ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

西郷どん

上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

上野彦馬

画像:上野彦馬 Wikipedia

 

今回は幕末の写真家上野彦馬について取り上げます。上野彦馬についてはこれまでに『中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?』で、

中岡慎太郎と謎の女性の関係について取り上げました。この記事では、上野彦馬を中心に取り上げます。

 

関連記事:井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?

関連記事:橋本左内には写真が存在するの?

 


 

上野彦馬とは

スタジオカメラ

画像:19世紀のスタジオカメラ Wikipedia

 

1838年、上野彦馬は上野俊之丞(うえのとしのじょう)の次男として長崎に生まれました。

上野俊之丞は幕末に銀板写真を伝えた人物で、島津斉彬(しまづなりあきら)の写真を撮った人物として有名です。

上野彦馬は江戸時代の儒学者広瀬淡窓(ひろせたんそう)の私塾・咸宜園(かんぎえん)で学んだ後、オランダ人軍医に師事するために医学伝習所に入ります。

オランダの書物から湿板写真術を知り、関心を持ちました。このことが上野彦馬の写真家となるきっかけとなります。

上野は長崎で化学を学びました。化学の勉強だけでなく、海外のプロ写真家が来日したときに写真の指導も受けています。

1862年に故郷の長崎に戻って上野撮影局を開業しました。この写真館は日本初の写真館であるといわれていましたが、

前年に鵜飼玉川(うかいぎょくせん)が神戸市内で写真店を開業していたという記録が残っています。

上野は1877年に日本で初めて西南戦争の戦跡を撮影しました。日本初の従軍カメラマンとして知られるようになります。

 


 

上野彦馬の写真館「上野撮影局」とは

坂本龍馬 幕末

坂本龍馬

 

上野撮影局は1862年に長崎で開業しました。

この写真館では、多くの幕末で活躍した志士や明治時代の高官など多くの人を撮影しました。

偉人だけでなく力士や外国人などさまざまな人物の撮影もしています。

最初に、坂本龍馬(さかもとりょうま)の立っている写真について、この写真は日本史の教科書や資料集など何回か見たことがあると思います。

この坂本龍馬の写真は上野彦馬が撮ったといわれていましたが、最近の研究では上野彦馬の弟子が撮影したということが有力となっています。

次に、高杉晋作(たかすぎしんさく)の座っている姿の写真は上野撮影局の評判を聞いて撮影したといわれています。

高杉晋作が長崎を訪問した際、上野撮影局に立ち寄ったそうです。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派


 

現在の上野撮影局は

 

現在、上野撮影局の建物などは残されていません。長崎市内に上野撮影局のモニュメントが残されています。

上野撮影局跡には当時のカメラの模型が残されています。幕末のカメラを見ながら、当時坂本龍馬や高杉晋作がどのようにして写真を撮ったのか

想像することができます。

上野撮影局跡前に上野彦馬宅跡の碑が残されています。上野撮影局はロシアのウラジオストクなど海外に視点を持っていたことでも有名です。


  

 

 

中岡慎太郎の謎の女性の写真はどこで撮影された?

 

中岡慎太郎の写真といえば、右手で頬杖をついて首をかしげてこぼれるような白い歯を見せて笑っている写真や女性とツーショット写真が有名です。

なお、女性とツーショット写真については女性の部分が黒く塗りつぶされているものもあります。

坂本龍馬と高杉晋作など武士の写真のように真面目な表情をした写真もあります。

これらの中岡の写真は上野撮影局で撮影されてなく京都で撮影されたものです。

京都の「西洋伝法写真処」は女性モデルを使って、被写体の侍と組み合わせて撮影することをやっていることで有名になっていました。

京都西洋伝法写真処を利用した偉人では、新選組局長の近藤勇(こんどういさみ)が有名です。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

ここでは、最初に上野彦馬に関するエピソードについて取り上げます。

上野彦馬は坂本龍馬や高杉晋作などの偉人の撮影で有名になりました。上野彦馬の功績を讃えて、若手写真家の発掘と育成を目的として

「上野彦馬賞九州産業大学フォトコンテスト」が九州産業大学と毎日新聞社が主催して開かれています。

今後、活躍が期待される写真家が出てくるか期待されます。

 

関連記事:島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情

関連記事:沖田総司とはどんな人?本当にイケメンで彼女はいたの?

 

【幕末のエンジニア達】
幕末のエンジニア達

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく…
  2. 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪
  3. 近藤勇の好物「たまごふわふわ」とは? 新選組局長も食べた卵料理レ…
  4. 明治政府の教育改革・学制とは?
  5. 吉田松陰(極悪顔) 尊皇攘夷とは一体何なの?幕末の志士達が唱えた言葉に迫る!!
  6. 幕末 帝国議会 【明治の民主化運動】自由民権運動とはどんな運動?
  7. 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの?
  8. 橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 頭痛に悩む曹操
  3. 卑弥呼
  4. ボロボロになった馬超
  5. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  6. 弓矢を構える李広
  7. 鍾会
  8. 顔良を討ち取る関羽

おすすめ記事

  1. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 朱桓(しゅかん)
  2. 恩赦って何?諸葛亮は恩赦嫌いだった 呉懿と孔明
  3. ハチミツをもらえなくて袁術は死亡?ハチミツ皇帝袁術の死の過程 袁術の最後
  4. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 法正と張松
  5. 『三国志演義』についてのびっくりな逸話を分かりやすく紹介 饅頭を作る孔明
  6. 「月刊はじめての三国志7月号」6月25日(火)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー

三國志雑学

  1. 白馬義従の公孫サン
  2. 法正
  3. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  4. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 歯痛の中国史 特集バナーver.2
  2. 饅頭を作る孔明
  3. kawauso
  4. 劉備を警戒する陳羣
  5. 呉の周瑜、孫策、程普
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々! 曹操VS袁紹 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操 曹叡から可愛がられる孫資 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い 幕末 魏呉蜀 書物 太古の怪物図鑑山海経とは?普通の人が出てこない怪物図鑑 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる! 高杉晋作 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は? 【バーサーカー/呂布奉先】Fate/EXTELLA LINK だるーんラバーストラップコレクション Vol.2 引用 呂布がfateのサーヴァントとして登場したのはいつ頃なの? 司馬遷(しばせん) 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP