春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

この記事の所要時間: 556




項羽

 

楚の覇王 項羽(こうう)と、三国志最強の男、呂布(りょふ)は、

戦えば、どちらが強いのか?

 

項羽と呂布

 

歴史好きの男子ならば、必ず一度は考えてしまう夢のデスマッチ、

では、はじさんでは、敢えて時空を飛び越えて、二人に戦って頂きましょう。




400年の時空を超えて、項羽と呂布がまみえる・・

宇宙 f

 

さえぎるものとてない、果てしない草原に、突如として雷鳴が轟き、

真っ暗になった世界に、二つのタイムホールが現れる。

そして、愛馬、烏騅(うすい)、赤兎馬(せきとば)に跨った二人の男が、

悠々とホールをくぐり草原の真っただ中に降り立った。

 

赤兎馬 呂布

 

一人は、絢爛な羽飾りを風になびかせ、銀色の明光鎧も美しい

赤いマントの中肉長身の男、呂布。

 

項羽

 

今一人は、黄金色の青銅製の鎧と兜で身をかため、白いマント

まるでプロレスラーのような筋肉質の体を上下させる顔の半分が

ほお髭に覆われた凄味のある男、項羽である。

 

項羽「うぬが、、呂布か? 義父を二人も斬っただけはある。

まるで、狼のような野蛮な顔をしておるわ」

 

表情 呂布01

 

呂布「ハハッ、、てめえが項羽かィ?楚人は猿顔っていうが、、

なるほど、人間未満って顔してやがるぜェww」

 

呂布は、不敵なつらがまえをして、舌を出して笑う、、

項羽の鎧さえも、はちきれそうな筋肉が、一段と盛り上がった。




項羽と呂布、まずは馬上の一騎打ち

張良㈬ 鴻門の会編05 項羽

 

項羽「ぬかせィ!」

 

項羽は、矛を振り上げると、風と共に、呂布に振り下ろした。

 

呂布「おっと!! 悪口はここからだってのに、気がはええな」

 

呂布は、寸前の所でかわしたが、その風圧の凄まじさに、

ひやりとした。

 

呂布も三国志の時代の人間としては、大柄だが、

項羽は、筋肉量でも、背丈でもそれをゆうに上回る。

身の丈、200センチ、体重は130キロはあるだろうか。

 

馬に乗っても、呂布は、まるで軽量級のように見える程だ。

 

呂布「くそ、デカブツめ、、人間様に生まれないで、

熊にでもなりゃいいのによ!!」

 

呂布はマントの中に隠し持っていた流星鎚(りゅうせい・つい)を投げる。

これで、項羽の武器を絡め取り、せめて武器無しにしようという作戦だ。

 

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

 

項羽の怪力に、呂布は宙を舞う

項羽 はじめての三国志002

 

呂布の流星鎚は、見事に項羽の右腕に絡みつき、矛を絡め取った。

 

項羽「笑止・・小細工を」

 

項羽は、造作もなく流星鎚を掴むと、満身の力を込めて、

背後に引っ張った。

 

瞬時に、呂布は、赤兎馬から引き離され、中空を飛んで、

反対側の草原に叩き落とされた。

 

表情 呂布03

 

そして、うめき声をあげた後、仰向けになり動かない。

 

項羽「どうした?打ちどころでも悪かったか・・」

 

愛馬 烏騅を促し、項羽は動かない呂布に近づいた。

 

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

 

呂布、項羽を地面に引き落とす

表情 呂布01

 

呂布「わざわざ、近寄ってくれてありがとよ!!」

 

項羽が近寄った隙を突き、呂布は短剣で烏騅の前足を斬り裂いた

悲鳴を上げて傾く烏騅に、項羽も姿勢を崩した。

そして、飛び上がった呂布は、項羽の胸のマントを掴み、

そのまま地面にひきづり倒す。

巨体の項羽は、ただ、地面に落とされるだけでも大ダメージだ。

 

項羽「貴様ァ!!・・・・」

 

呂布「戦がお上品なんだよ、楚のぼっちゃんww」

 

呂布は、一瞬の隙をついて項羽の矛を奪い取り、そのまま首を圧迫した。

力では負ける呂布は、そのまま項羽の頸動脈を締めて、

くびり殺そうとしている。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

 

項羽の怪力炸裂 矛を砕き折る

項羽

 

項羽「ふん、、では、貴様のようなゲスの戦に合わせよう」

 

項羽は、矛を満身の力を込めて握る。

すると、あろう事か、怪力で矛の柄が砕けた。

 

呂布「おいおい、、冗談だろ、グフッ!!」

 

矛から解放された項羽は、右肘で呂布の腹を強打、、

さらに息が止まった呂布を立たせて、両手を振りおろして

呂布の頭部を直撃する。

 

呂布「なめんな・・・よっ!!」

 

カッと来た呂布は、起き上がり満身の力で、

項羽を殴るが、項羽は髭顔をゆがませて笑い、

鉄のような拳を呂布の腹に打ち込む。

重い、一撃が圧倒的に重い・・呂布は一撃喰らう度に、

内臓をはきもどしそうな衝撃を受けた。

 

呂布「お・・が・・てめェ・・」

 

項羽「どうした?効かんぞ、呂布・・」

 

項羽は、目を輝かせて、呂布の返り血を浴びた顔を拭う

どうやら、闘争心がピークに達しているようだ。

 

呂布は、それでも、なんとか、パンチを打ち込むが、

威力はどんどん弱くなっている。

項羽は律義にも、呂布が一撃放つ度に、一撃、

また一撃、鉄のような剛拳を呂布の腹に打ち込む。

 

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

 

呂布吐血・・勝負ありか

光 f

 

呂布はたまらず、よろけて、大量の血を吐いて倒れた。

口からだけではない、鼻からも血を吹いている。

 

項羽「そろそろ終わりか、、よく持った、褒めてやるぞ」

 

項羽は、口に溜まった血を吹き出して、腰の長剣を抜いた。

 

項羽「最後は、武人として殺してやろう、

見苦しくあがいて、名誉を汚すな・・」

 

項羽は悠然と倒れた呂布に近づく、、

呂布は、苦しそうな表情をしながら、腹を押さえ、

後ずさりしながら、小石を投げている。

 

項羽「呂布、、わしを幻滅させるな・・

往生際よくせい」

 

項羽は、小石をよけようともせず、足早に

呂布に近づき、長剣で呂布の右足を刺し貫いた。

 

呂布は激痛に断末魔の叫び声を上げた。

 

項羽「見苦しくあがくから、そうなるのだ!

さあ、これで止めだ、首をもらうぞ」

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

 

呂布、奇跡の逆転・・

砂 f

 

項羽が長剣を振り上げた時、最後の力を振り絞り、

呂布は、掴んでいた、砂を項羽の顔のぶつけた。

 

もう、反撃は無いと思い込んでいた項羽は、

目に砂が入り一瞬、呂布の姿を見失う。

 

その間に、呂布は、倒れた烏騅の近くまで這いながら近づき、

項羽が置き捨てた、矢尻を一本引きぬくと、項羽の背中に

寄りかかり、わき腹に矢を突きたてた。

 

項羽の時代の鎧は、腋の下は、ガラ空きになっていて、

鎧の覆いは無かった、それを無意識に呂布は狙い、

心臓に近い場所に矢を突きたてたのである。

 

項羽「ぐわああああああああああ!!!」

 

即死はしなかったが、項羽の腋からは、大量の血が噴き出す。

アドレナリンを放出している今ならば、なおさらである。

 

しかし呂布はもう、立つような力はない、、

そのまま、項羽にしがみつき、体重で項羽を地面に倒した。

 

呂布「いい加減死にやがれ・・ばけもの・・」

 

呂布は、項羽の右腋に突き刺さった矢をさらに押しこもうとする。

項羽は、それを必死に止めるが、すでにあたりは自分の血で、

池のようになっていて意識は朦朧としている。

 

項羽「・・・ばかな、、この楚の覇王・・項羽が・・」

 

呂布は渾身の力を込めて、右腋の矢を押しこんだ。

鈍い何かを突き抜ける音がして、項羽の腕から力が抜けた・・

 

呂布は、項羽の長剣を奪うと、最後の力で、

これを項羽の首に振り下ろした。

鮮血が飛び散り、項羽の首は地面に転がり落ちた。

 

裏切り 呂布

 

呂布「呂布奉先、楚の覇王 項羽の首討ち取ったりィ!!」

 

kawauso

 

はじさんプレゼンツ 時空を超えた最強対決、

楚の覇王項羽、対、人中の鬼人呂布の対決は、

呂布奉先の勝利で勝負ありッツ!!

 

 
関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

関連記事:【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  2. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  3. 『三国志』人気を数字から考えてみる
  4. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い
  5. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  6. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法…
  7. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  8. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】
  3. 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します!
  4. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3
  5. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?
  6. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚! 記録が乏しい孫堅の妻たち 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの? 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!? 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

おすすめ記事

  1. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2
  2. 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)
  3. 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍
  4. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  5. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  6. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生
  7. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  8. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP