呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

西郷どん

【戊辰戦争を振り返る】明治新政府軍 vs 旧幕府軍




幕末 大砲発射

 

『形勢不利の薩長() 一発逆転の王政復古大号令』では、

薩長(さっちょう)が大政奉還によって武力で倒幕できなくなった状況を打開するために小御所会議でクーデターを決行しました。

薩長の武力討幕派の狙いは旧幕府の反発で、薩長の予想通り旧幕府軍が薩長の挑発に乗りました。

旧幕府軍を攻撃する大義名分を得た薩長は武力で旧幕府軍と徳川慶喜(とくがわよしのぶ)を追討します。

今回は1868年の鳥羽伏見の戦いから1869年の函館戦争までの戊辰戦争の過程を取り上げます。

 

関連記事:彰義隊が散った上野戦争とはどんな戦いだったの?

関連記事;鳥羽伏見の戦い影の功労者ウィリアム・ウィリス【はじ三ヒストリア】

 

 

戊辰戦争とは?

 

戊辰戦争とは1868年の鳥羽伏見の戦いから翌年の函館戦争までの明治新政府軍と旧幕府軍との戦争のことをいいます

一連の戦争の中で、江戸城の無血開城、上野戦争、越後の長岡城の戦い、会津戦争など有名な戦いがあります。

1869年に函館戦争で旧幕府側が降伏して終わりました。

 

戊辰戦争の最初である鳥羽伏見の戦いとは徳川慶喜の辞官納地が決まったことに対して、大阪にいた旧幕府軍が1868年の正月に大挙して

京都に入ったことがきっかけで始まりました。

明治新政府軍と戦いましたが、旧幕府軍は敗退し、徳川慶喜に対して追討令が出されました。

 

 

江戸城無血開城

 

1868年、明治新政府軍が中山道・東海道と分けて進軍し、江戸近くにまで接近しました。

明治新政府軍は江戸城を総攻撃する直前に、勝海舟(かつかいしゅう)西郷隆盛(さいごうたかもり)が会談しました。

勝と西郷の会談で、徳川慶喜が恭順の意志を示すために謹慎することや江戸城を開城することが決まりました。

 

江戸城と江戸周辺は戦火に巻き込まれることなく、血を流さないで明け渡すことに成功したことから無血開城と呼ばれています

江戸城無血開城後、徳川慶喜は上野の寛永寺で謹慎生活を送りました。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

上野戦争

幕末 洋式軍隊の行進

 

徳川慶喜を擁護するために旧幕臣が結成した彰義隊が、江戸城開城後に上野寛永寺に立てこもったことで上野戦争が始まりました。

約1000人の旧幕臣が寛永寺に立てこもって明治新政府軍に抵抗しましたが、上野戦争は1日で鎮圧されました。

上野戦争が始まったとき、徳川慶喜は寛永寺を離れて水戸へ逃れ、謹慎生活を続けていました。

 

会津戦争

松平容保

 

会津戦争は戊辰戦争における東北地方最後の戦いです。

明治新政府軍に備えて、奥羽越列藩同盟を結んで抵抗しました。

会津藩が会津若松城に籠城して明治新政府軍に抵抗しましたが、会津藩が降伏したことで終わりました。

この戦争では、少年らで結成された白虎隊や女子の部隊も参戦したことで有名です

 

函館戦争

榎本武揚

榎本武揚

 

函館戦争は1868年から始まった戊辰戦争の最後の戦いです。

旧幕府軍の榎本武揚は軍艦を率いて明治新政府軍に抗戦しましたが、旧幕府軍が降伏したことで函館戦争は終わりました。

函館戦争後、旧幕府軍を率いていた榎本武揚(えのもとたけあき)は開拓使となり、北海道の土地調査を行います

明治政府では駐露公使として樺太千島交換条約の締結をしました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は1868年から1869年にかけて起こった戊辰戦争について取り上げました。

鳥羽伏見の戦いは新政府軍の掲げた錦の御旗で優勢になり決着しました。

徳川慶喜は新政府軍が錦の御旗を掲げたことで朝敵になることを恐れ、大阪城から江戸へ闇の中を気付かれないうちに逃げ出しました。

以後、徳川慶喜は恭順の意志を示し、謹慎生活を送り続けたことで朝敵の汚名が注がれましたが、名誉を回復しています。

 

会津戦争では新島八重(にいじまやえ)が鉄砲を使って明治新政府軍に抵抗したことが有名です。

新島八重については会津戦争での戦いと明治維新後の女子への教育について注目したいと思います。

最後に、函館戦争については『戊辰戦争最後の戦争-函館戦争―』で戦いの経過を取り上げます。

また、榎本武揚が考えた国家像についても取り上げます。

今回取り上げませんでしたが、米百俵の精神と長岡城の戦いで有名な河井継之助(かわいつぎのすけ)にも注目したいと思います。

 

関連記事:土方歳三最期の日、一体何が起きたの?

関連記事:永倉新八とはどんな人?新選組への加入から剣術の逸話まで解説

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 大久保利通 幕末 大久保利通の死後、子供たちはどうなったの?八男一女を紹介
  2. 玉乗りをしている阿部正弘 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る
  3. 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー…
  4. 黒船(ミシシッピ号) 明治政府最初の対等条約―日清修好条規―
  5. 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情
  6. 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?
  7. 小松帯刀 偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう!
  8. 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム52巻
  2. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  3. 徐庶の初陣
  4. 袁紹と曹操
  5. 蜀の劉備
  6. 桓騎

おすすめ記事

  1. 大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性
  2. キングダム583話ネタバレ予想vol2リアルな食糧倉庫の規模って? キングダム52巻
  3. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 賈南風
  4. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓 呂布の英雄石像
  5. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  6. 月刊はじめての三国志2019年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 公孫瓚

三國志雑学

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  3. 姜維と孔明
  4. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  3. 張飛VS馬超
  4. 魏延からの提案を却下する孔明
  5. 兵士

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 曹丕は毒蛇使いだったのか?曹操最愛の息子・曹沖の死の真相 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝) 意外!中国人は三国志をあまり読んでない!? 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる! 水滸伝の宋江 史実の宋江はどんな人だった?水滸伝の主人公・宋江は2人存在していた? 袁術と呂布 呂布をリトマス試験紙にして群雄の性格を鑑定してみた 近藤勇 新選組 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる 徐盛(じょせい)呉の将軍 勇気ある武将・徐盛!そのイケメンぶりを徹底解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP