キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

昔の日本は中国と比べるとかなり遅れてたらしいけど、漢代の頃はどんな感じだったの?

邪馬台国と魏軍の兵士




日本に目指さした孫権

 

現在、

日本と中国との間で

文化の違いを感じることはあっても

文明の違いを感じることは無いでしょう。

 

日本でも中国でも

皆スマホをいじりながら電車に乗っているし、

インターネットを通して

様々な物を気軽に購入することができます。

 

しかし、はるか昔

日本と中国には大きな文明の差がありました。

中国で人々が文字を木簡に刻んでいた頃

日本の人々は一生懸命

縄をよりよりしていたみたいな感じです。

 

正直、

未来人と原始人が場所こそ違えど

同じ時代に存在していたようなものだったのです。

そんな中国と日本ですが、

漢代にはどれほどの差が開いていたのでしょうか?

 

今回は

漢代の中国と日本の文明の差について

徹底分析していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【日本神話の逆襲】ニギハヤヒは出雲王国復興の為に邪馬台国を滅ぼした!

関連記事:邪馬台国最後の王ニギハヤヒの野望!カムヤマト(神武天皇)は操られた?

 

 

漢が400年の歴史を刻んでいる間、日本はずっと弥生時代

城銅雀台

 

漢王朝(かんおうちょう)は勉学に励む若者たちにとってありがたいことに

西暦1年を軸としてその前の約200年が前漢代、

その後の約200年が後漢代となっています。

とても覚えやすいですよね。

 

このように400年もの歴史を誇る漢王朝では

様々な制度や刑罰が整備され、

儒教(じゅきょう)の経典研究や

史記(しき)』などの歴史書の編纂に代表される

あらゆる文化が育まれ、

更には医学・天文学などの

自然科学分野も発展していきました。

 

一方、

日本はどうだったかといえば

弥生(やよい)時代真っ只中。

 

邪馬台国と卑弥呼軍

 

紀元前10世紀頃から

紀元後3世紀までが弥生時代に区分されていますから、

漢王朝が成立してから滅ぶまで

ずーっと弥生時代でした

 

弥生時代といえば

稲作が盛んに行われるようになり、

弥生土器がつくられたり

高床式倉庫がつくられたりした時代。

人々が学問に励んだり

文学を嗜んだりするなんて夢のまた夢…。

 

 

弥生時代といっても5期に分かれてるもん!

大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国

 

漢代の中国と日本のあまりの文明の差に

愕然としてしまう人は多いと思いますが、

そう肩を落とすことはありません。

 

弥生時代といっても

人々がずっと

原始人にちょっぴり毛が生えたような生活を

していたわけではありません。

1300年もの時間があったわけですから

やはり日本の人々の文明も

少しずつ発展していっていたようです。

 

実は弥生時代は

年代によって早期・前期・中期・後期・週末の

5つに区分されています。

この区分によれば

前漢代の日本は弥生中期、

後漢代は弥生後期であったようです、

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 

弥生時代には国だってたくさんあったんだぜ

 

東西南北に長い日本列島では

弥生時代を迎えるのにも地域によってタイムラグが発生していて

九州北部では紀元前10世紀頃から弥生文化が起こったのに対し

関東西部では紀元前3世紀頃に

ようやく弥生文化が起こったとされています。

 

そんな日本列島ですが、

前漢時代に対応する弥生中期を迎えた頃には

どの地域でも同じようなことが勃発していたようです。

同じようなことというのは「戦争」

西日本を中心に弥生中期のものであると考えられる

あちこちに傷のある人骨がたくさん発見されています。

 

また、

石で作られた剣や戈の他にも

銅で作られた剣や戈が

大量に発掘されているのです。

このことから、

弥生中期にはあちこちで多くの戦争が

起こっていたことが窺えます。

 

弥生時代の人といえば

のほほんと農耕に励んでいたイメージが強いですが

思いの外バイオレンスだったようです。

そしてもう1つおさえておきたいことが。

戦争が起こっていたということは

既に国らしいものが

複数できていたということが推察されます。

 

おそらく大きさでいえば

今の村や町くらいのものだったと思われますが、

弥生時代には既に国のような共同体が

できあがっていたのでしょう。

 

奴国なんて光武帝から金印も授かってるんだからね!

卑弥呼

 

弥生時代に国のようなものがあったであろうことは

漢委奴国王(かんのわのなのこくおういん)」と刻まれた金印が

福岡で見つかったことからも裏付けられます

 

後漢書(ごかんしょ)』にも

光武帝(こうぶてい)に奴国の使者が朝貢し、

印綬を授けられたとの記録が残っています。

おそらく奴国の王らしき人が

周辺諸国に自分の力を示すために

わざわざ漢の光武帝に使者を送ったのでしょう。

 

弥生時代には当然

大陸からの渡来人が日本に訪れていたはずですから

日本に住んでいた人々も

それなりに大陸の情勢などを

弁えていたのでしょうね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

中国で漢王朝が栄えていた頃、

日本ではずっと弥生時代で

人々は停滞した文明の中で

のんびり過ごしていたと思われがちですが、

国がつくられたり戦争をしたりと

少しずつ歩みを進めていたようです。

 

漢代以外にも

中国と日本の歩みを丁寧に比較すれば

また新しい視点を得られるかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る!

関連記事:邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?!

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝

 





chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??
  3. 呂壱と孫権 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  4. 釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術
  5. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  6. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…
  7. チャーチル 諸葛亮とイギリスの挙国一致内閣の人チャーチルとの共通点
  8. 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 奮闘する黄蓋
  2. 陳寿(晋)
  3. 夷陵の戦いで負ける劉備
  4. 西郷従道 幕末
  5. 聖徳太子の地球儀

おすすめ記事

  1. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) 曹仁
  2. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  3. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第40話「天正の草履番」
  4. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  5. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 孔明と龐統の両軍師
  6. 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード 城 銅雀台

三國志雑学

  1. 宦官
  2. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  3. 環夫人
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 政(始皇帝)
  2. 大山巌
  3. 凌統
  4. 部下をいじめる曹丕

おすすめ記事

徳川家康をボコボコにする武田信玄 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】 郭嘉 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!??? キングダム579話最新ネタバレ「十二日目の朝」レビュー 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 陸遜 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由 はじめての三国志 Webサイトリニューアルのお知らせ 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP