ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

楚漢戦争

項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

項羽




項羽 はじめての三国志002

 

三国志呂布(りょふ)と並び称される武将として

キングダムの時代の英傑の項羽(こうう)が挙げられます。

 

呂布 英雄石像

 

しかしそれでも武勇においては項羽は呂布より上と断言していいでしょう。

何故なら、何度か敗れている呂布に対して項羽は最後の最期で

劉邦(りゅうほう)に敗れるまで全くの無敗だったからです。

 

23歳で挙兵して、30歳で死ぬまでの8年間に70戦以上を戦い、

勝率9割9分、最強の天才武将の生涯を前後篇で追います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

絢爛たる獅子の血筋、伝説の名将、楚の項燕大将軍の孫

 

項羽は、本名を項籍(こうせき)といい羽は字(あざな)です。

紀元前232年に楚の将である項嬰(こうえい)の子として誕生しました。

項家は楚において代々将軍を輩出した名門で項羽はエリートです。

 

特に項羽の祖父である項燕(こうえん)大将軍は、秦の李信(りしん)

蒙恬(もうてん)の率いる遠征軍20万を完膚無き程に叩き潰し

逆に秦に攻め入った程の名将です。

ですが、項燕は、秦最強の名将である王翦(おうせん)の持久戦に敗れて

戦死し、故郷の楚も秦軍の蹂躙にあって滅亡します。

 

時に紀元前223年の事で、項羽は9歳の少年でした。

この時に項羽の父も母も戦乱の中で亡くなり

項羽は叔父の項梁(こうりょう)に連れられて楚を脱出します。

以来、項羽の宿願は秦帝国を足下に踏み潰し楚の恨みを雪ぐ事になります。

 

関連記事:信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

 

 

少年時代の項羽は、何をやっても中途半端だった

少年時代の項羽は、何をやっても中途半端だった

 

項梁は、楚の名門の御曹司である項羽を一角の人物に育てようと、

出来る限りの学問と武芸を習わせようとします。

しかし、項羽は学問も武芸も或る程度になると放り出してしまいます。

 

その事を項梁が叱りつけると、項羽は悪びれずにいいました。

 

 

項羽「叔父上、文字などは、自分の名前が書ければ充分でしょう?

剣術だって一人を相手に出来る腕があれば充分、そんなものより

私は一人で万人を相手に出来る兵法を学びたいと思います」

 

項梁は成程と思い兵法を教えますが項羽はこれも一通り内容が分かると

放り出して学ばなくなりました。

 

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

項梁と項羽、会稽(かいけい)の長官を斬り兵を挙げる

項羽

 

項羽は、成長すると身の丈九尺(207センチ)という大男に成長し、

怪力無双、勇気も並はずれていて、すでに本拠地にしていた呉中の若者の

リーダー格の青年に育っていました。

 

紀元前210年、項羽が22歳の時、絶大な権力を奮い、

人民を虐げた秦の始皇帝が没します。

それと当時に、それまで抑え込まれていた民衆の不満が爆発、翌年には、

陳勝(ちんしょう)と呉広(ごこう)という百姓二名がやけくそで

人夫を率いて暴動を起しそれが中国全土に広がり秦打倒の叛乱の火の手があがります。

 

この陳勝、呉広の乱は、あっという間に100万人が参加する大反乱になり、

中国全土で、秦の任命した長官や県令、秦の兵士が殺されました。

 

県令や長官の方でも、援軍を要請しても秦から援軍も来る様子もないので

保身の為に自ら反乱に参加した方がいいと考える人間が出始めます。

 

項羽や項梁が拠点にしていた会稽郡の長官、殷通(いんつう)もそんな人物でした。

ですが、秦の長官として威張りくさっていた殷通には人望がなく、

彼の号令では、子供でさえ動きはしませんでした。

 

そこで、殷通は、会稽郡、呉中の顔役として人望を集めていた項梁に目をつけて

これを密かに呼び寄せて、自ら反乱を起して秦に背くので将軍になって欲しいと

依頼をしています。

 

ここで項梁は、自分には将軍は務まりませんが、甥の項羽なら剛の者なので、

務まりましょう、しかし、項羽はプライドが高いので長官自ら、これを呼び寄せて

命令をして下さいと言います。

殷通は、すぐに項羽を呼び寄せるように言うと、項羽は帯剣したまま、

役所に上がり込み、そのまま殷通を真っ二つに斬り捨てます。

 

項羽「聞けい!貴様達、殷通は我が身可愛いさに反乱軍に

この会稽を売ろうとしおった!よって、その腐った首を項羽が斬った

何か文句があるかぁっ!」

 

項羽が怒鳴りつけると、役所を守っていた兵士は武器を投げ捨てて、

項梁と項羽に従う事を約束しました。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

項羽と項梁、反秦連合軍の中核になる

項羽と項梁、反秦連合軍の中核になる

 

こうして、会稽郡を乗っ取った項梁と項羽は、8000名の精鋭を選抜して、

秦を滅ぼす為に、長江を渡ります。

 

項梁は武勇はありませんが、頭のキレる男で范増(はんぞう)という

軍師の助言を受けて陳勝のように自ら王になるような浅墓な真似をせず、

かつての楚王であった懐王の子孫の熊心(ゆうしん)という人物を探し出し

恭しく、かしづいて楚王に建て楚を復活させました。

 

どうして項梁は、楚を復活させたのか?

どうして項梁は、楚を復活させたのか?

 

「例え、残り三戸になろうと、秦を滅ぼすのは楚たるべし」

楚の項燕は、死の直前にそう言い残していました。

三戸とは三家族の事で、とても少ない単位です、それでも楚は秦を滅ぼすという

気概は、当時の秦を恨んでいる旧六国の人々にも伝わっていました。

 

項梁は、この言葉を上手く利用し、楚を復活させて秦を滅ぼす大義名分を

鮮明にしたのです。逆に自分が王になった反乱軍の陳勝は仲間割れと

秦の反撃ですっかりボロボロになり、まもなく滅んでいます。

 

こうして、懐王を立てた項梁には、かつての六国の貴族や武将が次々に

集まっていき、大勢力になっていきます。

まさに項梁と范増の筋書き通り、反秦の旗は陳勝から項梁と項羽に移ったのです。

 

関連記事:「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

 

項羽の敬愛する叔父 項梁が戦死

張良㈬ 鴻門の会編05 項羽

 

反秦連合軍には、猛将黥布(げいふ)や、龍且(りゅうしょ)、鐘離昧(しょうりまい)、

韓信(かんしん)、そして、項羽の宿敵になる劉邦(りゅうほう)などの多くの英傑が

集まりました。

しかし、秦を討伐する直前、主力を率いる項梁は、秦の名将、

章邯(しょうかん)を侮り油断から敗戦して戦死してしまいます。

 

親代わりだった項梁の死に項羽は血の涙を流して慟哭します。

そして、報復として、かつて章邯が本拠地にしていたというだけの理由で

定陶(ていとう)城の住民を皆殺しにしました。

 

ここにも、項羽の残虐さが顔を出していますが、項羽の虐殺癖は、

ここばかりではなく、激しく抵抗した城に対しては、反抗的であるとして

皆殺し、逆に、すぐに落城した都市でも「兵士が弱く味方にしても役に立たない」

として、虐殺してしまいました。

 

項羽、上官であった宋義(そうぎ)を殺し、全権を掌握

 

項梁の死後、反秦連合軍の実権は、かつて楚で高位についていた宋義という

人物が握ります。

宋義は、項羽と違い、沈着冷静で権謀術数に長けた人であり秦軍に攻められた

趙の救援として、項羽達、楚の武将をまとめて出発します。

 

同じく、反秦の旗を掲げている趙を救う事に項羽は異論はありませんでしたが、

宋義は実の所、趙を救うつもりはありませんでした。

宋義の狙いは、趙と秦が力の限り戦い負けた側を攻めて滅ぼすというもので、

その為に、だらだらと行軍していたのです。

 

それほどの兵糧の備えがない楚軍は安陽という地点で飢えてしまい、

項羽は焦り何度となく、早く軍を進めるように宋義に直訴しますが宋義は黙殺します。

元々、反秦連合軍は自分と項梁が建てたという自負が強い項羽は、

独断で宋義を斬殺して自ら総大将に就任しました。

 

 

項羽は、秦の帝都、咸陽を滅ぼすべく怒涛の進軍を開始する

項羽

 

項羽は、総大将になるや秦の帝都、咸陽を落すべく進軍する事を決意します。

この戦いで項羽は本隊の精鋭10万人を率い、別働隊として劉邦が弱兵1万人を率いて、

陽動部隊として、同じく咸陽を目指しました。

 

 

項羽、怨敵、章邯を鉅鹿(きょろく)城で撃破する

 

項羽の本隊は、咸陽の手前で鉅鹿城に向かいます。

ここは、陳余(ちんよ)という反秦連合軍の武将が籠城していましたが、

それを章邯や王離(おうり)が率いる秦軍20万が取り囲み激しく攻めたてている

真っ最中でした。章邯の率いる秦軍の士気は高く、陳余を救いにきた各国の援軍も、

勢いを恐れて、遠くから城が攻められるのを眺めているだけです。

 

項羽は、ここで秦軍の補給部隊を執拗に攻撃して、秦を食糧不足にして、

士気を低下させました。

その上で、項羽の楚軍は、河を渡って鉅鹿城に上陸しますが、決戦を前にして

項羽は、船と三日分の食糧を除く全ての食糧を焼き捨てます。

 

項羽「よいか!秦兵を倒し、鉅鹿を解放しなければ、我らは3日で飢える、

もう戻る船もない、死にたくなければ、目の前の秦兵を皆殺せィ!!」

 

逃げ場を失いヤケクソになった楚兵は、飢えで士気が低下した秦兵に襲いかかります。

この戦いで、楚兵は1人で10名の秦兵を相手にしたと言われ、秦では、

猛将、王離が捕えられ、渉間(しょうかん)は自殺、蘇角(そかく)は戦死しました。

 

章邯は、支えきれずに包囲を解いて逃げますが、秦は援軍を出すどころか、

章邯を処刑しようとしているという情報を得て絶望し、将兵の助命を引きかえに

項羽に降伏しました。

 

ようやく咸陽に入城すると、すでに劉邦がいた・・

劉邦

項羽は、こうして自軍より多い、20万の秦兵を捕虜にしますが、

これから、咸陽に攻め込むのに秦兵を連れて行くのに煩わしさを感じ、

また、秦兵にも反乱の空気があった事から、20万の秦兵を崖に追い込んで、

すべて谷底に落して殺してしまいます。

 

こうして、血で血を洗う戦争を繰り返した項羽の本隊ですが、

ようやく、咸陽に辿りついた項羽に衝撃の事実が伝えられます。

別働隊の劉邦の軍は、項羽より先に咸陽を落して秦を滅ぼしていたのです。

しかも、劉邦は自分が通った函谷関の関を閉ざして守備兵を置いていました。

 

項羽「おのれィ・・あの百姓め、もはや己が王になったつもりかあっ!」

 

キレた項羽は見境なく、味方の楚兵が守る函谷関を武力で突破してしまいます。

劉邦は事態を知って怯え、とにかく平身低頭して謝り項羽の怒りを解きます。

この時に項羽の軍師だった范増は、劉邦が咸陽で略奪も行わずに、大人しく

していた事から、民心を得て天下を狙う野望があると見抜きこれを殺すように

項羽に進言しますが、劉邦の平身低頭ぶりに騙された項羽は

劉邦を取るに足らないと侮り、つい許してしまったのです。

 

項羽はこのように感情にムラがあり、殺す必要もない人を無益に殺し、

一方で殺さないといけないライバルを殺せませんでした。

 

項羽、懐王を追放し、自ら西楚の覇王を名乗る

項羽

項羽は、咸陽に入ると、劉邦が助命した秦の3世皇帝の子嬰(しえい)を殺し、

栄華を極めた咸陽の都に火を放ち、略奪と暴行、殺人を兵に許しました。

項羽にしてみれば、子供の頃に楚を滅ぼされた復讐でしたが、

この残虐な所業で、秦の人々は激しく項羽を恨むに至ります。

 

項羽は、秦を滅ぼすと、それまで形の上では主君と崇めていた楚の懐王を

あっさりと遠方に追放し、途中で殺してしまいました。

さらに、自ら西楚の覇王を名乗ると、論功行賞を行い、秦討伐に手柄があった

群雄達に領地を振り分けますが、これは不公平そのものでした。

 

当然、命懸けで働いた群雄は納得せず、領地に帰ると続々と離反し独立します。

項羽は、これを軍を率いて叩き潰します、こうして反乱と鎮圧という

イタチゴッコが続く事になります。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

項羽は、名門の将軍の家柄として生まれますが、

やはり子供の頃から飽きっぽいという欠点があったようです。

後年の項羽は、戦争に勝って戦略で負けるというパターンを繰り返しますが

それも、しっかり兵法を学んでいれば防げたかも知れません。

何より、叔父であり頭脳面で楚軍を引っ張った項梁の戦死が、

項羽にとっては、相当なダメージになっているように思えます。

せめて、秦を滅ぼす頃まで項梁が存命なら、項羽の悪名の幾つかは

カウントされずにすんだでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

次回記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2

よく読まれている記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

よく読まれている記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり…
  2. 呂雉(りょち) 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?と…
  3. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を…
  4. 季布 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天…
  5. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の…
  6. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨…
  7. 劉邦をなだめる陳平と張良 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  8. 皇帝に直言する季布とヒヤヒヤする周辺 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黄忠
  2. 庶民、村人の家
  3. 宋姫
  4. 曹操
  5. 袁術の最後
  6. 坂本龍馬の臨終(暗殺)
  7. 陸遜
  8. 曹仁

おすすめ記事

  1. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  2. 袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音とは? 周瑜に憧れる袁術
  3. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!? 竹林の七賢
  4. 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る 2つの持論を展開する費禕
  5. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  6. 楊端和の性格は男勝りで仲間思いの自信家だった!? キングダム52巻

三國志雑学

  1. 秦の旗を掲げる兵士
  2. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓
  3. ホウ徳、馬超
  4. 劉備勝ちまくり!仮想三国志


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター黒田レン
  2. 五斗米道の教祖・張魯
  3. 育てる三国志の華
  4. 失脚する王莽
  5. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  6. 明治天皇
  7. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  8. アハルテケ

おすすめ記事

孫武(ゆるキャラ) 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの? 宦官VS外威 三国志 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド 賈詡(賈ク) 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの? 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」 劉備 危機一髪 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 曹操と黄巾賊 劉備も孫権も黄巾賊と変わらない!三国志の蜀の皇帝劉備と呉の皇帝孫権は魏王朝から見たら黄巾賊と同じだった!? 荀彧 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件 陳平 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP