キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

西郷どん

中岡慎太郎の陸援隊とはどんな組織?




中岡慎太郎

 

今回は中岡慎太郎(なかおかしんたろう)陸援隊(りくえんたい)について取り上げます。

この記事では中岡慎太郎について取り上げるとともに、中岡慎太郎が陸援隊を結成してから中岡暗殺後に解散に至るまでの経緯について取り上げます。

 

関連記事:中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?

関連記事:中村半次郎(桐野利秋)はどんな人?本当は冷血な人斬りではなかった!

 

 

中岡慎太郎とは?

横井小楠

佐久間象山

 

中岡慎太郎は1833年に土佐藩の大庄屋・中岡小傳次(なかおかこでんじ)と後妻ウシの長男として生まれました。

1861年に武市瑞山(たけちずいさん)が結成した土佐勤皇党に加盟して、土佐藩の尊王攘夷派として活動を始めます。

土佐藩内で尊王攘夷派の弾圧が始まると、長州藩に亡命しました。亡命先の長州藩で過激な尊皇攘夷運動に加わります。

中岡は尊皇攘夷運動に加わっていましたが、1862年に佐久間象山(さくましょうざん)を訪れます。

佐久間象山から西洋の技術や知識を学んだことや亀山社中で西洋の技術にふれると、中岡は尊皇攘夷から西洋かぶれになったと言われています。

1867年に陸援隊を結成し、尊皇攘夷運動に尽力しました。同年に坂本龍馬とともに京都河原町の近江屋で暗殺されました。

 

 

中岡慎太郎が結成した陸援隊とは?

幕末 洋式軍隊の行進

 

中岡慎太郎は1867年に陸援隊(りくえんたい)を結成しました。

陸援隊は徳川幕府を武力倒幕のために結成された組織で、尊皇攘夷の思想を持つ脱藩浪士たちが集められました。

薩摩藩から派遣された洋式軍学者の鈴木武五郎が派遣されました。

当初、70人以上の浪士たちが集められ、浪士たちは洋式訓練を受けています。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

中岡慎太郎暗殺後の陸援隊

 

1867年に陸援隊を結成した同じ年に坂本龍馬(さかもとりょうま)とともに暗殺されました。

中岡が暗殺されると陸援隊は中心人物を失い、求心力を失いましたが、すぐに立て直します。

田中顕助(たなかけんすけ)ら結成当時の幹部が中岡の後を引き継いだため、一時的に失った求心力を回復させました。

大政奉還後に陸援隊は高野山に向かい、総数が約1000になるまで兵を集めることに成功します。

戊辰戦争には直接参加していませんが、近畿地方の幕府寄りの勢力を牽制することに成功しました。

鳥羽伏見の戦いの後、高野山から下山すると京都に入ります。京都に入ると陸援隊は解散し

陸援隊の隊士は明治新政府軍の御親兵として戊辰戦争に加わりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は中岡慎太郎が組織した陸援隊について取り上げました。

陸援隊は大政奉還直前から鳥羽伏見の戦い直後までの短い間しか活動していなかったことや御親兵として加わったことについては

あまり知られていません。

坂本龍馬が海援隊で、中岡慎太郎が陸援隊ということで、両者を比較してしまいがちになるかもしれません。

海援隊は日本初の株式会社で、貿易で利潤を出していました。一方で、陸援隊は尊王攘夷派で倒幕運動をするための組織です。

海援隊と陸援隊の性質がまったく別物であることが分かりました。

 

中岡慎太郎については写真に関するエピソードが有名です。

中岡の写真については真面目な写真がありますが、右手で頬杖をついて首をかしげてこぼれるような白い歯を見せて笑っている写真もあります。

中岡の隣に女性がいるツーショット写真もあります。中岡の隣の女性が塗りつぶされた写真もありますが、塗りつぶされていない写真もあります。

中岡が撮影したのは京都の「西洋伝法写真処」であると考えられます。

当時、女性モデルを使って、被写体の侍と組み合わせて撮影するという斬新なやり方で有名になっていました。

中岡慎太郎だけでなく新選組近藤勇(こんどういさみ)も利用していたといわれています。

隣の女性については不明な点が残っていて解決されていませんが、中岡慎太郎の写真の隣にいる女性については

写真店のモデルである可能性もあります。

 

関連記事:薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】

関連記事:坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの?

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡
  2. 幕末 帝国議会 江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争
  3. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?
  4. 西郷園(その)はどんな人?実は吉二郎の再婚相手だった女性
  5. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 山南敬助とはどんな人?新選組から脱走した理由は?
  6. 阿部正弘は大奥でモテモテ、それって史実どおりなの?
  7. 篤姫 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?
  8. 勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徳川家を守った篤姫
  2. 岳飛伝(一) amazon
  3. 曹植
  4. 豊臣秀頼 wikipedia引用
  5. 燃える本能寺
  6. 三国志時代の牢獄
  7. 怒る曹操

おすすめ記事

  1. 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは? ツンデレ曹丕
  2. 奈良時代はフェミニズムの時代だったの?女帝は太陽だった? 元明天皇
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  4. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』
  5. 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者 ハンセン病に侵された徳行者・冉伯牛 冉伯牛
  6. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】

三國志雑学

  1. 曹丕
  2. 司馬懿
  3. 過労死する諸葛孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 斎藤道三
  2. 典論を掘る曹丕
  3. 夏
  4. 上杉謙信
  5. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  6. 蒼天航路
  7. 幕末 帝国議会
  8. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

真田丸 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった 孔明 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!? 正妃 卞夫人 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀の墓はどこにある?2箇所ある明智光秀の墓へのアクセス方法 南蛮 華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者? 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん) 邪馬台国と魏軍の兵士 昔の日本は中国と比べるとかなり遅れてたらしいけど、漢代の頃はどんな感じだったの? 徳川家康をボコボコにする武田信玄 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP