広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

この記事の所要時間: 355

 

遊牧民は、農耕民である漢民族の脅威でありました。

その生活習慣は、狩猟と牧畜か、半農牧畜というようなものでしたが、

精強な騎馬民族である彼等は、時折、凶暴な略奪者となって、

漢民族に牙を剥きました。

 

そんな遊牧民の彼等の特徴的な風俗には髪型があります。

 

 

起源は、兜で頭が蒸れるから?

辮髪 wiki

 

遊牧民の髪型、辮髪(べんぱつ)は私達の感覚では丸坊主に近いものです。

 

水資源が農耕民に比べて豊富ではなく、また戦場で兜を被る事が多い

彼等、遊牧騎馬民族は、髪の毛を額の部分だけ残して、

周辺を剃りあげ、余りを三つ編みにして垂らしたり、

耳の所に結んだりしました。

 

こうする事で不快な蒸れを解消し、また水が少なくても

洗髪が容易なようにしたのです。

 

絶えず移動する遊牧民の世界では、持ち物は最小限にしないといけないので、

辮髪のような手入れが簡単な髪型が好まれたのでしょう。

 

漢民族の伝統的な髪型はどんなもの?

曹操を逃す関羽

一方で農耕民である漢民族は、儒教の影響もあり、

親からもらった体に刃を入れるのは不孝であるという考えが、

長い年月続いていました。

 

ですから、ヒゲでも髪でも切らず伸びた髪は登頂部で結んで

髷にしてそこに簪を挿して纏めていました。

 

もちろん、このままでは、暫くすると痒くて仕方がなくなるので

5日に1日は、仕事を休みにして、髪を解いて洗い、

一日かけて乾かすという面倒臭い事をしていました。

 

関連記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

 

馬騰や馬超は辮髪をしていたのか?

馬超仲間入り

三国志で有名な馬騰(ばとう)や息子の馬超(ばちょう)は、

遊牧民、羌族との混血であると考えられています。

 

彼等は、馬に乗り、戦場を移動する生活が多かった上に、

羌族の信用も厚かったという特徴があります。

もしかすると辮髪を結っていたのかも知れません。

 

もっとも、いつもという事ではなく漢民族の支配地に

長くいる時には、髪を伸ばしていたのかも知れません。

 

THREE KINGDOMでは、髪を伸ばし放題で、

漢族とは違うヘアスタイルの馬超ですが、、

kawausoは個人的に「いや、、本当は辮髪なんじゃないの?」と疑っています。

 

関連記事:馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

まるで河童、契丹族の髪型

MongolHuntersSong

 

辮髪にも、遊牧民によって種類がありましたが、一番強烈なのは

鮮卑(せんぴ)系の遊牧民である契丹(きったん)族のヘアスタイルでしょう。

 

彼等の髪型は、髪を両耳の所だけ残して後は丸刈りにするという斬新なモード

一番、似ているのはプレデターの地球外生命体か河童です。

 

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

 

水滸伝の登場人物が契丹ヘアーになる可能性があった?

水滸伝

 

この契丹は、10世紀には大きな勢力になり遼(りょう)を建国。

漢民族の国である宋に20万の軍勢で攻めこんだ事もあります。

 

幸いに、当時の宋は逃げる事なく立ち向かい講和を結ぶ事が出来ましたが

もし、この時に都、開封を奪われていたら、水滸伝の登場人物は、

皆、契丹ヘアーになっていたかも知れません。

 

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事: 殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

 

女真族、中国を征服、そして辮髪は強制される

辮髪

 

17世紀に女真(じょしん)族の国、清が中国を支配すると女真族は、

敵と味方を見分ける為に、この辮髪を漢民族に強制しました。

 

それは「髪を切らないなら首は残らない」という厳罰だったので、

漢民族でも嫌々、辮髪にする人が増加していきます。

 

この女真族は、文殊菩薩信仰に厚く、そこからマンジュ、満州族と

名乗るようになったので以後は満州族と表記します。

 

キョンシーの衣装は満洲族の正装だった!

キョンシー キッズコスチューム 男の子 120cm

 

昔懐かしい霊幻道士シリーズで一世を風靡した、両腕を真っ直ぐに伸ばして

ぴょんぴょん跳ねる妖怪、キョンシーですが、彼等が来ている衣装は、

漢民族の衣装ではなく、満洲族の正装です。

 

清は漢民族に辮髪を強制しておきながら、自分達の正装は、

漢民族には厳禁にしました。

 

漢民族は死んだ時にのみ女真族の正装を許されたので、

いつしか正装は、漢民族の憧れになっていったのです。

 

20世紀に入り清の支配が衰えて規制が緩むと

漢民族も満州族の正装を着るようになり、

これが、チャイナドレスと呼ばれるようになります。

 

辮髪に震えあがった琉球

孫権日本

さて、清が国内で辮髪を強制しているという噂は、

海を越えた琉球、そして、琉球から徳川幕府に伝わります。

 

「国内であんなに強制しているんだから、国外でもやるに違いない、

どうしよう、あんなダサい髪型をしないといかんのか?」

 

琉球は清に辮髪を強制されたらどうしようと怯え、徳川幕府も

「琉球が辮髪になったら日本の体面に関わる」と神経をとがらせますが

清朝は、支配の及ばない国では辮髪を強制する気はなく

琉球も徳川幕府の心配も取り越し苦労に終わりました。

 

でも、徳川時代のちょんまげだって、他国から見れば、

相当に変な髪型だと思いますが、感覚の違いですかね。

 

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:何で日本人は三国志が好きなの?

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

 

悪の拳法家が辮髪をしている理由は?

 

カンフー映画では、悪の拳法家が辮髪をしている事が多いです。

ドラゴンボールでも世界一の殺し屋、タオパイパイが辮髪です。

 

これも理由があり、辮髪は支配者の女真族の髪型だからです。

主人公の拳法家は、辮髪をしていないので漢民族、

つまり、映画の中で女真族と漢民族を戦わせて、最期には

主人公=漢民族が勝つという筋立てにしているのですね。

 

髪型一つでも、こんなにも歴史がある遊牧民の話も奥が深いですね。

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

はじめての三国志看板 -2番目

 

よく読まれてる記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』

 

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

よく読まれてる記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

劉備読書

 

よく読まれてる記事:何で日本人は三国志が好きなの?

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  2. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3…
  4. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  5. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る
  6. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?…
  7. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  8. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  2. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  3. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?
  4. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積
  5. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1
  6. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス! 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍 ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ! 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう) 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

おすすめ記事

  1. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  2. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  3. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  4. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  5. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  6. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう
  7. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)
  8. 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP