呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

西郷どん

上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家



上野彦馬

画像:上野彦馬 Wikipedia

 

今回は幕末の写真家上野彦馬について取り上げます。上野彦馬についてはこれまでに『中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?』で、

中岡慎太郎と謎の女性の関係について取り上げました。この記事では、上野彦馬を中心に取り上げます。

 

関連記事:井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?

関連記事:橋本左内には写真が存在するの?

 

 

上野彦馬とは

スタジオカメラ

画像:19世紀のスタジオカメラ Wikipedia

 

1838年、上野彦馬は上野俊之丞(うえのとしのじょう)の次男として長崎に生まれました。

上野俊之丞は幕末に銀板写真を伝えた人物で、島津斉彬(しまづなりあきら)の写真を撮った人物として有名です。

上野彦馬は江戸時代の儒学者広瀬淡窓(ひろせたんそう)の私塾・咸宜園(かんぎえん)で学んだ後、オランダ人軍医に師事するために医学伝習所に入ります。

オランダの書物から湿板写真術を知り、関心を持ちました。このことが上野彦馬の写真家となるきっかけとなります。

上野は長崎で化学を学びました。化学の勉強だけでなく、海外のプロ写真家が来日したときに写真の指導も受けています。

1862年に故郷の長崎に戻って上野撮影局を開業しました。この写真館は日本初の写真館であるといわれていましたが、

前年に鵜飼玉川(うかいぎょくせん)が神戸市内で写真店を開業していたという記録が残っています。

上野は1877年に日本で初めて西南戦争の戦跡を撮影しました。日本初の従軍カメラマンとして知られるようになります。

 

 

上野彦馬の写真館「上野撮影局」とは

坂本龍馬 幕末

坂本龍馬

 

上野撮影局は1862年に長崎で開業しました。

この写真館では、多くの幕末で活躍した志士や明治時代の高官など多くの人を撮影しました。

偉人だけでなく力士や外国人などさまざまな人物の撮影もしています。

最初に、坂本龍馬(さかもとりょうま)の立っている写真について、この写真は日本史の教科書や資料集など何回か見たことがあると思います。

この坂本龍馬の写真は上野彦馬が撮ったといわれていましたが、最近の研究では上野彦馬の弟子が撮影したということが有力となっています。

次に、高杉晋作(たかすぎしんさく)の座っている姿の写真は上野撮影局の評判を聞いて撮影したといわれています。

高杉晋作が長崎を訪問した際、上野撮影局に立ち寄ったそうです。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

現在の上野撮影局は

 

現在、上野撮影局の建物などは残されていません。長崎市内に上野撮影局のモニュメントが残されています。

上野撮影局跡には当時のカメラの模型が残されています。幕末のカメラを見ながら、当時坂本龍馬や高杉晋作がどのようにして写真を撮ったのか

想像することができます。

上野撮影局跡前に上野彦馬宅跡の碑が残されています。上野撮影局はロシアのウラジオストクなど海外に視点を持っていたことでも有名です。

 

中岡慎太郎の謎の女性の写真はどこで撮影された?

 

中岡慎太郎の写真といえば、右手で頬杖をついて首をかしげてこぼれるような白い歯を見せて笑っている写真や女性とツーショット写真が有名です。

なお、女性とツーショット写真については女性の部分が黒く塗りつぶされているものもあります。

坂本龍馬と高杉晋作など武士の写真のように真面目な表情をした写真もあります。

これらの中岡の写真は上野撮影局で撮影されてなく京都で撮影されたものです。

京都の「西洋伝法写真処」は女性モデルを使って、被写体の侍と組み合わせて撮影することをやっていることで有名になっていました。

京都西洋伝法写真処を利用した偉人では、新選組局長の近藤勇(こんどういさみ)が有名です。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

ここでは、最初に上野彦馬に関するエピソードについて取り上げます。

上野彦馬は坂本龍馬や高杉晋作などの偉人の撮影で有名になりました。上野彦馬の功績を讃えて、若手写真家の発掘と育成を目的として

「上野彦馬賞九州産業大学フォトコンテスト」が九州産業大学と毎日新聞社が主催して開かれています。

今後、活躍が期待される写真家が出てくるか期待されます。

 

関連記事:島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情

関連記事:沖田総司とはどんな人?本当にイケメンで彼女はいたの?

 

【幕末のエンジニア達】
幕末のエンジニア達

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  2. 井伊直弼には家紋が二つあるのはどうして?
  3. 大村益次郎 幕末 桂小五郎と大村益次郎の出会いが維新にシナジー効果を起こす
  4. 女と金 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載
  5. 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ
  6. 高杉晋作 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は?
  7. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 近代日本の税制改革・地租改正とは?太閤検地から江戸時代まで解説
  8. 衝撃!江戸時代は1862年に終った?一会桑政権vs明治政権の戦い…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蒼天航路
  2. 陳平
  3. 劉邦

おすすめ記事

  1. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの? 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  2. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは? 項羽
  3. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの? 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 関羽と関索
  5. 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦 豊臣秀吉 戦国時代
  6. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ 孔明

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 諸葛一族
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志大学を目指す曹操
  2. キングダム
  3. キングダム
  4. 荀彧(はじめての三国志)
  5. キレる織田信長

おすすめ記事

漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた! 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇 孔明 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる! 悪い顔をしている諸葛亮孔明 【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!? 袁紹 もしも、陳宮が呂布ではなく袁紹を支持して兗州を取らせたらどうなる?【if三国志】 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】 荊州争奪戦 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです 東京五輪のボランティア いだてん 東京五輪終了後、競技施設と選手村はどうなるの?【レガシー問題】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP