はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【笑林】人命度外視の治療と儒学をまなんだ不孝者




 

三国志()邯鄲淳(かんたんじゅん)が編纂したと言われている笑い話集『笑林(しょうりん)

意図的に笑い話だけを集めて作られた書物としては中国最古だと言われています。

本日は『笑林』にある本末転倒エピソードを二つご紹介させて頂きます。

人命度外視の治療と、儒学をまなんだ不孝者の話です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは?

関連記事:ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話

 

 

治すことだけはうまい

 

お医者さんは怪我や病気の治療をしてくれますが、治療行為自体が目的なのではなく、患者さんによりよく生きてもらうことを目的とされていると

思います。

『笑林』にある本末転倒エピソードはこういうものです↓

 

平原に傴僂(せむし)を治す名人がいた。

「治すことができないのは百人に一人だ」と自分で言っていた。

体の長さは八尺だが立って測ると六尺という人がおり、大金を積んで治療をお願いしに来た。

名人は「横になって下さい」と言うと、患者の背中の上に乗って踏みつけようとした。

「俺を殺す気か!」

「手っ取り早くまっすぐにしてあげようとしているんだ。死ぬかどうかなど知るものか」

 

 

親不孝の儒学生

 

三国志の時代には、なんの前置きもなくただ「学」といえば儒学のことでした。

儒の教えでは人のまごころをとても大切にしており、中でも根幹をなすのは「孝」でした。

ご先祖様や親御さんを大切に、ってやつです。

さて、『笑林』にある本末転倒エピソードはこういうものです↓

 

ある人が父母のもとを離れて遊学し、三年経って帰ってきた。

母方のおじが、どんなことを学んできたかとたずね、また、長らく父親と離れていた気持ちを述べてみなさいと言った。

そこでこう答えた。

「渭陽の思い、秦康に過ぐ(おじさんのことがとても懐かしかったです)」

父親がそれをとがめてこう言った。

「一体なにを学んできたんだ!」

その答えは

(わか)くして過庭の訓を失す。故に学ぶも(えき)無し(父親の教育が悪かったので、学問をしても役に立たないのです)」

 

父親と離れていた気持ちを述べろと言われているのに、父親をスルーしておじさんのことを言っているので、父親が怒ったのですね。

それに対して「父親の教育が悪かったので」と言い返す息子。

渭陽だの秦康だのの元ネタは『詩経』秦風(しんぷう)の「渭陽」、過庭の訓の元ネタは『論語』季子篇です。

儒学の経典を引きながら教養ありげな言葉遣いをしているものの、肝心かなめの「孝」が全くなっていません。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

なんのために学んだの?

 

いくら上手に人の背中を伸ばすことができても死なせてしまっては意味がありませんし、どんなに儒学の経典に通暁していても真心がなかったら意味が

ありません。

ただの笑い話として受け取ることもできますが、教訓を読み取ることもできそうですね。

何かが上手にできるようになると技に溺れてしまうことがありそうですが、なんのためにそれをやるのかを見失わないようにしないといけないという

ことでしょうか。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

『笑林』の編者の邯鄲淳は高名な儒学者です。

儒学者が作った書物だと考えると、単純なエンタメ作品ではなくて何か深淵な意味でもあるのかな、と勘ぐりたくなってきます。

儒教では「礼」を大切にしますが、「礼」は形式を踏んで行うものであるので、真心のない形式主義に陥りがちです。

物事の形式だけを踏んで、その意味が分かっていない人が多いことを邯鄲淳は諷刺(ふうし)したかったのではないでしょうか。

儒教の弊害が顕著になり様々な価値観が交錯していた後漢末期の雰囲気が現れている本なのかな、と思いました。

 

参考文献:

竹田晃・黒田真美子 編『中国古典小説選12 笑林・笑賛・笑府他<歴代笑話>』明治書院 2008年11月10日

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:邯鄲淳とはどんな人?曹丕と曹植が欲しがった学者で笑い話集『笑林』の編者

関連記事:黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった!

 

【THE奇人・変人三国志よりイッてる人々】
春秋左氏伝




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  3. 張郃は司馬懿のせいで殺されてしまった?
  4. 五斗米道の教祖・張魯 張魯が漢中を占拠できたのは母のおかげだった?
  5. 大喬と小喬 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  6. ツンデレ曹丕 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?
  7. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…
  8. 曹丕 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  2. 呉の小覇王・孫策
  3. 劉備勝ちまくり!仮想三国志
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. 三国志ライター よかミカンさん
  6. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

  1. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる
  2. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  3. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!
  4. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話 郭嘉を採用する曹操
  5. 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道)
  6. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

三國志雑学

  1. 影の薄い孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布のラストウォー 呂布
  2. 魏 星座大好きな幼少期の管輅

おすすめ記事

諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は?? 劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で? 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣 曹操 船酔い 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化 山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは? 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP