ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

京劇の楽しみ方、ルーツとは?元々は安徽省の劇だった?覇王別姫で知られる京劇

京劇コスチューム趙雲


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

中国語を学んだり、中国へ旅行したことのある読者は京劇(きょうげき)という言葉を耳にしたことがあると思います。

北京旅行では生で見たという経験をした人もいるでしょう。

 

三国志ライター オフィス樋口

 

しかし、日本の歌舞伎(かぶき
)
のように歴史や面白さが伝わってこないという読者もいるはずです。

ここでは、京劇のルーツに始まり、京劇の代表作を通して京劇の楽しみ方を紹介していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「京劇とは」
「京劇 楽しみ方」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ

関連記事:関平には兄弟がいた!?正史三国志と『演義』とで異なる兄弟構成

 


 

京劇のルーツ

北京の世界遺産「頤和園」 f

 

京劇と聞いて、北京で流行した伝統劇かなと推測した読者もいるでしょう。しかし、もともとは安徽省(あんきしょう
)
の劇団が行っていた地方劇の一つだったのです。

それがなぜ北京を意味するの字がついたのでしょうか。

 


 

清朝の乾隆帝が京劇のパイオニア!?

辮髪(べんぱつ)

 

中国人のイメージといえばラーメンマンのように辮髪(べんぱつ
)
にヒゲを想像する
読者もいます。その容貌が当たり前だった時代が清朝です。

 

イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍船

 

英国とアヘン戦争を行ったのも清朝、編み込んだ長い髪は満州族の風習を市民に強要したものだったのです。清朝の最盛期は乾隆帝(けんりゅうてい
)
が統治していた時代。

西はウイグル、南はミャンマーやベトナム、ネパール、東は台湾、北はモンゴルにまで版図を広げていました。

 

頤和園 f

 

さらに乾隆帝は北京にある天壇や頤和園の造園、故宮の修繕など現在の北京にある歴史的な観光施設はほとんど乾隆帝の手によって造られています。少し北京を観光すれば乾隆帝の偉大さが自然と分かるでしょう。

 

乾隆帝 清 第6代皇帝 wikipedia

乾隆帝 清 第6代皇帝 wikipedia

 

その乾隆帝(けんりゅうてい
)
が80歳を迎えたとき、安徽省(あんきしょう
)
の劇団がお祝いに訪れました。中国で劇といえば、祝賀行事にかかせないものでした。日本の正月の獅子舞のような存在です。当時、乾隆帝の権力は絶大でしたから、上海に近い安徽省の劇団を呼び寄せるなど朝飯前です。

 

これを機に安徽省の地方劇が北京に定着し、京劇となっていったのです。また、言語も南方なまりから北京一帯の北方方言へとシフトしていきました。

これも北京市民の要望に応えるためだったのです。


 

京劇といえば「覇王別姫」

劉邦と項羽

 

京劇の代表作に「覇王別姫(はおうべっき)」があります。もちろん軍神・関羽(かんう)も人気の役柄ですが、ここでは項羽(こうう)劉邦(りゅうほう)がテーゼの「覇王別姫(はおうべっき))」を取り上げます。

 

項羽

 

覇王とは項羽(こうう)のことです。別姫とは虞美人(ぐびじん
)
で知られる「虞」のこと。虞は項羽の妻になったり、劉邦(りゅうほう)の妻になったりします。しかし、心から虞を愛していたのは項羽の方で死に際に虞美人のことを詩に詠んだほど。

 

項羽(はじめての三国志)

 

最終的に劉邦(りゅうほう)の元に虞は身を寄せるのですが、心の中では死んだ項羽のことを想っているのです。智謀知略に長けた劉邦は軍を使って政治を行いながら、虞美人も手にします。

 

項羽と劉邦

 

読者の中では項羽派か劉備派かに人気が二分するところです。政治面では失敗したものの愛する虞と幸せな時間を過ごせた項羽の生き方を支持する人もいるでしょう。

 

劉邦

 

はたまた、策によって生きながらえ、最終的に虞を自分の妻に迎える劉邦の方がいいと感じた人もいるでしょう。いずれにしろ京劇でも分かりやすい内容なので初めて見るにはぴったりです。


  

 

 

京劇を楽しむポイント

京劇の格好をした関羽

 

京劇はメイクによって役柄が決まっており、「赤」は必ず関羽です。また、一人だけおとぼけ役がいて、面白いメイクをしているので、すぐに分かります。

そして、女役もいます。清朝の時代は歌舞伎のように男性が演じていましたが、現在は俳優のほとんどが女性です。

 

普通の中国語とは異なり、抑揚のある話し方をするので中国語に精通していないと聞き取るのは難しいでしょう。しかし、あくまでも劇なのでアクションシーンや決めのポーズなどは言葉が分からなくても理解しやすいように作られています。

 

もし、見る機会があったら、あらすじを少しだけ学んでから出かけると楽しめるでしょう。あくまでも俳優の演技を楽しむものなので、あらすじが分かっていても問題ありません。むしろ中国語が聞き取れないのならば、前もって知っておいた方がエンジョイできます。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

京劇の俳優が日本公演をした際に歌舞伎に触発されて、新しい京劇の形、演技方法を模索した時期がありました。また、文化大革命期に京劇は一時的に衰退。

しかし、現在は復活し、北京や上海、大連、台湾などで見ることができます。日本で公演することもあるので、興味がそそるようなら行ってみるといいでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

関連記事:関羽が悪人扱いされない3つの理由

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

【動画】三国志演義が見下される理由

 

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 愛妻家の魏の将軍、郭淮 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?
  2. 水攻めをする兵士 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  3. ブチ切れる曹操 曹操の徐州大虐殺 ―きっかけは曹操の父親だった。その父親とは?-…
  4. 孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん
  5. 劉姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  6. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…
  7. 張角は歴史の表舞台に登場 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  8. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 親バカな諸葛孔明
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  4. 孫武(ゆるキャラ)
  5. 卑弥呼
  6. 朱異

おすすめ記事

  1. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 一騎打ちをする太史慈と孫策
  2. 陳宮が董卓の配下になってたら三国志どうなった? 陳宮
  3. 鎌倉時代のポピュラーな産業や経済は?高利貸業も盛んになった鎌倉時代 鎌倉時代 服装 男女
  4. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 馬騰
  5. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  6. 前漢の文帝ってどんな人?文景の治と称された皇帝の政治手腕とは? 文帝(前漢)

三國志雑学

  1. 諸葛恪の栄光と破滅
  2. 曹操のガラス
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 蜀の皇帝に即位した劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 坂本龍馬チビ説
  3. 何進
  4. 何晏
  5. 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜
  6. 藤原京
  7. 曹茂

おすすめ記事

墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの? 始皇帝(キングダム) 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介 敗北する桓騎 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説! 『日経三国志』のテレビCMが、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞! 張魯 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP