嬴政(始皇帝)の生い立ちは王族とは思えない!秦王政の凄まじい生い立ち

2019年5月1日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

嬴政(始皇帝)

 

中国春秋戦国(ちゅうごくしゅんじゅうせんごく)時代の最後の英雄で、中国大陸を始めて統一した嬴政(えいせい)。キングダムではまだ若き大王として君臨しています。

 

キングダム 始皇帝

 

彼は後に始皇帝(しこうてい)として世界史に名を刻みますが、万人が想像する皇帝像とはかけ離れた激動(げきどう)の生い立ちを経験しています。ひと癖もふた癖ある人物に翻弄され続け、懸命に生き続けて人質から皇帝にまで登りつめた嬴政(えいせい)の生い立ちをここで紹介していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「嬴政 生い立ち」
秦王政 生い立ち」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!

関連記事:始皇帝が求めた不老不死の妙薬…なぜ始皇帝は水銀に行き着いたのか?

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



嬴政誕生に欠かせない存在の呂不韋は実は父親?

呂不韋

 

キングダムや史実にも関わらず、嬴政の話題に必ず登場するのが呂不韋(りょふい)です。もとは商人で(ちょう)国内に人質として酷い扱いを受けていた(しそ)(嬴政の父親で先代)を偶然見つけ、「奇貨(きか)置くべし」(珍しいものは手元に置いておくと大きな利益を生む)として、彼へ投資を考えます。

 

このときの子楚は太子の安国君(あんこくくん)(嬴政の祖父で後の考文王)の子どもであって、いうなれば当時の秦王(昭襄王(しょうじょうおう
)
王騎(おうき)将軍の主君)の孫にあたります。その孫連中でも20人はいたそうなので、王族とはいえ(しん)にとってほとんど価値がないという人物でした。

 

呂不韋

 

それでも呂不韋(りょふい)は自身の財力を以って賄賂と情報を駆使して秦国内で暗躍し、安国君が一番気に入っていた姫に取り入って子楚(しそ)を養子に迎えさせます。こうして子楚が王位継承最有力候補に躍り出ました。

 

子楚は呂不韋に感謝しますが、呂不韋が連れていた芸者の趙姫(ちょうき
)
を気に入り、譲ってほしいと願います。さすがの呂不韋も戸惑いますが、ここで子楚がへそを曲げるようなことがあると、これまでの苦労と大金がムダになってしまうので、しぶしぶ承諾します。この趙姫(ちょうき
)
嬴政(えいせい)を生み、後に太后(たいごう)として嬴政や呂不韋と敵対することになるのですが、すでにこのときには呂不韋との間に子どもを身ごもっていたとされています。

 

嬴政の父親が呂不韋であるということは、キングダムでも冗談交じりで本人が語っています。史実では証拠がないので推測でしかないのですが、嬴政が生まれた時期と呂不韋と趙姫、子楚の関係が微妙なこともあって、この説がたびたび歴史上で挙がることとなります。

 

 

 

殺されかけた人質時代の嬴政

趙の旗

 

キングダムでは秦に帰国する際、嬴政は趙軍の追撃にあって多くの被害を受け、感情が芽生えるきっかけを作った紫夏(しか)との悲しい別れを経験しています。ところが、趙から命からがら帰国したのは子楚のほうでした。紀元前258年に昭襄王(しょうじょうおう
)
が趙の首都を包囲すると、趙王から孫の子楚を殺害するよう指令が飛びました。

 

春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

 

長平の戦い(ちょうへいのたたかい)で趙軍兵士が40万人も生き埋めにされたこともあり、趙国内では秦国への恨みが大きくなっていたこともあって、子楚や趙姫、嬴政を探して復讐しようとする輩が大勢いたのです。呂不韋の手引きで何とか自分一人は脱出できた子楚ですが、趙姫と赤ん坊の嬴政は逃げることができず何とか隠れて凌いでいます。

 

嬴政(始皇帝)

 

秦の包囲が解けると嬴政や趙姫は殺されることはないものの、趙の民衆から迫害され、生きるのもままならない生活を送っていました。秦人でもなく、趙の生まれで本来なら呂不韋の元で何不自由なく暮らせていた趙姫からすれば、嬴政を生んだばかりに酷い仕打ちを受けたので、キングダム同様に実の息子を恨んでいたのかもしれません。

 

嬴政(始皇帝)

 

そんな環境で育っていた嬴政は他人から不信の目で見られ続けていたので、大人になってからも人を信じられず、常に疑心が募っていたと推測されます。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

13歳で即位するも実権を握れない嬴政

嬴政(始皇帝)

 

昭襄王が亡くなり、後を継いだ安国君もすぐに死去するという事態で、遂に子楚が秦王に即位します。嬴政は太子になったことで趙王が秦に帰国させています。キングダムのような馬車での逃避行などはなかったでしょう。呂不韋は丞相として政治に関与するようになりました。

 

嬴政(始皇帝)

 

嬴政が帰国して間もなく、子楚も在位3年で死去してしまいます。嬴政はわずか13歳という若さで即位することになりました。政治の中心には呂不韋に任せることとなりましたが、キングダムよりかは呂不韋に敬意を払って接しています。

 

嫪毐(ろうあい)

 

子楚が死んだことを受け、趙姫は呂不韋に復縁を迫ります。さすがに太后と丞相という立場なので関係が発覚してはまずいと考え、嫪毐(ろうあい)を紹介しました。この嫪毐(ろうあい)は後にクーデターを興し、国内を混乱させる要因を作ってしまいます。

 

嬴政は即位してからも、呂不韋や太后、嫪毐など大人に翻弄され続け、さらに疑心案魏に陥るようになっていきました。

   

 

春秋戦国時代ソーシーの独り言

ライター ソーシー f

 

嬴政の父親は呂不韋であるという説が残っていますが、実際に呂不韋がいなければ、この世に生を受けてはいないといえるでしょう。先見の明がある呂不韋の狙い通りに子楚が王となって、嬴政は王への道が開けました。不遇の時代を過ごした少年時代や実権を握れない人生が続きますが、この経験が後の天下統一へと続く礎となるのかもしれません。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:史実の嬴政(秦始皇帝)は漫画と違い大量虐殺を行った暴君だった

関連記事:始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-春秋戦国時代
-, ,