ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け!

土いじりをする劉備


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀の皇帝に即位した劉備

 

劉備(りゅうび)(しょく)(221年~263年)の初代皇帝です。史書では先主(せんしゅ)昭烈皇帝(しょうれつこうてい)と言いますが、劉備が有名なので、この記事では劉備で通します。

 

土いじりをする劉備

 

ところで読者の皆さんは劉備に対して、どのようなイメージを持っていますか。

おそらく皆さんのイメージは農業で汗水流して、一日の食事にも困る貧乏農民の姿だと思います。

 

ところが、案外違うのです。

 

黄巾賊

 

そこで今回は劉備が黄巾の乱(こうきんのらん)に参加するまでの経歴を暴きます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「劉備 経歴」
「劉備 貧乏」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも、劉邦軍と劉備軍が入れ替わったら?【if三国志】

関連記事:夷陵の戦いにおける劉備の大敗は避けようがなかったの?臥竜鳳雛が揃っていたら?

 


 

学費を出してもらっていた劉備

三国志大学で勉強する劉備

 

若い時の劉備はお金が無い貧乏人というイメージとは程遠いです。なぜ、そんなことが言えるのかというと、彼の親族関係にありました。

まず、親族からです。

 

皆さんのイメージだと劉備は父は早死にして、母と2人暮らしという感じだと思います。おそらくこのイメージは、マンガや小説の影響だと思います。たしかに劉備の父が早死にしたのは事実です。

 

ところが、劉備の親族は近くいたようです。それは以下の通りです。

 

(1)叔父(名前不明)

(2)劉元起(りゅうげんき)←親族

(3)劉徳然(りゅうとくぜん)←親族 劉元起の息子

 

劉元起はよく分からないのですけど、どうも劉備の後見人のような存在です。劉備が学者の盧植(ろしょく)の塾に入る時は学費を出しています。しかも息子の劉徳然と同額を払ったのです。

 

生徒に勉強を教える盧植

 

盧植は当時では一級の学者です。現代で言うなら、東進ハイスクールの林先生に学ぶレベルです。

つまり、劉備は学費の提供を受けれるレベルなので、お金に困っていなかったと分かります。

 


 

遊ぶ金もあった劉備

三国志の主人公・劉備

 

もちろん、読者の皆さんの中には「親族から金を借りるぐらい困っていたのじゃないのか?」と疑問を持つ方もいるでしょう。そうとも言い切れません。

理由は劉備の趣味にあります。

 

若かりし劉備

 

劉備の若い時の趣味は(1)ドッグレース、(2)馬術、(3)音楽、(4)ファッションの4点です。

どれも金のかかる遊びばかりであり、農民らしさがゼロです。要するに劉備の正体は放蕩三昧のドラ息子です。

 

公孫瓚と劉備

 

実際に盧植の塾でもマジメに勉強はしていなかったようです。とりあえず、箔をつけるために行っていたという感じがします。


 

本当にタダで劉備に軍資金をくれたのか?

商人

 

劉備が黄巾の乱に出発する時に、中山の張平世(ちょうへいせい)蘇双(そそう)という商人に出会いました。この2人は劉備を見た時に、劉備が只者ではないと思って軍資金をタダでくれました。

 

この話は横山光輝(よこやまみつてる)氏の『三国志』にも記載されているので、マニアックな読者は記憶していると思います。疑問視するのは、この話が本当かどうかです。

 

なぜかと言うと、この当時の劉備は24歳です。24歳の若僧に、ベテラン商人が「どうぞ」と軍資金をタダで渡すと思いますか。そもそも何を期待して提供したのかも不明です。

 

結局劉備はそのまま黄巾の乱平定に出発していますし、後年に2人にお礼をした形跡がどこにもありません。また、正史『三国志』に注をたくさん付けている裴松之(はいしょうし)でさえも、この点にはノーコメントです。たぶん、本当に調べる史料が無かったのでしょう。

 

朝まで三国志 劉備

 

ちなみに中国文学者の高島俊夫(たかしまとしお)氏は、劉備が子分と一緒に張平世を脅迫して金を奪ったと推測しています。


  

 

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上、劉備が黄巾の乱に参加するまでの経歴を簡単ですが紹介しました。実は、先ほど紹介した張平世と蘇双の話なのですけど、横山光輝氏も気になっていた形跡がありました。

 

後年、横山氏が三国志のファンブックを出版した時に、それが記載されていました。

内容は老齢になった劉備の所に張平世がやって来て、「あの時の軍資金をそろそろ返してください」と頼むifストーリーです。

 

現在、筆者はそのファンブックを所持していないのですけど、興味のある人は読んでみてください。

 

※参考文献

・高島俊夫『三国志 「人物縦横断」』(初出1994年 のち『三国志 きらめく群像 (ちくま文庫)』2000年に改題)

・横山光輝『横山光輝三国志おもしろゼミナール』(希望コミックス 1984年)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と呂布の関係って現代でも通用する?裏切られたら容赦はしない、が乱世の基本

関連記事:【劉備の逸話】大耳児のネーミングは曹操?大耳児の由来から劉備の逸話を紹介

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 亡くなる袁紹 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」
  2. 郭嘉 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言し…
  3. 二刀流の劉備 夷陵の戦いに至るまでの経緯は?夷陵の戦いまでの蜀の動きと経緯
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 【馬超の妻の死から読み取る】馬超の再起を分かりやすく解説
  5. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  6. 沙摩柯 甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王
  7. マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン) 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  8. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  2. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  3. 孫権 弔い出陣
  4. キラー陳泰
  5. 山本勘助 wikipedia
  6. はじめての三国志
  7. 兵士
  8. 孔明もコペルニクスに似ていた

おすすめ記事

  1. 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人 はじめての三国志 画像準備中
  2. 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性 黄月英
  3. キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い! 李儒と三国志
  4. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 曹操は褒め上手
  5. 曹丕と曹植は後継者争いなんてしていない?曹丕の功績から後継者争いを考察 曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩
  6. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの? 夏侯惇

三國志雑学

  1. 三国志の計略と孔明
  2. 曹丕と曹植
  3. 張飛 本 学問 三国志
  4. 荀彧と袁紹


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉虞
  2. 王昶(おうちょう)
  3. 田中角栄

おすすめ記事

爽やかな荀彧 第17話:袁術くん「メタ認知」を荀彧から学ぶ 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った? 関羽は神様 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」 曹操 三国志 ゆるキャラ1 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの? 陸遜 剣と刀 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】 蜀の孔明 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ! 于禁 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生 曹丕に進言をする劉曄 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP