呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

本多忠勝の身長はどれくらい?愛用の蜻蛉切や黒糸威胴丸具足から身長推測

本多忠勝




本多忠勝

 

徳川四天王の一人・本多忠勝(ほんだ ただかつ
)
。本多忠勝は13歳で初陣を飾った後、ずっと戦陣に明け暮れていた武辺者です。

 

武田信玄(たけだしんげん)は本多忠勝の武辺を「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八」と褒めちぎっていました。そんな武辺者・本多忠勝の身長は一体どれくらいあったのでしょうか。

 

関連記事:立花宗茂とはどんな人?大河ドラマ希望ナンバー1武将の人気に迫る

関連記事:徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?

 

 

本多忠勝の身長はどれくらいあったの!?

本多忠勝 / wikipedia 引用

本多忠勝 / wikipedia 引用

 

本多忠勝の身長はどれくらいあったのでしょうか。実は本多忠勝の身長の詳細についてはわかっていません。

しかし本多忠勝が戦に使用していた甲冑等から推測することはできます。

 

 

本多忠勝愛用の蜻蛉切から身長推測

 

本多忠勝は戦に赴く際、必ず一本の槍を手にしていたそうです。その槍の名前は蜻蛉切と言います。この槍の名前ですが、蜻蛉切(とんぼきり)の槍の穂先にトンボが止まって真っ二つになったことが由来になっているそうです。蜻蛉切の長さは全体で二丈(約6メートル)程の長さで、装重量は500グラムほどだったそうです。

 

このチョー長い槍をぶん回すにはかなりの筋肉と身長がなければ振り回せなかったでしょう。そのため本多忠勝の身長は蜻蛉切から推測するに170センチ以上はあったのではないかと推測できます。次に本多忠勝が愛用していた鎧から身長を推測してみたいと思います。

 

本多忠勝愛用の黒糸威胴丸具足から身長推測

 

本多忠勝は愛用の蜻蛉切と一緒に黒糸威胴丸具足(くろいとおどしどうまるぐそく)の鎧を着て戦場へ出陣していたそうです。この黒糸威胴丸具足の鎧は胴高が39センチ、胴回りが122.5cmほどだったそうです。戦国時代に独眼竜(どくがんりゅう)と言われた伊達政宗(だて まさむね
)
は159.4センチ。彼が着用していた鎧の胴高は38センチでした。

 

そしてここから単純に計算して導き出すと本多忠勝の身長はあまり高くなく160センチを少し超えるほどだったと予測することができます。

6メートルもの長槍・蜻蛉切を振り回していたにも関わらず、意外と本多忠勝の身長が低かったのです。

 

戦国時代の大名の身長は?

 

本多忠勝の身長は160センチを少し超えるほどと予測しましたが、戦国時代に活躍していた大名たちの身長はどれくらいだったのか紹介したいと思います。本多忠勝の主君で江戸幕府初代将軍・徳川家康(とくがわいえやす)の身長は155センチ~158センチほどだったそうです。

 

また豊臣秀吉(とよとみひでよし)は154センチほどで家康とあまり変わらない身長でした。武田信玄(153センチ)も徳川家康羽柴秀吉(はしばひでよし)と同じくらいの身長だったそうです。

越後の龍で有名な上杉謙信(うえすぎけんしん)は上記で紹介した人々よりも身長が高く160センチほどだったそうです。

 

織田信長(おだのぶなが)はどの程度の身長だったのでしょうか。織田信長は約169センチほどで上記で紹介した人々よりも背が高く、顔も端正でイケメンだったそうです。

しかし戦国時代には現代人よりも大きな身長の人物がいました。

 

チョー高い巨人クラスの身長を持った大名たち

 

戦国時代には現代人よりもはるかに高い身長をもった大名がいました。斎藤道三(さいとう どうさん)の息子・斎藤義龍(さいとう よしたつ)は197センチほどあったそうです。

 

さらに豊臣秀吉の息子・豊臣秀頼(とよとみ ひでより)も斎藤義龍と同じように197センチほどあったそうで、体つきもがっちりしていたそうです。

これだけ背の高さがあれば、敵国の武将や他国の使者に対してかなりの威圧感を与えていたのではないでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は本多忠勝の身長と戦国時代の主要人物たちの身長を紹介しました。ここでもう一人だけ身長の高い人物を紹介しましょう。

それは北条家に仕える風魔軍団の棟梁・風魔小太郎(ふうま こたろう
)
です。彼は伝承ですが、身長が2メートルを超える大男だったそうです。

 

2メートル超えの身長を持った人なんて現代にもあまりいませんから、平均身長が157センチほどだった戦国時代でしたらバケモノみたいに思われていたかもしれませんね。

 

■参考文献 知識ゼロからの戦国武将入門編など

 

関連記事:【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた

関連記事:徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 真田丸 武田信玄 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった?
  2. 尼子晴久 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  3. 上杉謙信 【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦…
  4. 織田信長 織田信長は金平糖にメロメロだった!スイーツ男子は甘いお菓子を手作…
  5. 真田丸 武田信玄 織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!
  6. 武田騎馬軍団 馬場信春 武田信玄の騎馬隊は弱かった?真実を検証
  7. 戦国大名が抱えていた忍者集団を紹介
  8. 燃える本能寺 明智光秀の辞世の句とは?本能寺の変を正当化させるためだった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 城の前を掃除する孔明
  2. 豊臣秀頼 wikipedia引用
  3. 水滸伝って何? 書類や本
  4. 法正
  5. 過労死する諸葛孔明
  6. 大喬と小喬
  7. 孔子と儒教
  8. 曹操 健康
  9. 呉の孫権

おすすめ記事

  1. 東京五輪、ボランティアの条件とは?話題の「やりがい搾取」も紹介 東京五輪のボランティア いだてん
  2. はじめての三国志 読者アンケートのお願い
  3. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬超を追加しました
  4. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 漢の顔良(がんりょう)
  5. 【お知らせ】ソウルフルボイス vs 怪人 初の対決!
  6. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2 尹夫人 曹操

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 蜀の劉琦
  3. 五虎大将軍の馬超
  4. 魏の夏侯淵
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜と孫策
  2. 大政奉還した徳川慶喜
  3. 愛馬に乗る張遼
  4. 玉璽に興奮する袁術
  5. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

人心を得られなかった小覇王孫策の無残な最期 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ 【9月の見どころ】9/20公開予定:【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人? 孔子が最も愛した弟子 魏の夏侯淵 夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!? 旅 バイク 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図 はじめての三国志 画像準備中 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 『日経三国志』のテレビCMが、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞! 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP