ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

上杉謙信は梅干と酒のせいで亡くなったのは本当なの?高血圧な戦国大名だった?

梅干しと酒を楽しむ上杉謙信


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

上杉謙信

 

越後(えちご)の龍こと上杉謙信(うえすぎけんしん)

 

上杉謙信は戦においては戦国時代最強時代と言われるほどの兵士を率いて、各地の戦いで勝利を重ねてきた戦国大名です。上杉謙信はチョーお酒が大好きな戦国武将で、ほとんど毎日お酒を飲んでいたそうです。

 

上杉謙信のお酒のおつまみはなんとあの酸っぱくて丸い形をしている梅干だったそうです。そしてこの上杉謙信が毎日のように飲んでいたお酒と梅干が彼の死因だったかもしれないのです。

 

自称・皇帝
当記事は、
「上杉謙信 酒」
「上杉謙信 梅干し」
「上杉謙信 死因」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

関連記事:武田信玄と上杉謙信といえば、川中島の戦い!

 


 

上杉謙信の死因は?

亡くなる上杉謙信

 

越後の龍・上杉謙信は手取川の戦い(てとりがわのたたかい
)
で織田軍に大勝利を収めた後、居城・春日山城(かすがやまじょう)に戻って関東へ遠征する準備を行っていました。上杉謙信は関東へ遠征する準備をすべて整えて、いつでも出陣できる状態であった1587年の3月、トイレで突然倒れてそのまま亡くなってしまいます。

 

上杉謙信の死因は脳卒中と言われています。どうして上杉謙信は脳卒中になってしまったのでしょうか。

 


 

大好きなお酒とおつまみに食べていた梅干が原因

梅干しと酒を楽しむ上杉謙信

 

上杉謙信はチョー酒豪で、毎日お酒を飲み酔っ払っても乱れることお酒を飲み続けていたそうです。一体上杉謙信はどれくらいのお酒の量を飲んでいたのでしょうか。

 

上杉謙信がよく使っていた盃が「上杉神社」に春日杯と呼ばれる盃が残っています。この上杉謙信が使っていた春日杯の大きさですが、直径10センチで深さが6.5センチ程で、結構なお酒の量が入ることがわかると思います。

 

また上杉謙信が戦に赴いた先で馬に乗りながら飲んでいた馬上杯と呼ばれる盃も「上杉神社」に展示されています。この馬上杯の大きさですが、直径が11センチ程で深さが5.4センチほどです。

 

両方ともかなりの大きさの盃であるのがお分かりになると思います。さて話がズレてきたので元に戻したいと思います。上杉謙信は春日杯を使って毎日お酒を飲んでいたそうです。

 

上杉謙信はお酒を飲む際、お酒のお供として梅干をかじりながら飲んでいたようで、毎日お酒を片手に梅干をほおばりながら飲んでいたようです。しかし梅干を毎日食べているのであれば、高血圧になりやすい食生活を送っており、このお酒と梅干が上杉謙信の死因である脳卒中に関係してくることになります。


 

脳卒中は高血圧の人が成りやすい

 

脳卒中は高血圧が最大の原因で、高血圧の人がなりやすい病気です。そのため上杉謙信が毎日お酒を飲みながら、お酒のおつまみとして梅干を食べていたとすれば、高血圧になっている可能性があります。

 

そしてお酒と梅干が上杉謙信の身体を高血圧にしていたとすれば、彼の死因である脳出血の原因にお酒と梅干が挙げられるのではないのでしょうか。


  

 

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

上杉謙信はチョーお酒に強い人物ですが、彼のお酒に強いエピソードを最後にご紹介して締めくくりたいと思います。

 

上杉謙信は上洛したとき、近衛前久と将軍・足利義輝の三人で酒宴を行います。この時上杉謙信は近衛前久と足利義輝と意気投合し、話が盛り上がり朝まで飲み明かしたそうです。

 

そして翌日近衛前久のもとへ将軍から「今上杉謙信が家に来て酒盛りをしているから君と君のお父上一緒に参加しないか」と手紙がやってきます。近衛前久は前の日に朝まで飲んでいたせいで、二日酔いで頭がガンガンして痛かったこともあって将軍へ「私は昨日朝まで飲んだこともあり二日酔いになってしまいました。今回は遠慮させていただきます。」と断りの連絡を入れたそうです。

 

しかし彼の父は将軍家に行って上杉謙信と足利義輝の三人で酒宴を行い、かなり盛り上がっていたそうです。このことから上杉謙信がかなりの酒豪であったことがお分かりになると思います。

 

また上杉謙信と同じくらい将軍・足利義輝も酒豪だったこともお分かりになるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 新人物文庫 上杉謙信謎解き散歩など

 

関連記事:軍神上杉謙信をコテンパン!謎の軍師白井入道

関連記事:上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どこ…
  2. 織田信長 織田信長は実はいい人?冷酷残忍ではなく心優しいおっちゃんだった
  3. 信長の野望・創造 ゲームでの明智光秀の評価は?信長の野望・戦国無双・戦国BASAR…
  4. 織田信長 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。
  5. 本多忠勝 本多忠勝の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある良玄寺と浄土寺への…
  6. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長が朝鮮出兵をしたら勝てたのか?李氏朝鮮をフルボッコできた…
  7. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の作品の元になっている『信長公記』とルイスフロイスの『日…
  8. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀が比叡山焼き討ちを計画していた!織田信長が躊躇するほど徹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 黒船(ミシシッピ号)
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 陸遜の部下の兵士
  5. 関帝廟 関羽
  6. 張宝(黄巾賊)
  7. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

おすすめ記事

  1. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  2. 「月刊はじめての三国志2月号」1月25日(金)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. キングダム ネタバレ予想534話 日没まで
  4. 陳寿は曹丕をどんな評価していたの?プラスもあればマイナスあり!? 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后
  5. 下ヒの戦いで最期を曹操に惜しまれた陳宮、彼は曹操とどんな関係だったの? 陳宮
  6. 劉備は三国志で最も残酷な英雄だった?人肉を食べた真相 劉備 呂布 肉取り合い

三國志雑学

  1. 韓信vs孔明
  2. 典韋にボコボコにされる成廉
  3. 曹芳
  4. 亡くなる袁紹


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 残忍な曹丕
  2. おんな城主 直虎
  3. キングダム53巻
  4. 呂壱と孫権
  5. キングダム53巻
  6. 関羽と関索

おすすめ記事

呂布のあっけない最後 呂布の最期、下邳の戦い。もう一度呂布という武将を見直そう 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官 北伐を結構する孔明 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの? 始皇帝(キングダム) 中国人のオシャレアイテム冠の歴史を語ろう 劉備の黒歴史 劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去 司馬懿 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの? 桓騎 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選 朝まで三国志の公孫瓚 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP