大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

大隈重信 / 引用 wikipedia

 

今回は大隈重信(おおくま しげのぶ
)
について取り上げます。大隈重信は明治大正時代にかけて総理大臣を務めた人物で、教育では東京専門学校(後の早稲田大学)を立ち上げた人物で有名です。

 

大隈重信の生涯を年表でまとめると中身が濃いと言えるかもしれません。この記事では、大隈重信について幕末まで、明治時代、大正時代の3つの時期に分けて紹介します。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】

関連記事:幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの?

 


 

佐賀藩士時代の大隈重信

大隈重信

 

大隈重信は1838年に佐賀藩士の長男として生まれました。佐賀藩の藩校に入学した頃から国学や蘭学を学びました。藩校に入学した頃から尊皇派として活動を始めると同時に西洋の情勢に関心を持っていました。

 

1867年に大隈は佐賀藩士の副島種臣とともに将軍だった徳川慶喜に大政奉還を勧めるために脱藩して京都へ赴きました。しかし、逮捕され佐賀に送還されました。このとき1ヶ月の謹慎処分を受けています。

 


 

明治時代の大隈重信

 

謹慎が解かれた大隈重信は、明治政府で徴士参与職と外国事務局判事に任命されました。佐賀藩士時代に外国語を勉強していたことが評価されたと考えられます。外国事務局判事になるとイギリス公使パークスとの交渉で手腕を発揮しました。

 

外国事務局判事だけでなく、金融行政にも関わり、新貨条例の制定に貢献しました。官営の富岡製糸場の設立などの殖産興業(しょくさんこうぎょう
)
政策や地租改正などの税制にも力を入れます。1873年から大蔵卿になりました。

 

1881年に明治十四年の政変で大隈重信は失職し、政府を去りました。下野すると、板垣退助の自由党に対抗して立憲改進党という政党を立ち上げました。学問では、東京の早稲田に東京専門学校を設立しました。東京専門学校は後の早稲田大学となっています。

 

伊藤博文が再び総理大臣になると、大隈重信は外交手腕を高く評価され、外務大臣に就任しました。伊藤博文の後の黒田清隆内閣でも大隈は外務大臣として留任しますが、外国人判事の任用問題で反対派から爆弾による襲撃を受けました。この襲撃事件で、大隈は右足を失い、外務大臣を辞任しました。

 

1896年、大隈重信は第2次松方内閣で再び外務大臣に就任しますが、閣内での対立で辞職しました。1898年に板垣退助らと憲政党を結成し、内閣総理大臣となりましたが、対立が生じて内閣を総辞職することになりました。

 

1907年に政界を引退し、早稲田大学の総長に就任するなど文化面で活動を始めました。


 

大正時代の大隈重信―政界に再登板―

 

大隈重信が政界から引退した頃、陸軍出身の桂太郎と貴族院出身の西園寺公望が交互に総理大臣を担当していた桂園時代が続いていました。閥族打破を目指して第一次護憲運動が活発になりました。第一次護憲運動とともに大隈は政界に復帰します。

 

1914年のシーメンス事件で辞職した山本権兵衛内閣の後を受けて、第二次大隈内閣を組閣しました。第二次大隈内閣の頃、第一次世界大戦で中国の袁世凱政権に対して21ヵ条の要求を出しました。1916年に大隈重信は内閣総理大臣を辞職し、完全に政界から引退しました。


  

 

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は大隈重信について取り上げました。大隈重信は右足を襲撃事件で失いましたが、右足はホルマリン漬けで保存され、現在も残されています。早稲田大学には実際に大隈が使用していた義足が展示されています。

 

最後に、プロ野球などで行われる試合開始前の始球式について取り上げます。始球式の場合、ストライクゾーンから外れていても必ずバッターが振るというのが習慣になっています。これは大隈重信の投球をボールしてはいけないと考えたバッターがわざと空振りをしたことがルーツといわれています。

 

大隈重信と同じ外務大臣を務めた人物で右足を失った人物では、重光葵がいます。重光葵について注目したいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:【形勢不利の薩長】一発逆転の王政復古大号令の影響力とは?

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

 

 

関連記事

  1. 幕末78-7_山岡鉄舟
  2. 幕末66-5_松平慶永
  3. 大久保利通 幕末
  4. お酒が強い篤姫
  5. 幕末 帝国議会




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP