日常生活

はじめての三国志

menu

はじめての変

なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

この記事の所要時間: 547

関帝廟 関羽

 

関羽(かんう)の外観上の特徴と言えば、真っ赤な顔と長いヒゲです。

 

桃園の義兄弟をビジュアル化したイラストや映像を見ると、

劉備(りゅうび)張飛(ちょうひ)のイメージは描く人によって結構幅がありますが、

関羽だけはほとんどブレがない。

 

真っ赤な顔に長いヒゲ、そして緑色の着物。

どんなイラストを見ても、ほぼそのイメージは一致しています。

 

あ、関羽を女性キャラ化した某コミックは?

……というツッコミは無しの方向で(自爆

 

それにしても……。

関羽の顔はどうして真っ赤っ赤、なんでしょうか?

オサルノカオモマッカッカ……。

 

 

もとネタは『三国志演義』

ロボ 関羽

 

三国志演義』に、関羽の容姿を描写した一文があります。

 

『身の丈九尺、髯の長さ二尺

顔色は熟した棗の如く、唇は朱をぬったよう、

声はわれ鐘の如く切れ長の目、太く濃い眉』

 

身長 217.8cm

ヒゲの長さ 48.4cm

熟したナツメのような顔色で唇は朱色

割れた鐘のように響く大声で、切れ長の目と太くて濃い眉毛

 

ここでの身長とヒゲの長さは三国時代の一尺=24.2cmを元に計算しています。

『三国志演義』の元ネタとなる『三国志平話』は宋の時代に成立した読み物ですから、

長さの単位も宋の時代に合わせるべきかな、とも思えるのですが、

それだといささかおかしなことになってしまいます。

 

宋の時代の一尺は現代の単位にして31.2cmであったとされています。

これを元に「九尺」あった身長を換算すると、280.2cm!!

これは現代でもちょっと考えられない身長です。

まさに、巨人!!

 

え、別におかしくないんじゃないかって?

どうせフィクションなんだから、大げさに語られてもいいんじゃないか?

 

……まあ、確かにそれも一理あるんですが。

しかし、他の登場人物の描写を見ても、宋代の単位を基準に考えるのは不自然なんですよ。

 

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

 

曹操の身長だと分かりやすい

曹操 弱点 蟻

 

わかりやすいのが曹操(そうそう)です。

演義では曹操のことは「身の丈七尺」と表記されてるんですが、

宋代の尺で計算すると、身長218.4cmもあったことになってしまうんです。

身長約2m20cmとは、現代でも相当の大柄、

バスケットボールの選手並みです。でかいですよね?

 

曹操は一般的に「短身痩躯」(チビでヤセッポチ)というイメージで語られているのは

みなさんご存知の通り。それを考えるとやっぱりおかしいんですよ。

 

三国時代の尺で換算すれば曹操の身長は169.4cm。

まあ、現代でもそこまで極端に小さいわけじゃないですが、

戦場を駆ける武将の身長としては、十分小柄なイメージにおさまります。

 

ということで、『三国志演義』劇中における「尺」は三国時代基準であることに決定!!

 

関連記事:曹操には弱点はないの?

 

関羽の真っ赤な顔は何色?

夏目 wiki

 

閑話休題(と書いて、それはさておき、と読む)

 

……って、話がだいぶ逸れてしまいました。(自爆

ここで重要なのは、身長の話ではなく、関羽の顔の色に関する描写でしたね。

 

……コホン。

それでは話を戻しまして、関羽の顔の色についてのお話。

 

「熟した棗色」

 

棗(なつめ)……現代の日本ではあまり馴染みのない果物ですね。

棗は英語で「Chinese Date」と呼ばれます。

Dateとは、デーツ=ナツメヤシのこと。

つまり、棗とは中国デーツ、ということですね。

 

 

赤い、というよりは赤黒い、といったところでしょうか?

 

ちなみに、『熟した棗』の表記は原文では『重棗』と書かれているのですが、

これには「熟した棗」という訳の他に『いぶした棗』という訳も存在しています。

いぶした=燻製にされた棗、ということでしょうか。

 

いずれにせよ『真っ赤』より『赤黒い』といった方がイメージに近いことは確かです。

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  2. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  3. 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将
  4. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダー…
  5. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  6. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10…
  8. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え
  2. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  3. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  4. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】
  5. 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う
  6. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い! 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧 曹操の詩の世界を体験してみよう 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの? 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  2. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  3. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ!
  4. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  5. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  6. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  7. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!
  8. 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP