編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての漢

孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

この記事の所要時間: 545




孔子 儒教

 

孔子は現在まで中華に根強く残っている儒教の信仰を作った人物です。

この孔子様の子孫が三国志の時代に生きていたのを知っていましたか。

その名は「孔融(こうゆう)」と言います。

青年の頃から才気にあふれた人物でした。

しかし後年、自分が発した言葉が原因で亡くなることになります。

今回はそんな孔融の生涯をご紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら


青年期から優秀な人物

孔融

 

孔融は青年期から学問に励み優秀な人物でした。

そんな彼は名声が高く天下にその名を響かせていた李膺(りよう)に会って

話がしたいと思い彼の元を訪れます。

当時李膺の名声はすごく彼の元を訪れる客が非常に多くいました。

そのため彼は自分に関係のある人か、

よほど優れた人物にしか会わないと決めておりました。

孔融は李膺と接点がなかったのですが、彼に会うために秘策を用意して向かいます。




秘策を用いて李膺と面会

 

孔融は李膺の家に着くと「李膺さんと先祖代々付き合いがある者です。」と

ぬけぬけと門番に言い放ちます。

李膺は先祖代々の付き合いがある人が来たという事で孔融を家に向か入れます。

彼はさっそく孔融に「私と先祖代々の付き合いがあるというが、

どういう関係があるんだい」と尋ねます。

すると孔融は用意していた秘策を李膺に用います。

孔融は「私の先祖は孔子であなたの先祖は老子ではありませんか。

この二人は友人でありながら、ともに学びあった仲間です。

という事は私とあなたは先祖からの知り合いになりませんか。」と述べます。

すると同席していた者たちは大いに感心し、

李膺は孔融の言葉を聞いて大いに笑い「確かにそうだ」と言います。

こうして李膺と面会し、色々なことを語り合います。

 

兄の友人を命がけで守る

photo credit: Clover Flower via photopin (license)

photo credit: Clover Flower via photopin (license)

 

孔融はある時、家で学問書を読んでいると一人の男が訪ねてきます。

彼はその男を家に招き話を聞くと、「中常侍(ちゅうじょうじ)から目を付けられて

命を狙われており、兄にかくまってもらうために来た。」と話します。

だが男にとって不運なことに孔融の兄はちょうど家を留守にしていました。

しかし孔融は侠気を見せて、男を自宅に匿います。

その後、男が孔融の家に匿われている事が役人にばれてしまい、

兄の友人は脱出に成功し、姿をくらましますが、兄弟は捕まってしまいます。

兄と孔融は役人に「自分がかくまった」と言って互いに庇いあいます。

その結果兄が処刑させられてしまい、孔融が釈放されることになります。

この兄の知り合いを命がけで守ったエピソードと

兄を救うため自分が身代わりになったエピソードの二つが天下に知れ渡り、

孔融の名声は一気に高まることになります。

 

北海の国を治める

 

孔融はその後、家を出て朝廷に仕えることになります。

董卓が洛陽に入って来て、漢が混乱を極めていた時は首都から遠い、

北海の国を統治する世に命じられます。

北海の国は現在の山東省にある国です。

孔融は北海国に赴くとさっそく学校を立て、城を修復し、

有能な人物である王修(おうしゅう)を中央に推挙し、

天下にその名を知られていた鄭玄(ていげん)を厚遇します。

 

孔融の統治能力に問題あり

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

 

孔融はこうして政治能力にも優れているようですが、

実は政治能力はあまりありませんでした。

「九州春秋」という書物を書いた司馬懿の弟の司馬進(しばしん)の息子である

司馬彪(しばひょう)が書いた物ですが、この中で彼は孔融を大いに批判しております。

彼曰く「孔融は自分の才能を過信していた為か、天下の実力者に仕えることをしなかった。

また少し変わった人物を重用して実力のある人物を用いなかった為、

北海に新たな法を立てても実行できず、たいして役に立たなかった。

また敵が北海に攻め込んできた時は、守備をせず読書に励んでいた。

そのため、城は陥落し一人で逃げるありさまである。」と辛口の評価をしております。

すべてが事実ではないと思いますが、あまり政治向きな人ではなかったようです。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ…
  2. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  3. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹…
  4. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備…
  5. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世…
  6. 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ
  7. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・…
  8. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  2. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  3. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  4. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  5. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  6. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想! 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ! 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪

おすすめ記事

  1. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  2. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  3. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  4. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  5. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人
  6. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  7. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに?
  8. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP