ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

西郷どん

徳川慶喜とおばあちゃんの原宿「巣鴨」の意外な関係

徳川慶喜(幕末)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

徳川慶喜(幕末)

 

今回は徳川慶喜(とくがわよしのぶ)巣鴨(すがも)との関係について取り上げます。徳川慶喜と巣鴨との間に関係があるということで、14代将軍徳川家茂(とくがわ いえもち
)
の将軍後見職に就任してから巣鴨に住むようになったと思いがちですが、違います。

 

徳川慶喜は将軍に就任したとき二条城にいました。大政奉還(たいせいぼうかん)をしたときも二条城(にじょうじょう)にいました。この記事では、徳川慶喜の経歴を紹介してから、巣鴨に住んでいた頃の話について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 


 

徳川慶喜の経歴

酒乱の徳川慶喜

 

徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔』によれば、1837年に水戸藩で生まれました。父は水戸藩主の徳川斉昭(とくがわ なりあき
)
で、尊王攘夷派で有名でした。水戸藩は他の御三家とは異なり、尊皇の意識が強い藩で天皇家との結びつきが強かったといわれています。慶喜も天皇家との結びつきが強い環境で育ちました。

 

13代将軍徳川家定の将軍後継者争いに敗れ、謹慎生活を送りましたが、桜田門外の変井伊直弼が暗殺されると政治の世界に復帰しました。将軍後見職として14代将軍徳川家茂を補佐しました。

 

14代将軍家茂が長州征伐の途中で病死すると、15代将軍に就任しました。15代将軍になると1年足らずで政権を朝廷に返上する大政奉還を行いました。

大政奉還後、戊辰戦争が起こりましたが、朝廷に恭順の意思を示し、謹慎生活を送りました。謹慎生活を通して恭順の意思を示したことが認められ、徳川宗家が残ることになりました。慶喜は家督を譲り、静岡で隠居生活を送りました。

 

静岡で20年間の隠居生活を始めましたが、1897年に東京の巣鴨に移り住みました。東京に移り住むと旧江戸城内に参内して明治天皇に拝謁しました。東京に移り住んでから貴族院議員を務めましたが、議員を辞めてから隠居生活を再開しました。1913年に77歳で死亡しました。

 


 

徳川慶喜の巣鴨の屋敷

 

徳川慶喜は1897年から4年間貴族院議員として政治の舞台で活動しました。その4年間の議員生活において巣鴨を拠点としました。巣鴨の慶喜の屋敷跡は巣鴨駅の側にありましたが、その場所に石碑が立っています。

 

説明板によれば、巣鴨の屋敷の庭に梅が植えられていたようです。町の人たちからは「ケイキさんの梅屋敷」と呼ばれていました。ケイキさんと慕われていたことから慶喜の人柄を知ることができます。

 

1901年に貴族院議員を辞めると、巣鴨の屋敷から文京区小日向第六天町の高台の屋敷に移り住みました。巣鴨の屋敷近くは電車が通り過ぎていた交通の多い場所で、慶喜は騒音を嫌っていたといわれています。


 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は巣鴨と徳川慶喜との関係について取り上げました。大政奉還後、20年間の静岡での隠居生活を経て、貴族院議員として政界に復帰しました。貴族院議員だった頃に巣鴨に住んでいたことが分かりました。

 

徳川慶喜は4年間住んでいました。地元の人々からケイキ様の梅屋敷として親しまれてきましたが、慶喜本人は電車の騒音を嫌って文京区の高台の屋敷に移り住みました。慶喜は病気で死亡する1913年まで文京区の屋敷に住みました。

 

現在、文京区の屋敷の大半は国際仏教学大学院大学となっています。この大学の正門には徳川慶喜の屋敷跡を示す石碑が立っています。アクセスについては東京メトロの最寄りの駅から徒歩圏内の場所にあります。有楽町線「江戸川橋駅」から徒歩10分、東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」から徒歩12分、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩16分の場所です。

 

徳川慶喜は静岡の隠居先でケイキ様として人々から慕われていました。巣鴨の屋敷がケイキ様の梅屋敷と呼ばれていたことから、徳川慶喜は全国規模で「ケイキ様」で慕われていたのかもしれません。慶喜の人柄を知ることができます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 幕末 帝国議会 【明治の民主化運動】自由民権運動とはどんな運動?
  2. 阿部正弘 阿部正弘には子孫がいるの?子孫もイケメン?
  3. 島津斉彬 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育…
  4. 三条実美 三条実美とはどんな人?尊王攘夷派だが岩倉具視と仲が悪かったエリー…
  5. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく…
  6. 長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由
  7. 篤姫 篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある…
  8. 木戸松子 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明君のジャングル探検
  2. 環夫人
  3. 趙雲子龍
  4. 悪党(鎌倉)
  5. 曹操 健康
  6. 孔明の罠

おすすめ記事

  1. 戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く 武田騎馬軍団 馬場信春
  2. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー 袁紹が宦官を惨殺に行く
  3. 孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!? 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は? 鎌倉時代の侍
  5. え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?
  6. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった! 王翦

三國志雑学

  1. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  2. 三国志大学を目指す曹操
  3. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め
  4. 何晏
  5. 羅貫中と関羽


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権は皇帝
  2. 呉の勢力を率いる孫策
  3. 秦明
  4. キングダム54巻amazon
  5. 邪馬台国VS狗奴国
  6. キングダム54巻amazon
  7. 孔明と姜維

おすすめ記事

天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離 烏桓族 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編 キングダム54巻amazon キングダム599話雑学「趙が滅んだ原因は悼襄王ではなく父の孝成王のせい?」 対立する西郷隆盛と大久保利通 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 三国志時代の牢獄 こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる… 年を取った司馬懿 司馬懿の生い立ちと家系の謎に迫る!司馬懿が生まれた時代背景まで解説 法正と張松 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 劉雄鳴は三国志の仙人 劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP