
  7. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  8. 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. kawausoとおとぼけ
  2. 孫権に諫言する陸瑁
  3. 赤鎧を身に着けた曹操
  4. 玉乗りをしている阿部正弘

おすすめ記事

  1. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? 法正と劉備
  2. 人々の鑑になった良い宦官達 宦官たち 
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】
  4. 【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた 陳寿(晋)
  5. 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ 呉の孫権
  6. 2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは? 猛暑に苦戦している観客達 いだてん

三國志雑学

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 孫策、陸遜、顧邵、他
  3. 法正と劉備
  4. 蜀の魏延
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉蜀赤壁の戦い
  2. 君たちはどう生きるか?劉禅

おすすめ記事

西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 袁術と呂布 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家 于禁を虐める曹丕 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは? キングダム53巻 キングダム588話休載スペシャル「王賁の治療リアルにはどうだった?」 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男 始皇帝 マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP