呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張飛の武器は蛇矛じゃなかった?蛇矛は三国志の時代の武器だった?

張飛が使う蛇矛




張飛の男気人生

 

劉備(りゅうび)の義弟・張飛(ちょうひ)

張飛といえば愛用の武器・蛇矛(だぼう)と共に戦場を駆け巡り、一騎当千の武力で劉備を支えた将軍として知っている方も多いと思います。

しかし張飛が愛用していた武器・蛇矛ですが、三国志では存在していなかったのです。

 

自称・皇帝
当記事は、
「張飛 武器」
「張飛 蛇矛
三国志 蛇矛」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介!

関連記事:孫策の最強の武器なんと・・・・言葉とハンコ(玉璽)

 

 

三国志演義で登場する蛇矛

張飛が使う蛇矛

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)の張飛は劉備関羽(かんう)と義兄弟の契りを交わした後、劉備・関羽と共に武器屋で武器を作ってもらいます。劉備はこの時、武器屋から「雌雄一対の剣」を作ってもらいます。関羽は「青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)」を武器屋から受け取ります。

 

そして張飛は「蛇矛」をもらいます。張飛の武器「蛇矛」は先端の刃の部分が蛇のようにうねり、柄の部分が長いところが特徴的。コーエーの有名な「三国無双」シリーズに登場する張飛が持っている武器を想像して頂ければわかりやすいと思います。こうして三人は武器を作った後、黄巾賊を討伐するべく義勇軍を結成して、黄巾賊討伐戦へ参加。

 

張飛は黄巾賊討伐戦後も劉備や関羽と共にいくつもの戦を蛇矛とともに駆け抜けることになります。上記は三国志演義のお話ですが、正史三国志の張飛は三国志演義ののように蛇矛を愛用して使っていたのでしょうか。

 

 

正史三国志では蛇矛の名前すら出てこない!?

 

三国志演義の張飛は蛇矛を愛用して戦場で活躍していましたが、正史三国志の張飛も三国志演義と同じく蛇矛を愛用していたのでしょうか。正史三国志蜀書・張飛伝を調べてみました。すると驚きの事実が判明します。

 

正史三国志蜀書・張飛伝では蛇矛の文字すら記載されていませんでした。ということは正史三国志の張飛は蛇矛を使っていないという事になります。

 

どうして正史三国志に蛇矛が登場しないのでしょうか。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

蛇矛は三国志の時代に武器だった!?

張飛

 

正史三国志蜀書・張飛伝には蛇矛の記載がありませんでしたが、どうしてなのでしょうか。それは蛇矛が三国志の時代に存在していないからです。

 

蛇矛が中国に登場するようになるのは三国志時代よりもずっと後年の明時代になってからようやく登場するようになります。そのため三国志時代には蛇矛なる武器は存在していないため、正史三国志には蛇矛が記載されていなかったのです。三国時代に蛇矛が存在していないことは上記でお分かりになったと思います。

 

では正史三国志の張飛はどのような武器を使っていたのでしょうか。

 

正史三国志で張飛が使っていた武器は??

長坂の戦い 張飛

 

正史三国志で張飛はどのような武器を使っていたのでしょうか。張飛が大活躍した長阪の戦いで矛を持って曹操軍と対峙したとの記載があり、正史三国志の張飛は矛を使って戦っていたそうです。

 

三国時代に張飛が使っていた矛は敵を刺したり、斬ったりして使用することができる武器ですが、かなりの重量があるそうです。そのため戦場で矛を使うにはかなりの体力と腕力など扱うのが難しいため、張飛のように体力があり、腕力にも優れた人物にはピッタリの武器だったのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

張飛の武器「蛇矛」は正史の三国志では使われていませんでしたが、劉備や関羽の武器も使われていなかったのでしょうか。正史三国志を調べてみると劉備の「雌雄一対の剣」も関羽の「青龍偃月刀」も記載がなくこれらの武器も創作上で作られた武器と言えるでしょう。

 

劉備の「雌雄一対の剣」や関羽の「青龍偃月刀」は三国志演義にだけ登場する創作上の物ですが、三国志演義に登場する全てが創作上のモノとは限りません。

 

赤兎馬にまたがる呂布

 

三国志演義に登場する呂布(りょふ)は「赤兎(せきとば)」と呼ばれる名馬に乗って戦場を駆け巡っていました。この三国志演義に登場する「赤兎」は正史三国志にも登場。

 

呂布はこの「赤兎」に跨って戦場で活躍していたそうです。そのため三国志演義に登場するモノ全てが創作されたモノとは限りませんが、劉備三兄弟が使っていた武器に関しては創作物で、正史三国志には残念ながら登場しない武器でした。

 

■参考文献 正史三国志蜀書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?

関連記事:三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操 耳で聞いて覚える三国志 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  2. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  3. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  4. 北伐する孔明 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化
  5. 劉備の黒歴史 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…
  6. 太史慈 太史慈と劉備はあの有名人を助けたら人生が変わった!?
  7. 幕末 魏呉蜀 書物 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人
  8. 孔明 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  2. 関羽
  3. 曹幹
  4. ロバ顔の諸葛瑾
  5. ロバ顔の諸葛瑾
  6. キングダム54巻amazon
  7. 信陵君
  8. 岡田以蔵(人斬り以蔵)

おすすめ記事

  1. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚 公孫攅と劉備
  2. 吉田松陰の思想を最も濃く受け継いでいたのは、前原一誠だった?! 前原一誠
  3. 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部
  5. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官
  6. 明智光秀の銅像はどこにある?坂本城跡と岐阜県のゆかりの地の明智光秀像を紹介 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

三國志雑学

  1. 曹操を裏切る陳宮
  2. 蒼天航路
  3. 袁燿(袁耀)えんよう
  4. 曹植
  5. 武器・農業器具を制作する張裔
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 蜀の外交官・鄧芝
  3. 劉備の黒歴史
  4. 曹操のお墓(曹操高陵)
  5. 王莽
  6. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

武帝は前漢の第7代皇帝 武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった? 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀のたたき上げの人生とは?苦労人・明智光秀の生涯を3分で理解 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪と景気との関係は?1964年と2020年東京オリンピックの違いは? 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】 上杉謙信 上杉謙信の生き方の原点は?武田信玄に塩を送った義の武将に迫る! 呉の孫権 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP