ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀は農民を大事にしていたのに○○された!?

明智光秀 麒麟がくる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

明智光秀 麒麟がくる

 

明智光秀(あけちみつひで)は軍事面において優れた能力を発揮した人物でした。その一例として本圀寺の戦いがあります。

 

明智光秀は三好三人衆から本圀寺を守る戦いで、大筒を連発し本圀寺の防衛に貢献。このように軍事手腕に優れていた明智光秀ですが、行政手腕にも優れた能力を発揮し、農民を大切にしていたのをご存知でしょうか。

 

関連記事:明智光秀はどんな顔をしていたのか?イケメン男子だったの?

関連記事:明智光秀が初陣?で籠城した田中城とは?米田文書は信用できる?

 


 

農民に優しい政治を行っていた明智光秀

明智光秀と煕子(麒麟がくる)

 

明智光秀はどのような政治を行っていたのでしょうか。ここでは明智光秀が丹波を統治していた時の政治について紹介したいと思います。

明智光秀は織田信長(おだのぶなが)から丹波をもらうとこの地の政治を行っていきます。

 

丹波の国は豪族の力が強く、明智光秀がこの地を平定した後も豪族達の力が根強く残っていました。そのため明智光秀はこの地の統治を行う際、農民に優しい政治を行っていきます。

 

明智光秀はまず丹波の国に徳政令を出して、民衆の安定を図りつつ、領内の当地をスムーズにしていきます。

また明智光秀は年貢以外の税を農民たちに加えない布令を出し、農民に優しい政治を行っていきます。

 


 

農民から感謝された明智光秀

 

明智光秀は上記の政策のほかに農民の為に新たな政策を実施。明智光秀が行った政策は福知山城の近辺に流れる由良川の改修です。明智光秀は福知山城を改築した際、寺院の石塔を石垣として用いて由良川の水路を変化するように堤防を建築します。

 

この結果、福知山の城下町では水害に悩むことが減ったそうです。そして福知山城の城下町の人々は明智光秀の死後、彼の功績を称えて、御霊神社を建て、明智光秀の霊を慰める御霊まつりを行ったそうです。

 

現在でも御霊まつりは行われているそうなので、気になる方是非行ってみてください。このように明智光秀は農民に優しい政治を心がけていましたが、農民たちに裏切られることになります。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル


 

農民に討ち取られた明智光秀

嫉妬している明智光秀

 

明智光秀は領内の統治を行う際、農民に優しい政治を行っていましたが、明智光秀の最後は農民に裏切られて亡くなってしまいます。明智光秀は羽柴秀吉(はしばひでよし)に敗北後、少ない従者を従えて本拠地の坂本城へ撤退を図ります。光秀主従は伏見・大亀谷・勧修寺までの道中は何事もなくスムーズに工程を進めることに成功していました。

 

しかし光秀主従は小栗栖村近辺に差し掛かった時、農民の襲撃にされてしまいます。明智光秀や彼に付き従っていた家臣は奮戦。

 

しかし明智光秀は藪の中から突如出てきた槍に脇腹を突かれて亡くなってしまうのでした。明智光秀は農民に優しい政治を行っていましたが、最後は農民の攻撃を受けて亡くなってしまうのでした。


  

 

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

どうして明智光秀は農民の攻撃を受けることになったのでしょうか。

 

ここからはレンの予想になります。

 

明智光秀が農民の攻撃を受けることになった理由は羽柴秀吉からの布令で明智光秀に賞金首がかけられていた事が考えられます。個人が明智光秀を討ち取ればかなりの報酬が手に入ると思いますが、村総出で明智光秀を討ち取ってもそれなりに恩恵を手にすることができたでしょう。

 

例えば村総出で明智光秀を討ち取れば年貢を○○期間無し等の褒美がかけれていた可能性があります。そのため農民たちは明智光秀を討ち取るために村総出で、彼を討ち取るために作戦を考えていたことでしょう。

 

例えば明智光秀がどこにいるのか情報収集をしたり、小栗栖近辺で明智光秀一行を待ち受けていたかもしれません。このような作戦を計画していたと仮定すれば、明智光秀が農民の襲撃によって討ち取られてしまってもおかしくないのですが、みなさまはどのように思いますか。

 

・参考文献: 明智光秀 野望!本能寺の変 (新人物文庫)

 

関連記事:信長の野望の明智光秀の評価は?逸話を基に紹介

関連記事:【明智光秀の都市伝説】実は死んでいない明智光秀

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代の合戦は現地集合!結構アバウトな連絡網、陣触
  2. 上杉謙信 武田信玄と上杉謙信といえば、川中島の戦い!
  3. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  4. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長が日本に与えた影響とは?南蛮から取り入れた文化や後世への…
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析
  6. 黒田官兵衛 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  7. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 上杉謙信は梅干と酒のせいで亡くなったのは本当なの?高血圧な戦国大…
  8. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 于禁、曹操、青州兵
  2. 関羽と関索
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 酒乱の徳川慶喜
  5. 蒋琬と姜維と王平
  6. 曹操
  7. 曹昂(曹昴)
  8. 龐統
  9. パワハラをする張飛

おすすめ記事

  1. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?
  2. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  3. 三国志 Three Kingdomsの孫権が陰険すぎる! 陸遜
  4. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1
  5. 明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城) 明智光秀 麒麟がくる
  6. 漢代の後宮ってどんな感じだったの?ドラマのようにドロドロだった? 小帝の妃

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の趙雲
  2. 曹丕
  3. そろばんを叩く関羽
  4. 七星剣
  5. 孫権と張昭


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ! 司馬懿 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか? 幕末 帝国議会 五代友厚と大阪商法会議所近代大阪の基礎を築いた手法とは? 船冒険する諸葛直 船 【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説 甘寧と呂蒙と凌統 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード 平野国臣 平野国臣の銅像を見に行こう、その人生の最後はどんなだった? 卑弥呼 「漢委奴国王」と刻まれた金印ってどんなもの?教科書でもお馴染みの金印 kawauso編集長 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP