呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

いだてん

1940年、幻の東京オリンピックとは?なんで中止になったの?

幻の1940年の東京五輪 いだてん




マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん

 

1964年の東京オリンピックの誘致に成功したキーマンと言えば、田畑政治(たばた まさじ)です。1964年以前に1940年の東京オリンピックの誘致にも成功しました。しかし、1940年の東京オリンピックは日中戦争の激化と太平洋戦争勃発により開催中止となりました。よって、1940年の東京オリンピックは幻の東京オリンピックと呼ばれています。今回は、田畑政治と幻の東京オリンピックについて取り上げます。

 

関連記事:明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる

関連記事:篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則

 

 

オリンピックを誘致した田畑政治

田畑政治 いだてん

 

田畑政治は2019年の大河ドラマ『いだてん~オリンピック噺~』の主人公です。『東京オリンピックのキーマン田畑政治』によれば、田畑は1898年生まれで静岡県浜松市出身です。東京帝国大学卒業後に朝日新聞社に入社しました。新聞記者だけでなく、水泳指導者も務め、1932年のロサンゼルスオリンピックなどで日本代表監督を務めました。

 

1940年の東京オリンピックの誘致に成功しますが、このオリンピックは戦争の激化により中止となりました。第二次世界大戦後の1948年に日本水泳連盟の会長に就任しました。1948年のロンドンオリンピックに参加することはできませんでしたが、1949年には国際水泳連盟の復帰に成功しました。

 

1952年のヘルシンキオリンピックと1956年のメルボルンオリンピックで日本選手団の団長を務めるなどオリンピックの場で活躍しました。戦後間もない頃から東京にオリンピックを誘致することに力を入れました。その成果として1964年の東京オリンピックの招致に成功しました。

1964年の東京オリンピック後、1973年から4年間日本オリンピック委員会(JOC)の会長を務め、1984年に死亡しました。

 

 

幻の1940年の東京オリンピック

幻の1940年の東京五輪 いだてん

 

1940年は日中戦争が続いていたことや第二次世界大戦が勃発していて激化していました。1940年の東京オリンピックは日中戦争の激化に伴い中止となりました。

この年は代替地としてヘルシンキでの開催も検討されましたが、第二次世界大戦の激化で実施できず、オリンピックの開催そのものが中止となりました。

 

オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん

 

『東京オリンピックのキーマン田畑政治』では、1940年の東京オリンピックの招致に成功した経緯について取り上げています。1932年に日本代表はIOCに対して第12回国際オリンピック競技大会開催候補地として立候補しました。東京を含め10都市が立候補しましたが、東京・ローマ・ヘルシンキの3都市に絞られました。

 

当時、アジアで日本のように独立国は少なく、国内にオリンピック委員会を持つ国も少数であることや当時のアジアは夏季の高温多雨や欧米から離れていて旅費・時間の問題が課題になっていました。日本に招致活動の点でかなり不利な状況でしたが、その課題を克服して大会招致に成功しました。1940年に東京オリンピックが開催された場合、当時アジア初のオリンピック開催ということで注目されました。

 

東京五輪ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は幻のオリンピックと言われた1940年の東京オリンピックについて取り上げました。2019年の大河ドラマで、東京へのオリンピック招致に成功した田畑政治について、どのような演出になるのか気になります。

 

1940年の東京オリンピックでは、陸上競技・競泳・水球・飛び込みなど現代の競技とほとんど変わりません。ただし、サッカーについては蹴球と表記されています。カタカナ語が禁止されていた戦争の影響が残っているのかもしれません。

 

今回は1940年の東京オリンピックの誘致について取り上げましたが、田畑は1964年の東京オリンピックの誘致にも成功しています。大河ドラマ『いだてん~オリンピック噺~』の中で、1940年と1964年のオリンピック招致活動において、違いがあれば注目したいと思います。大河ドラマだけでなく、歴史秘話ヒストリアなど他の歴史番組でも注目したいと思います。

 

関連記事:西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

関連記事:勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

 

【スポーツと共に歩んだ日本近代史】
いだてん

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 東京五輪のボランティア いだてん 東京五輪、ボランティアの条件とは?話題の「やりがい搾取」も紹介
  2. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん 東京オリンピック開催と日本のWi-Fi事情はどうなっているの?
  3. 東京五輪のボランティア いだてん 【東京オリンピック2020】残された問題と課題とは?
  4. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん 2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは?
  5. 金栗四三 いだてん 金栗四三の母校・筑波大学は金栗四三のマラソン生活の出発点となった…
  6. 金栗四三 いだてん 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は?
  7. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 2020年東京五輪のテロ対策とは?策定された政府のテロ対策計画は…
  8. 孔明 耳で聞いて覚える三国志 東京オリンピック開催期間における電車の輸送問題はどうなる?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志
  2. スーパーDr華佗
  3. 野球をする呂布、孔明、劉備
  4. 魏を破る朱然
  5. 楊端和
  6. 城の前を掃除する孔明
  7. 三国志のモブ 反乱

おすすめ記事

  1. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ 雷怖くない 能ある劉備
  2. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 孔明
  3. 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?
  4. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官
  5. 三国夢幻演義 龍の少年 第6話「変遷」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚 公孫攅と劉備

三國志雑学

  1. 魏延
  2. 司馬懿
  3. 劉備の黒歴史
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と公孫淵
  2. 郭嘉が亡くなり悲しむ曹操
  3. 于禁、曹操、青州兵
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 赤壁の戦いで敗北する曹操

おすすめ記事

光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの? 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6 kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」 黄巾賊を撃退する太史慈 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯 おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選 担がれる劉邦 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 蜀の劉備 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP