キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

邪馬台国

「壬申の乱」が古代日本のフェミニズム時代をもたらした?持統帝の存在感と影響力

コーノヒロ(はじめての三国志ライター)




コーノヒロさん(はじめての三国志ライター)

 

日本古代史上最大の内乱と言われる「壬申の乱(じんしんのらん
)
」において、従来、主に注目されてきたのは、「大海人皇子(おおあまのおうじ)(天武帝)」と大友皇子との対決や、大海人皇子と、大友皇子の父であり、大海人皇子の実兄でもあった「天智帝」との関係だったのではないでしょうか?

 

しかし、大海人皇子の側には、乱の発生前から終わりまで、妃の、鸕野讚良皇女(うののさららのひめみこ)が、ずっと付き添っていたことが、影に隠れていたのではないでしょうか?

 

この、鸕野讚良皇女(うののさららのひめみこ)こそ、後の「持統帝(持統天皇(じとうてんのう
)
)[645年~702年]」です。壬申の乱における、大海人皇子(天武帝)側の勝利は、彼女、持統帝の付き添いなくしてあり得なかったと考える説も、今世紀に入ってからは目立ちます。

 

今回は、持統帝の存在感の強さを探っていきたいと思います。お楽しみください。

 

自称・皇帝
当記事は、
「壬申の乱 フェミニズム」
「持統帝 存在感」
「持統帝 影響力」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:【壬申の乱の謎】天武帝は新羅と同盟を結んでいた?大海人皇子が予測した未来とは?

関連記事:卑弥呼の男弟・ツクヨミは消された?天武VS天智の呪縛

 

 

持統帝の影響力

 

まず、持統帝の功績について、幾つかあげてみます。

 

①今では、「天皇」即位のときに必ず行うのが「天神寿詞(あまつかみのよごと)」。これは、天皇であることの宣言ですが、これを初めて行ったのです。

②歌人・柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ
)
に天皇称賛の歌を読ませました。

③天皇の火葬を遺言により初めて実施。以降、天皇家は火葬が通例となります。

④日本古代史最大規模を誇ったと伝わる「藤原京(ふじわらきょう)」への遷都を実施。

 

持統帝の代では、天皇即位宣言や天皇の葬儀を火葬に変更するなど、初めての壮大な儀礼を次々と実施していたのです。権力があったこそではないかと考えられますね。

 

 

なぜ、持統帝は影響力を持てたの?

 

持統帝から女帝の時代が始まったとも言われていますが、持統帝の時代以前にも女帝はいました。

 

確実に実在の人物とされているのは、「推古帝[554年~628年]」や「皇極帝(斉明帝)[594年~661年]」です。ただ、この二人は、男性後継者がいなかったために誕生した、偶発的で、中継ぎの役割の天皇即位だったと言われています。

 

一方、持統帝は、実力者で、権力の中枢にて、その指導力を発揮したと言われています。

 

それは、彼女の出身地から分かってくるのです。幼少期を過ごしたのが、奈良の飛鳥地域に近い、「河内安宿(かわちあすか)」という所だったのです。そこは、朝鮮半島からの渡来系の百済(くだら)出身者の多くが住んだと言われています。そして、彼らが、先進的な大陸の文化や学問を伝えたとされています。

 

先進的な知識人の彼らからの教育を、幼少の持統帝は、受けていたと言うのです。ということは、次のような疑問が浮かびますね。

持統帝は、百済びいきだったの?

 

となると、天武帝新羅(しらぎ)びいきのはずでしたから、

天武帝と持統帝は対立したの?と考えたくなります。

 

しかし、次のことからそうでもないことが分かってきます。それは、持統帝は、家臣であった「藤原不比等(ふじわらのふひと)」と、共通の師の元で学んだ可能性が高いという事実です。

 

不比等の方は、幼少期は、山科(現在、京都市山科区)に住み、河内安宿に居住する百済系氏族の者から学んだと言われています。持統帝が学んだ人物とは、近い間柄の人物に学んだ可能性があると言われているのです。

 

さらに、その不比等の父の「藤原鎌足(中臣鎌足)」は、新羅と唐の両面外交を支持した立場だったそうです。

つまり、新羅VS唐との戦争の行方を見定め、新羅につくか、唐につくかを判断しようとした立場だったと考えられそうです。新羅派でもあり得たということです。

 

自然と、息子の不比等もまた、両面外交を支持する派だった可能性を考えられますし、近い人物を師として学んだ、持統帝も、同じ政策を支持した可能性があるでしょう。

 

藤原一族の影

 

宰相藤原鎌足(ふじわらのかまたり
)
の世界情勢を見る力が、そのまま、息子の藤原不比等と、持統帝にも受け継がれていた可能性があります。

つまり、天武帝や持統帝の先見性というのは、その裏で、藤原鎌足の影響力が働いていたと言えるでしょうか。

 

ただ、持統帝自身にも、指導力や先見性の力があったことは、有力視されています。特に、先ほど例に挙げました、天皇宣言の儀式である「天神寿詞(あまつかみのよごと)」を初めて行ったことは大きな根拠になるのではないでしょうか?

 

傀儡や中継ぎなどの軽い存在の女帝であれば、初めての、天皇即位の宣言を実施する力はなかったと考えます。とはいえ、藤原一族の影響力は避けて考えることはできません。

 

しかし、後の平安時代の藤原家の隆盛へと、つながっていく前に、藤原一族が、なかなか政権の中枢に、表立って出て来そうで出られない時期が百年くらい続きます。それが、持統帝の代から「孝謙帝[称徳帝]」(718年~770年)の代にかけてです。

 

 

持統帝の存在感と影響力のまとめ

コーノヒロ(はじめての三国志ライター)

 

この時期は「奈良時代」とも言われる時代ですが、比較的、女帝の輩出が多い時代でした。一説では、それは、その時代に皇位にふさわしい男性が早世のため、仕方なく、云わば「中継ぎ」としての女帝が誕生し、連続したという意見も幾つか見かけます。

 

しかし、今回、注目している、持統帝は、そのような軽い扱いではない可能性が高いことがお分かり頂けると思います。

 

そして、持統帝以降の「奈良時代」の女帝たちにも、最近では、中継ぎではなく、女帝も当然の選択肢であって、慣習化していたという説が有力になっているように見えます。

 

それは、なぜでしょうか?

当時が、「フェミニズム」の時代だったとも言えるのでしょうか?

次回は、奈良時代に注目します。お楽しみに。

 

【参考文献】

・『女帝の世紀 皇位継承と政争 (角川選書)

・『古代東アジアの女帝 (岩波新書)

・『持統天皇と藤原不比等 (中公文庫)

・『女帝―古代日本裏面史

・『女帝の古代史 (講談社現代新書)

・雑誌記事『女系図で見る日本争乱史-第三回・壬申の乱 持統天皇の革新性-』

(大塚ひかり 記・新潮社「波」より)

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:壬申の乱の内幕、皇位継承を巡る日本古代史上の最大の内戦を解説(第1回)

関連記事:古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 




コーノ・ヒロ

コーノ・ヒロ

投稿者の記事一覧

歴史好きのライターです。
福祉関係の仕事をしつつ、物書きの仕事も色々としています。

小説や詩なども、ときどき書いています。
よろしくお願いします。

好きな歴史人物

墨子、孫子、達磨、千利休、良寛、正岡子規、

モーツァルト、ドストエフスキー など

何か一言

歴史は、不動の物でなく、
時代の潮流に流される物であると思っています。

それと共に、多くの物語が生まれ、楽しませてくれます。

関連記事

  1. 鬼道を使う卑弥呼 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【後編】
  2. 卑弥呼 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国
  3. 難斗米(なしめ) 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  4. 亡くなる卑弥呼 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!
  5. 大和朝廷を建国したカムヤマト 古墳時代とはどんな時代だったの?幕開けから終焉まで分かりやすく解…
  6. 前方後円墳(古墳) 【教えて古墳時代!】庶民の暮らしや住居、税について徹底解説
  7. 亡くなる卑弥呼 天照大神は卑弥呼がモデルだった?卑弥呼の正体に迫る!
  8. スサノオノミコト(日本神話) 古代出雲王国の躍進、元祖「国盗り物語」?荒ぶる神スサノオ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ
  2. 袁紹を説得しようとする田豊
  3. 李傕・郭汜祭り
  4. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  5. 于毒(うどく)
  6. 坂本龍馬(幕末時代)
  7. 賈詡
  8. 孔明

おすすめ記事

  1. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動 悩む司馬炎
  2. 漢字はいつ生まれてどのように変化を遂げていったのか?
  3. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  4. 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? 五虎大将軍の馬超
  5. 邪馬台国最後の王ニギハヤヒの野望!カムヤマト(神武天皇)は操られた?
  6. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?

三國志雑学

  1. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  2. 董卓
  3. 亡くなる周瑜
  4. 城 銅雀台
  5. 楊貴妃
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 肝っ玉の太い凌操(りょうそう)
  2. 孔子と儒教
  3. 孔明 vs 司馬懿
  4. 朱治
  5. 曹仁
  6. 羌族
  7. 曹仁

おすすめ記事

キングダム52巻 キングダム579話ネタバレ予想vol2李牧は王翦の包囲殲滅に敗れる 孔明 郭嘉 周瑜 諸葛亮、周瑜、郭嘉…誰がお好み?ときめき軍師メモリアル 顔良を討ち取る関羽 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介 宦官たち  人々の鑑になった良い宦官達 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 曹嵩 曹操の兄弟と父の曹嵩はやっぱり英雄の血を引いていたの? あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬 どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP