三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

徳川将軍珈琲とは?徳川慶喜が味わったコーヒーを再現する!

徳川将軍珈琲 amazon引用




徳川慶喜(幕末)

 

これまで徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の記事において、静岡での隠居生活での趣味に関するエピソードを取り上げてきました。しかし、これまでの記事において徳川慶喜のコーヒーに関する内容を取り上げませんでした。今回の記事では、徳川慶喜がコーヒー好きになった経緯と幕末のコーヒーの再現について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 





 

徳川慶喜とコーヒー

 

ここでは徳川慶喜とコーヒーとの出会いについて取り上げます。慶喜が15代将軍になった頃、パリで万国博覧会が開催されていました。弟で水戸藩主の徳川昭武(とくがわ あきたけ
)
が将軍慶喜の名代として出席しました。

 

当時、日本からパリまで50日近くかかる船旅でしたが、名代の徳川昭武は毎日フランス料理を食べていたといわれています。船旅でコーヒーを味わったといわれています。昭武の日記にコーヒーを飲んだ感想が書かれています。一方で、昭武以外の帯同していた日本人はコーヒーを飲んで苦い・焦げ臭いという感想を口にしていました。

 

将軍の名代として徳川昭武はパリ万国博覧会に出席していましたが、15代将軍慶喜が大政奉還(たいせいほうかん)をしたことに伴い、帰国しました。戊辰戦争(ぼしんせんそう)勃発後から徳川慶喜は朝廷に恭順(きょうじゅん)の意思を示すために謹慎生活を送っていましたが、謹慎が解かれて静岡で隠居生活を送るようになってからコーヒーを飲むようになったと思われます。

 

1893年、徳川慶喜は自宅のコーヒーが底をついたので、東京の出入り業者に隠居生活をしていた静岡の自宅に送り届けるように依頼したという記録が残されています。また、1897年にもコーヒーを送り届けさせたという記録があります。

 




 

幕末のコーヒーを再現する

徳川将軍珈琲 amazon引用

 

2017年9月25日に徳川慶喜家の4代目で慶喜のひ孫に当たる徳川慶朝(とくがわ よしとも
)
氏が亡くなりました。生前、茨城県ひたちなか市に本店がある「サザコーヒー」が慶朝氏と連携して徳川将軍珈琲を販売したことで話題になりました。President Onlineでは、徳川慶喜が味わったコーヒーを再現する様子が紹介されています。

 

徳川慶朝氏はカメラマンで都内の有名店に長年通いつめるぐらいコーヒーが好きでした。サザコーヒーと連携して幕末のコーヒーを再現するに当たって、慶朝氏はサザコーヒーにコーヒーの焙煎を学んだことがあります。

 

幕末のコーヒーはインドネシア産スマトラコーヒー豆の深煎りでした。当時のインドネシアはフランスの植民地でした。フランス産コーヒーはミルクとの相性が抜群で、徳川昭武は日記の中でもコーヒーとミルクとの相性について書かれています。

 

幕末のコーヒーを再現したコーヒーは「徳川将軍珈琲」としてサザコーヒーで販売されています。

 

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は徳川慶喜とコーヒーとの関係について取り上げました。慶喜の弟の徳川昭武を通してコーヒーが伝えられたことが分かりました。静岡での隠居生活でコーヒーを注文していたという記録が残されていることも分かりました。

 

コーヒー好きな人は何杯も習慣で飲む読者がいるかもしれませんが、徳川慶喜と弟の徳川昭武も何杯もコーヒーを飲む習慣があったのかもしれません。幕末の当時のコーヒーを再現したコーヒーは「徳川将軍珈琲」としてサザコーヒーで購入することができます。コーヒー好きの読者に勧めたいと思いました。

 

最後に、将軍だけでなく庶民にコーヒーが広まったのは明治に入ってからといわれています。1888年に上野に開かれた可否茶館が日本で最初の喫茶店であるといわれています。その後、喫茶店が相次いで開業し、日本人の間にコーヒーが広まりました。

 

自動販売機やコンビニで購入できる缶コーヒーやインスタントコーヒーが私たちの生活の中で身近な存在となっていますが、インスタントコーヒーや缶コーヒーが普及したのは戦後です。上島珈琲が1970年の大阪万博をきっかけに缶コーヒーの売り上げを伸ばしました。缶コーヒーはUCCとして有名です。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 明治政府最初の対等条約―日清修好条規―
  2. 平野国臣 平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは?
  3. 一条美賀子 一条美賀子とはどんな人?徳川慶喜の正室だった病弱な美女を解説
  4. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?
  5. 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保の死は自業自得だった!政治を私物化した男の最期
  6. 徳川家を守った篤姫 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える!
  7. 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説
  8. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 桂小五郎(木戸孝允)
  2. 梁興と馬騰
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 城 銅雀台
  5. 曹操に降伏する教祖・張魯
  6. 司馬朗と司馬防

おすすめ記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  2. 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話
  3. ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略
  4. ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪
  5. なぜ古墳は作られたのか?成立時期、建設理由を徹底解説 前方後円墳(古墳)
  6. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

三國志雑学

  1. 老荘思想(ろうそうしそう)
  2. 王昭儀
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜
  2. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 諸葛誕
  5. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる

おすすめ記事

法正に敗れる夏侯淵 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ? 残忍な曹丕 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀 キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ? 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】 三国志演義が今どき嫌われる理由 袁術君 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん) 濡須口の戦いって何?どうして何度も戦争になるの

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP