キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

西郷どん

函館戦争とは?戊辰戦争最後の戦争を分かりやすく解説

榎本武揚




榎本武揚

 

『戊辰戦争-明治新政府軍vs旧幕府軍-』によれば、

1868年の鳥羽伏見の戦いから翌年の函館戦争までの

明治新政府軍と旧幕府軍との戦争のことをいいます。

函館戦争は戊辰戦争最後の戦争です。

函館戦争後、榎本武揚(えのもとたけあき)は明治政府に加わり、

駐露公使として樺太千島交換条約の締結をしました。

 

『戊辰戦争-明治新政府軍vs旧幕府軍-』では、

榎本武揚の考えた箱館共和国については触れていません。

今回は函館戦争の経過と蝦夷共和国の構想について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義

関連記事:新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ!

 

 

函館戦争とは?

新選組の土方歳三

 

1868年から続いた戊辰戦争最後の戦争で、

蝦夷地の根拠地となっていた箱館の五稜郭城で戦いがありました

五稜郭城はオランダの星形の城にならって建設された

城郭が特徴として挙げられます。

 

江戸幕府は蝦夷地の大部分を直轄地として支配していました。

江戸時代に箱館奉行が置かれていましたが、

明治新政府に変わると函館府を設置しました。

 

戊辰戦争の舞台が東北地方に移ると、

函館府を守っていたのはわずかな兵だけで手薄となっていました。

旧幕府軍は蝦夷地に上陸すると、

大鳥圭介(おおとりけいすけ)土方歳三(ひじかたとしぞう)が率いる部隊が二手に分かれて函館に進軍を開始します。

大鳥と土方らは新政府軍との戦いで勝利し、

函館を占領することに成功しました。

 

五稜郭城には無血で入場することができ、

榎本武揚が率いる艦隊を函館に入港させることに成功しました。

旧幕府軍が函館を占領すると、

新政府軍は函館に向けて兵を動かします。

1869年3月に青森に到着した新政府軍は蝦夷地上陸を開始します。

 

新政府軍が江差へ上陸し占領すると、

松前口・木古内口・二股口・安野呂口の

四つのルートから箱館へ向けて進軍を開始します。

4つのルートで新政府軍と旧幕府軍との戦いが起こりましたが、

いずれも旧幕府軍は撤退をせざるを得ない状況でした。

 

1869年4月の終わりになると、

旧幕府軍の敗色が濃厚となったため、

旧幕府軍に帯同していたフランス人軍人が函館を脱出します。

大鳥圭介らが奇襲を試みますが、

失敗に終わりました。

 

1869年5月になると、

旧幕府軍は降伏し、

五稜郭城は開城されました

函館戦争は終わるとともに戊辰戦争も終わりました。

 

 

榎本武揚が考えた蝦夷共和国とは?

 

榎本武揚は1868年12月に函館で新しい国家を建設しました

榎本武揚が考えた国家を蝦夷共和国と呼ばれています。

蝦夷共和国の特徴について取り上げます。

 

なぜ榎本武揚が函館戦争の総大将になったのでしょうか。

榎本は幕臣の次男で、

咸臨丸の発注に伴いオランダに留学しました。

留学から帰国後、軍艦奉行に就任しました。

 

蝦夷共和国の総裁や閣僚を選挙で選びました。

この選挙の資格者は旧幕府軍の指揮官以上で市民は参加していませんが、

当時幕府と明治新政府にとって斬新なやり方だったと考えられます。

 

総裁選挙の結果、

榎本武揚が115票でトップを取り、

2位は松平太郎(まつだいらたろう)で14票しか入りませんでした。

このようにして蝦夷共和国の榎本総裁が誕生しました。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は戊辰戦争の最後の戦争である函館戦争について取り上げました。

函館戦争は明治新政府軍と榎本武揚が率いる旧幕府軍との戦いと

新撰組の副隊長だった土方歳三が戦死した戦い

という印象を受けている人が多いと思います。

 

この記事では、函館戦争の戦いの経過だけでなく、

榎本武揚が構想した蝦夷共和国について取り上げました。

蝦夷共和国は政権のトップを選挙で選ぶという

当時の政治の世界において斬新なやり方でした。

蝦夷共和国の選挙に市民は参加していませんが、

蝦夷共和国が長く続いていれば

市民を巻き込んだ選挙によって総裁が選ばれていた可能性があります。

 

終わりに、榎本武揚については旧幕府軍の総大将として担ぎ出されて、

函館戦争で新政府軍と戦いますが、

戦争後に駐露公使としてロシアとの外交問題の処理に取り組みました。

榎本武揚とロシアとの外交問題については『樺太千島交換条約とは』で取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算

関連記事:近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  2. 井伊直弼の家系図は豪華絢爛!
  3. 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法
  4. 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説
  5. 西郷従道 幕末 西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟
  6. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の功績って一体何があるの!?
  7. 阿部正弘は本当にイケメン?本当の事を教えます!
  8. 【高杉晋作と伊藤博文の共通点】幕末テロ兄弟の絆

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  2. 項羽(はじめての三国志)
  3. 鍾会を説得する姜維

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?
  2. 蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介
  3. 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う? すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  4. 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3 光武帝(劉秀)陰麗華
  5. 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画
  6. 女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る! 卑弥呼

三國志雑学

  1. 劉備 呂布 肉取り合い
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫策に攻撃される黄祖
  2. 三国志 武器

おすすめ記事

鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。 甘寧 裏切る ゆるキャラ 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師 呉の孫権は皇帝 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった? 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!! 秦の旗を掲げる兵士 【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP