呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

列子

【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話

道具を輸送する民人




幕末 魏呉蜀 書物

 

列子れっし』は「朝三暮四ちょうさんぼし」や「杞憂きゆう」のお話が載っている道家の思想書です。

道家というと、老荘思想ろうそうしそう
とか仙人とかのイメージがありますよね。

『列子』には「朝三暮四」のような通俗的な逸話だけでなく、哲学としての老荘思想を説いたような話も載録されています。

本日は、『列子』の天瑞篇で「道」について説明されている哲学的な部分を読んでみましょう。

 

関連記事:【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?

関連記事:【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

 

 

「道」とは何ぞや?

 

今回ご紹介する話の中では、まず最初に、形のあるものは必ず滅びると述べられています。

そうして、次のような文章が続きます。

 

それでは、「道」は終わることがあるのだろうか。

いやいや、「道」は元来(がんらい)、始めもなければ終わりもないのである。

では、「道」はなくなってしまうのだろうか。

いやいや、「道」は元来、〔形や終わりのある〕万物のような存在(もの)ではないのだ。

 

「道」って、なんじゃらほい。「道教」の「道」なんでしょうけれども……

続きを読んでみましょう。

 

およそ、すべて生あるものは、「不生(せいなき)」のもの、すなわち生成変化消滅を超越した宇宙の根源(おおもと)である「道」に帰ってゆき、すべて形あるものは、「無形(かたちなき)」のもの、すなわち形のない宇宙の根源である「道」にと帰ってゆく。

そして、この「不生」のもの、すなわち生成変化消滅を超越した根源である「道」は、元来なんら生命力を持たぬ単なる「不生」のものとは違うし、この「無形」のもの、すなわち形のない根源である「道」は、元来なんら姿・形を持たぬ単なる「無形」のものとは全く違うのである。

 

道というのは、物質世界のあれこれとは別次元のもので、宇宙の運動の根本を司っているものだ、っていうような感じでしょうかね?? 分かるような分からないような……

 

人生において死とは当然の帰着である

 

「道」の説明の後には、道理に従った人生のありかたが述べられます。

 

すべて万物として生まれてきたものは、理の当然として必ず終わるとき(消滅・死)があるのである。

終わるときがあるものが終わらないわけにいかないのは、(あたか)も生まれてくるものが生まれてこないわけにいかないのと同様〔に真理〕なのである。

それなのに、その〔万物としての〕生を永久不滅のものとし、その終わり(消滅・死)をなくそうとするのは、それこそ理の当然に戸惑ったものといわねばならぬ。

 

おや、道教=神仙思想というようなイメージがありましたが、ここでは神仙思想を否定するような感じですね。道教、神仙思想、老荘思想、って、きっとそれぞれ意味が違うのでしょう……。

 

あるべき場所へ帰るのみ

 

さて、上では死が人生の当然の帰着であることが述べられていました。

このあとの部分が、私は個人的にとても好きです。

 

〔人が死んで、〕精神が肉体から分離すると、分離した精神と肉体はそれぞれ本来の住処〔である天と地〕に帰ってゆく。

そこで死んだ人間をば指して「鬼(き)」というのである。

「鬼」とは帰(き)すなわち帰(返)るという意味であり、その「真宅」すなわち本来の住処に帰ってゆくことをいう。

だからこそ、黄帝も「人間の精神はもと出てきた(でいりぐち)(天)に戻ってゆき、肉体はその生まれてきた根本(おおもと)(地)に帰ってゆく。もはやこの自分などはいったいどこに存在しようか」と言っておられるのである。

 

人間は生きている間は精神も肉体も自分のもののように思っていますが、死ねばそれぞれが帰すべきところに帰って行くのだそうです。

ここで述べられている死は、道理に従って動いてゆくだけの自然なことであるようです。

道理に従っているだけ、と思うと、自分の何もかもが「道」に受け入れられているようで、何も悩んだり恐れたりしなくていいのかな、と思えてきませんか?

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンさん

 

『列子』の中には、人間の一念によって物理原則を超越することができるという現世利益的な思想を述べている逸話もあれば、今回ご紹介したような、あるがままを受け入れるという哲学を説いた部分もあります。

道教の様々な様相を見ることのできる奇書といえるでしょう。

 

参考文献: 小林勝人訳注 『列子』 岩波文庫 1987年1月29日

※記事の中で引用した文章はこの本によりました。

 

関連記事:キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う
  2. 毛沢東(もうたくとう) 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説…
  3. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もな…
  4. 程普 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話…
  5. 幕末 魏呉蜀 書物 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書
  6. 生姜を買ってくる左慈と曹操 『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由
  7. 袁術 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学
  8. 劉備を警戒する王粲 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 張飛にお酒はだめだよ
  3. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  4. 始皇帝(キングダム)
  5. 大山巌
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想? 孔子と儒教
  2. 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? 庶民、村人の家
  3. 上杉謙信はもしかして暗殺されたのかもしれない?暗殺説を解説! 亡くなる上杉謙信
  4. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  5. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話 郭嘉を採用する曹操
  6. 脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

三國志雑学

  1. 玉璽 三国志
  2. 呉蜀と魏に二股をかけている孫権
  3. 関羽は神様
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉備
  2. 王翦
  3. 鍾会を説得する姜維

おすすめ記事

【9月の見どころ】9月に公開予定:孔子と10人の弟子 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者? 黄蓋 弱きを助け強きを挫く!異民族をも信服させた黄蓋の魅力とは 張飛の男気人生 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か? 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王 はじめての三国志 画像準備中 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP