ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の性格はマジ○○だった!?裏切りや密会を好んだ男の性格分析

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

織田信長

織田信長

 

戦国時代は性格の悪い人がいっぱいいました。例えば織田信長(おだのぶなが)比叡山(ひえいざん)の僧侶をすべて殺害し、残虐な性格を示します。

また徳川家康(とくがわいえやす)は豊臣家を滅亡させるため、どうでもいいような事に因縁をつけて戦を起こしてます。

 

そして豊臣秀吉(とよとみひでよし)豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ)を後継者としながら、豊臣秀頼(とよとみ ひでより)が生まれると彼を後継者とするため、秀次に罪を見つけて殺害。戦国時代は上記三人の他にも多くの大名や戦国武将などあくどい性格をした人物がたくさんいました。

 

さて今回紹介する明智光秀も性格の悪い人物だったのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
「明智光秀 性格」
「明智光秀 裏切り」
「明智光秀 評価」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?

関連記事:明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関係も?

 


 

みなさんの明智光秀のイメージは??

明智光秀 wikipedia

画像:明智光秀 wikipedia

 

明智光秀(あけちみつひで)といえばみなさんはどのようなイメージを持ちますか。ウィキペディアに掲載されている光秀の肖像画では、明智光秀の肌が色白で、繊細そうな雰囲気の持ち主で、穏やかな目元をしている戦国武将だと想像しているのではないでしょうか。

 

ここで紹介した明智光秀のイメージとは対照的な明智光秀像がありました。

 


 

慈眼寺に秘蔵された明智光秀の木像

 

慈眼寺(じげんじ)と言う京都のお寺には明智光秀の木像が残っています。この木像の明智光秀は体格がよく、四角い顔でちょっと肥満体型です。

そしてこの木像の明智光秀は来た人を睨みつけるような鋭い目つきをしています。

 

皆さんがウィキペディア等で見る明智光秀の肖像画とは全然違う明智光秀ではないのでしょうか。

 

関連記事:明智光秀はどんな顔をしていたのか?イケメン男子だったの?


 

明智光秀の性格は??

明智光秀 麒麟がくる

 

上記で明智光秀のイメージを紹介しましたが、彼の性格をどのように想像していますか。明智光秀の性格は知識が豊富で教養のある人でしょうか。

それとも織田信長に叩かれたり、いじめられたりしながらも我慢して耐え続けている忍耐の人でしょうか。

 

多分みなさんは明智光秀の性格をこのようなイメージを持っていると思います。しかし上記の明智光秀のイメージは史実とはまったく違うのです。では史実の明智光秀の性格とはどのような性格なのでしょうか。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志


  

 

 

最悪な性格・明智光秀

ルイス・フロイス

 

史実の明智光秀はどういった性格の持ち主の人物なのでしょうか。宣教師ルイス・フロイスは実際に明智光秀に接しこのような感想を日記に記しています。ルイスフロイスによれば「明智光秀は裏切りや密会を好み、刑罰を科す場合刑罰で、独裁的な考え方の持ち主である。

 

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

 

また自分を偽装することを得意としている。戦いにおいては謀略を好んで行い、計略と策謀においては達人と言えるレベルの人物であった(一部改変)」と光秀を評価。

 

もしこのルイス・フロイスの日記が本当であれば、今までみなさまが持っていた明智光秀のイメージとはまったく違った人物になるのではないのでしょうか。そして明智光秀はウィキペディアに乗っている肖像画のような穏やかな雰囲気を持った人物ではなく、慈眼寺の木像のような人相をもっていたのではないでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

明智光秀がどれだけ最悪な性格をしていたのでしょうか。明智光秀の最悪な性格がわかるエピソードが残っているので紹介しましょう。

 

それは比叡山延暦寺の焼き討ち作戦です。明智光秀は比叡山延暦寺に篭城している僧侶すべてを皆殺しにする作戦を織田信長に進言していたのです。

 

その証左として明智光秀は比叡山延暦寺に攻撃を仕掛ける前に家臣の和田氏へ「是が非でも僧侶たちを皆殺しにするべきだ」と激しい言葉を連ねた手紙を送っています。そして明智光秀が上記の手紙を送ってから数日後、比叡山延暦寺は織田軍の攻撃を受けて燃え尽きてしまいます。

 

比叡山延暦寺を攻撃する作戦は織田信長が行ったとされていましたが、この作戦を強く織田信長に進言したのは明智光秀だったのです。

上記のエピソードから明智光秀がいかに最悪な性格を持った人物だったことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

・参考文献 明智光秀 残虐と謀略 一級史料で読み解く (祥伝社新書)

 

関連記事:明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼赤井直正

関連記事:明智光秀のイメージどうして三日天下に終わった?

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説
  2. 上杉謙信 上杉謙信の戦術・車懸りの陣とは?
  3. 黒田官兵衛 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  4. 武田信玄と徳川家康 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  5. 武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く
  6. 燃える本能寺 【応仁の乱】 もっとも激しい戦であった相国寺の戦い!
  7. 上杉謙信 上杉謙信は温泉が大好きだった!上杉謙信が愛した隠し湯 3選
  8. 織田信長 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三
  2. 東京五輪のボランティア いだてん
  3. 袁術
  4. 玄宗皇帝
  5. ホウ徳(龐徳)
  6. 孔明 東南の風
  7. 一条美賀子

おすすめ記事

  1. 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ
  2. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!? 司馬懿と曹爽
  3. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 呉の孫堅
  4. 【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの? 袁術をバカにする曹操と呂布
  5. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 王昭儀
  6. 読者の声『出陣した地図や相関図なんかがありますか?』(集計期間:2019年3月3日〜31日) 読者の声バナー(はじめての三国志)

三國志雑学

  1. 顔良を討ち取る関羽
  2. 孫権の髭
  3. 魏延の謀反を察する孫権
  4. 諸葛瑾


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  2. 朝まで三国志 劉備
  3. 徳川家を守った篤姫
  4. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2
  6. 関羽
  7. 朝まで三国志 劉表
  8. 顔良と文醜

おすすめ記事

曹操 孔明をチェック 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 李儒と三国志 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの? 怒る陳宮 陳宮は呂布が大嫌いで殺害を企んでいた!本当は呂布を裏切るつもりでいた陳宮 曹叡 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】 孫呉討伐戦の総大将に就任した杜預 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家 酔っ払う関羽 曹操が関羽や劉備に振る舞った熱燗の道具を考える 鮑三娘(関索の妻) 関索の嫁・鮑三娘はチョー美人だった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP