法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

荀彧のここが「イケメン」すぎる3選!本当に荀彧はイケメンだった?

曹操と荀彧の三顧の礼




曹操を励ます荀彧

 

曹操(そうそう)の覇業を支えた荀彧(じゅんいく)

 

荀彧

 

はじめての三国志」の荀イクのイラストは眼鏡をかけてかわいらしいキャラクターとして記事を盛り上げていますが、かわいらしい感じではなく、チョーイケメンだったのです。

 

荀彧

 

しかし荀彧(じゅんいく)のどこら辺がイケメンだったのでしょうか。今回は荀彧のイケメン部分を正史三国志から三つ紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「荀彧 イケメン」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀彧の系図を調べてみるととんでもない○○が判明!?

関連記事:荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?

 

 

ここがイケメン荀彧君その1「ほんとにイケメン」

荀彧(はじめての三国志)

 

ここがイケメン荀彧君と題して記事を進めていきたいと思います。ここがイケメン荀彧君その1はマジでイケメンだった所です。

正史三国志(せいしさんごくし)を調べてみると荀彧(じゅんいく)の容姿は「顔がカッコよく、姿も立派だ」と藩勗(はんがく)と言う人物が荀彧の碑文(ひぶん
)
に記したそうです。

 

曹操や許褚、荀彧の悪口を言う禰衡

 

更に正史三国志を調べてみると禰衡(でいこう)が荀彧の容姿について述べている一文を発見しました。禰衡(でいこう)はある人から「荀彧は素晴らしい才能を持った人物だよな」と同意を求められます。すると禰衡は荀彧が威厳を持った風貌だったことを思い出し「荀彧は葬儀へ行かせるのが適任だろう」とこき下ろしたそうです。

 

荀彧

 

しかし荀彧は禰衡が認めた威厳を持った風貌だったことがお分かりになります。荀彧は禰衡の発言と藩勗が彫った碑文からから「容姿端麗で外見もよく、威厳をもった人物」だったと言えるでしょう。

 

 

ここがイケメン荀彧君「自分の功績を誇らない」

爽やかな荀彧

 

ここがイケメン荀彧君その2は「自分の功績を誇らない」所です。荀彧は政治面や戦術面、戦略面など色々な面で曹操を支えてきた人物です。

しかし荀彧は「俺はこれだけすごいことやってるんだぜ」と一度も自分の功績を他人に誇ったりしませんでした。

 

荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)

 

更に荀彧は自分の功績で官職を上げてもらうのを嫌がっていました。曹操は自分を支えてくれた荀彧の爵位を上げるべきだと皇帝へアドバイスの手紙を書いて、荀彧へ渡します。すると荀彧は「私は実戦での功績が無いから、官職を上げてもらうべくではない」と曹操の手紙を皇帝へ渡さないで握りつぶしてしまいます。

 

曹操と荀彧の三顧の礼

 

曹操は荀彧へ「私は君と一緒に長年仕事をしてきて、君のたてた計略はすべて的を得て、君が推挙してきた人物はすべて有能な人材ばかりだった。実戦だけが功績を立てえる場ではないよ。どうか辞退しないでくれよ。」とお願いします。

 

荀彧と曹操

 

荀彧はここまで曹操から言われたはじめて官職を昇給させてもらうことになりますが、自分の為に俸給を使わないで、親族や友人へ分け与えてしまうのです。

自分の功績を誇らず、自分の俸給をすべて他人へ与えてしまう荀彧の性格もイケメンと言えるでしょう。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

ここがイケメン荀彧君「恨み言を言わない」

プロ野球を学んでいる荀彧

 

ここがイケメン荀彧君その3は「恨み言を言わない」事です。

荀彧は曹操と後漢王朝をどうするかについて意見を戦わせたことがあります。

しかし荀彧と曹操の意見の対立は溝が深まる一方で、歩み寄ることがありませんでした。

 

空箱を受け取る荀彧

 

その後荀彧は曹操から「空の器」をもらった事で、自分がもう曹操の役に立つことが無いと考えたのでしょうか。荀彧は曹操から「空の器」をもらった後、毒を飲んで亡くなってしまいます。

 

亡くなる荀彧

 

荀彧は曹操へ死ぬ間際になっても恨み言を文章で残すことをしませんでした。

 

また荀彧は曹操と後漢王朝をどうするかについて意見の対立が深まっていった際、曹操に対して恨み言を一つも言わず、他人にも曹操の悪口を一切言いませんでした。上司と喧嘩しても一切悪口を言わない荀彧ってチョーイケメンだと思いませんか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は荀彧のイケメンについてお話しました。

 

荀彧と袁術

 

三国志にはまだまだイケメン武将がいっぱいいますので、この機会に荀彧以外のイケメン武将を探してみるのも面白いかもしれませんよ。

またイケメン武将ではなく、不細工な武将を探してみるのもいいかもしれませんね。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

【動画】荀彧は魏のどこの派閥に属していたのか?


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  2. もし曹操が劉備と入れ替わったらどうなる?【三国志もしもシリーズ】…
  3. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労が原因で本当に亡くなったの?
  4. 五斗米道の教祖・張魯 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?
  5. 朝まで三国志 劉備 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう!
  6. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱 【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱
  7. 張飛益徳参上 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってど…
  8. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 魏から蜀に下る姜維
  3. セミナリオ(教会)
  4. 秦の旗を掲げる兵士
  5. 茶を飲む張角(太平道)
  6. はじめての三国志
  7. 二刀流の劉備

おすすめ記事

  1. 樊城の戦いで関羽は○○をすれば死なずに勝利できた【if三国志】 強くなる関羽
  2. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  3. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  4. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実 王騎 キングダム
  5. 馮氏(ふうし)とはどんな人?三国志演義では出番が少ないが正史三国志では重要人物
  6. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!

三國志雑学

  1. 袁紹モグラ作戦
  2. 劉禅
  3. 父・関羽とともに亡くなる関平
  4. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 西洋が好きな霊帝
  2. 天下三分の計
  3. 上杉謙信
  4. 諸葛誕
  5. 陸遜
  6. 蒋琬と姜維と王平

おすすめ記事

狗奴国は邪馬台国と対立 狗奴国とはどんな国?邪馬台国の卑弥呼に抵抗した国を分かりやすく解説 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】 宋銭 お金と紙幣 貨幣や紙幣は宋代に誕生したの?宋代の経済生活を分かりやすく解説 島津斉興「せごどん」では教えない真実 キングダム 【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選 おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP