キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた

張飛と本多忠勝




張飛と本多忠勝

 

はじめての三国志に住む歴史大好きネコ・廉です。

来年の大河ドラマ真田丸をより楽しむために、三国志の武将と真田丸に登場する戦国武将を比べてみました。

今回登場する武将は、徳川家一の強さを誇る本多忠勝と蜀の豪傑・張飛です。

この二人の強さを対比していきたいと思います。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事




大きな戦いや重要な戦いに無遅刻・無欠席で参加している忠勝と張飛

張飛 参上

 

本多忠勝は桶狭間の戦いの前哨戦である大高城に徳川家康と共に兵糧を輸送した時に初陣を飾ります。

彼はこの初陣以降、家康が行った戦いには一度も欠席することなく全て参加するという驚異的な記録を持つ人物です。

さて本多忠勝に匹敵する三国志の人物は彼しかいないでしょう。

蜀の猛将であり、五虎将軍に選ばれた姓は張。

名は飛。字は翼徳。そう張飛です。

彼の初陣は黄巾の乱です。

劉備と共に義勇兵を率いて各地の黄巾賊を討伐。

その後劉備と共に各地に戦場へ無遅刻・無欠席で参加し、つねに活躍します。




退却戦で大活躍

最弱武将

 

張飛は戦いの前線での活躍もさる事ながら、退却戦での活躍も凄まじいです。

長阪の戦いで彼は劉備軍のしんがりを任されます。

張飛は劉備を逃がすため、長阪という所で20人程度の配下と共に橋で曹操軍の大軍を迎え撃ちます。

彼はこの時橋を切り落とし、配下達に砂煙を起こさせ、大軍がいるように偽装します。

彼は追撃してきた曹操軍に向かって「燕人張飛ここにあり。死にたい奴からかかってこいや」と大音声で大喝。

曹操軍は彼の迫力にビビって前に進めなくなります。

また後ろの砂煙の多さから付近に大軍が潜んでいるとの錯覚を起こし、追撃を中断します。

劉備は長阪における張飛の活躍により、曹操軍の追撃から逃れることが出来きました。

 

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

関連記事:策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略?

関連記事:張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

 

本多忠勝の退却戦

photo credit: Thorny via photopin (license)

 

本多忠勝も張飛と比較しても遜色ない退却戦を行います。

家康と忠勝は二俣城近辺に出陣している武田軍を偵察するため出陣しますが、一言坂で武田軍と遭遇。

両軍は戦いに突入します。

家康は自軍の少なさを見て忠勝にしんがりを命じ、退却します。

忠勝は遭遇戦であるため自軍に不利な地形である一言坂の下で陣を敷きます。

武田軍は忠勝に猛攻を加えると同時に、別働隊を編成し、彼が陣取っている坂のさらに下に陣を敷き、忠勝軍の退路を塞ぐとともに挟撃を開始。

忠勝は武田軍に挟撃され大ピンチになりますが、坂の下にいる武田軍に敵中突破を敢行します。

坂の下に陣を敷いていた武田軍は、突如鬼気迫る形相で突撃してきた忠勝軍に恐れ、塞いでいた退却路を開けてしまいます。

家康は忠勝の奮戦により、退却は成功。

忠勝も敵中突破作戦が成功したことで城に帰還することができました。

張飛と忠勝は退却戦においても華々しい活躍を見せた点が共通点として挙げられます。

 

敵・味方から褒められる

長坂の戦い 張飛

 

忠勝はその剛勇ぶりが敵から恐れられると共に、褒められています。

武田の諸将は一言坂で活躍した忠勝を「家康に過ぎたるものが二つ有り。唐(から)の頭と本多平八(忠勝の事)」と褒めたたえます。

唐の頭とはヤクと言われる動物の尾毛を兜に付ける事で徳川家では強さの証になっていたそうです。

忠勝は天下人になった豊臣秀吉からも「日本第一の武将。古今に比肩する者がいない勇士。」と褒められています。

 

周瑜 美男子

 

張飛も曹操軍の参謀であった程昱(ていいく)から「一人で一万の兵に匹敵するほどの強さの持ち主」とその強さに恐怖すると共に評価されます。

また呉の大都督である周瑜(しゅうゆ)からも「劉備から関羽と張飛を切り離して、従えさせれば天下統一も夢ではない」と褒められ、彼は中国全土から高い評価を得る程の凄まじい強さを有しておりました。

忠勝と張飛の剛勇は敵を恐怖に陥れる強さを持つとともに、敵から大いにその強さを認められた点が似ていますね。

このように調べてみると以外に戦国武将と三国志の武将は似ている所がいっぱいありますね。

 

関連記事:夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

意外と類似点がなさそうな三国志と戦国時代の武将たちですが、このように三国志の事を知識として頭に入れておくと、来年の大河ドラマ「真田丸」をより一層楽しんでご覧になることが出来ると思います。

今回はここでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪

 

関連記事:【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!

関連記事:【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

関連記事:【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「十万本の矢」孫権・周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介
  2. はじめての三国志 画像準備中 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀…
  3. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!…
  4. 劉備勝ちまくり!仮想三国志 もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志
  5. 龐統 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  6. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  7. 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!?
  8. 北伐する孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. ダムが完成した蜀
  3. 城の前を掃除する孔明
  4. 酒乱の徳川慶喜
  5. 丸木舟(弥生時代)

おすすめ記事

  1. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 朝まで三国志 袁紹
  2. 第13話:袁術くん「部下をやる気にさせる正しく叱る方法」を紀霊から学ぶ
  3. 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族 諸葛誕
  4. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝 曹叡
  5. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説 三国志の地図(州)
  6. 【西夏】タングート族は塩を巡って北宋と何度も戦争!青白塩問題について解説 三国志のモブ 反乱

三國志雑学

  1. 曹操
  2. 朱然によって捕まる関羽
  3. 袁紹VS公孫瓚
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉姫
  2. 張飛の男気人生
  3. 漢の顔良(がんりょう)
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. おんな城主 直虎

おすすめ記事

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード 典韋にボコボコにされる成廉 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは? 曹洪と曹操 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法 夷陵の戦いで負ける劉備 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者 被害妄想で怯える韓馥 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP