キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての漢

盧植とはどんな人?不正と悪を憎み酒を愛した武闘派学者の人生




盧植

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

時代劇では師匠と弟子というのは特別な関係を持つものです。

中国においても師は父母に並ぶ尊敬すべき存在であり、その関係は一生続きました。

三国志の英雄劉備(りゅうび)にも、師と仰ぐ存在として盧植(ろしょく)が登場します。

そして、この盧植、学者でありながらかなりの武闘派として名前が轟いているのです。

今回は敵味方を超えて、多くの人に慕われた盧植について解説します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【意外な事実】公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった!

関連記事:第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す

 

 

色にも詩にも興味なし大酒を飲んだ武闘派学者

色にも詩にも興味なし大酒を飲んだ武闘派学者の盧植

 

盧植は幽州涿(たく)涿(たく)県の出身です。

身長八尺二寸(漢の寸法では195センチ)という大柄な人物で声は鐘のように大きく響き、

若い頃から早くもタダモノではない風格を漂わせていたようです。

 

盧植は勉強熱心でもあり、青年になると友達の鄭玄(じょうげん)と共に馬融(ばゆう)という当代随一の学者に師事しました。

 

ところが、この馬融、元々後漢を建国した功臣である将軍馬援(ばえん)の一族で外戚(がいせき)である事から贅沢(ぜいたく)が染みつき

講義の最中も多くの美女を(はべ)らせて歌舞音曲を楽しんでいたという人でした。

梁冀

梁冀

 

おまけに馬融は長いものに巻かれる俗っぽい性格で、皇帝を毒殺して政治を欲しいままにし跋扈(ばっこ)将軍の異名をとった梁冀(りょうき)

迎合したので清流派の名士からは濁流派のボスだと非難され、同席を拒否する者までいたそうです。

並の青年なら、そんなお色気満載の馬融の塾で講義を受ければ、美女にウハウハで勉強どころではありませんが、盧植は美女には一度も目もくれず

真面目に学問に取り組んだので、馬融にも敬意を持たれ目をかけられました。

 

数年、馬融に師事する間に盧植は大いに教養を積んだのですが、詩文を造らず酒を一石(19,8ℓ)も飲み、俺は世界を救うのだという

大志を語っていました。

なんだか学者らしくない武闘派の雰囲気を持つ人だったのです。

 

 

九江蛮を討伐するも病で故郷に帰り塾経営と著述に励む

九江蛮を討伐するも病で故郷に帰り塾経営と著述に励む 盧植

 

そんな盧植ですから、複数の州郡から引く手あまたでしたが、それを盧植はすべて断ります。

盧植は建寧年間(168年~172年)の中期に博士(はくし)になりました。

こうしてみると、盧植はしがらみが多い宮仕えが嫌いな研究室の学者タイプかも知れません。

 

西暦175年に九江蛮(きゅうこうばん)が反乱を起こすと文武の才能がある人物として四府から推薦され九江太守に任命されます。

ここで盧植は期待に応えて九江蛮を鎮圧しますが、途中で病気を得たとして官職を去りました。

病気なんて言ってますが、盧植の性格から考えて俺の役割は終わったという事かも知れません。

 

こうして、故郷、涿郡涿県に帰った盧植は「尚書章句」や「礼記解詁(らいきかいこ)」等、著作を執筆する傍らで私塾を開いて近隣の子弟に学問を教えています。

 

著名な盧植の私塾は入門者であふれ、三千人も弟子がいたそうで、その中には盧植と同郷の劉備(りゅうび)や、公孫サン、高誘(こうゆう)というような人物も

含まれていました。

劉備は盧植と違い、学問には熱心じゃなかったようですが、盧植の豪放磊落(ごうほうらいらく)な性格には大いに感化されたかも知れません。

 

会南夷を討伐し、盧江太守から帝都図書館の職員へ

会南夷を討伐し、盧江太守から帝都図書館の職員になった盧植

 

私塾を経営していた盧植ですが、再び、会南夷(かいなんい)が反乱を起こします。

朝廷は以前の盧植の手柄を見込んで盧江太守に任命、数年勤めました。

 

ここでも反乱を鎮めると辞職しますが、今度は洛陽に呼び出されて東観(とうかん)という漢帝国の図書館の職員になります。

 

学者として研究に専念したい盧植に取って、ここは願ってもない仕事場で同僚の馬日磾(ばじつてい)蔡邕(さいよう)楊彪(ようひょう)韓説(かんせつ)らとともに五経の改訂や

漢紀の編纂事業(へんさんじぎょう)に携わっています。

 

その博識で清廉な人柄は、洛陽では増々広まり、尊敬を集めるようになり召されて侍中(じちゅう)になり、次には尚書(しょうしょ)に移動します。

こうして盧植は中央の政治に関わりますが、硬骨漢ぶりは相変わらずで、霊帝(れいてい)が取り巻きや宦官(かんがん)と組んで腐敗した金権政治をしている事に我慢できず

たまたま起きた日食(にっしょく)を理由に政治の刷新(さっしん)を訴えました。

 

当時、日食は政治が正しく行われない事に対する天の怒りと考えられていました。

しかし、霊帝は盧植の意見を聞き入れなかったようです。

 

黄巾の乱勃発!北中郎将として張角を破るが・・

牢獄された盧植

 

西暦184年、黄巾(こうきん)の乱が発生、やっぱり盧植はそれまでの戦功を買われて再び四府からの推挙を受け北中郎将(ほくちゅうろうじょう)に任命、

北軍五校士の将軍として護烏桓(ご・うかん)中郎将の宗員(そういん)を副官に据え、さらに志願兵を募る事で大軍を編成して張角(ちょうかく)の討伐に向かいます。

 

盧植の軍は強く、張角の軍を大いに破り広宗城に敗走させました。

勢いに乗る盧植軍は広宗城を包囲して、雲梯車(うんていしゃ)で城内に入り込もうとします。

しかし、ここで盧植に思わぬ落とし穴が待ち受けていました。

 

戦況を視察する為に霊帝の使いとして、小黄門(しょうこうもん)宦官(かんがん)左豊(さほう)が盧植の本陣を訪れ、当然のように

「良い報告をしてほしいなら賄賂(わいろ)を寄こせ」と要求したのです。

五銖銭

 

ずーっと硬骨漢(こうこつかん)でやってきた盧植に大人の対応など出来ません。

「こんな兵糧不足の時期にあなたに献上するものなどない!」と突っぱねてしまいました。

 

これを恨んだ左豊は洛陽に帰還すると霊帝に「盧植は指揮を怠慢(たいまん)して戦争を長引かせている」と讒言(ざんげん)します。

これを真に受けた霊帝は激怒、盧植を逮捕して官職をはぎ取り死罪を命じますが、周囲の反対もあり罪一等を減じて牢獄に収監してしまうのです。

 

ほーんとに正直者は割に合いませんねー!

 

盧植の後任は董卓(とうたく)でしたが、羌族相手とは勝手が違うらしく大苦戦、結局、董卓も更迭され代わりに()州で黄巾賊を平定していた皇甫嵩(こうほすう)

広宗城を包囲、奇襲により張角の弟で副将の張梁(ちょうりょう)を斬り、さらに、もう一人の弟、張宝(ちょうほう)も斬りました。

すでに張角は亡くなっていたので指導者を失った黄巾の乱は終息に向かいます。

一方、皇甫嵩は洛陽に帰還してから、いかに盧植の指揮ぶりが素晴らしかったかを証言したので、盧植は許され再び尚書に返り咲きました。

 

何進董卓の危険性を忠告するが無視、宦官皆殺しには加担

何進に董卓の危険性を忠告するが無視、宦官皆殺しには加担 した盧植

 

黄巾の乱が終結すると、外戚の何進(かしん)と宦官の間で勢力争いが起こります。

特に西暦189年にアホ皇帝の霊帝が死んでから争いには拍車が掛かりました。

 

何進は、宦官皆殺しの計略を配下の袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)の要請で実行に移そうとしますが、妹である()太后が宦官の味方をして煮え切らないので、

涼州軍閥の董卓を洛陽の周辺まで呼び寄せて圧力をかけようと画策します。

盧植は、董卓の凶暴な性格を知っていたので、これに反対しますが何進は聞きませんでした。

 

ところが何進は、グズグズしている間に宦官、仲常侍に先手を打たれ殺害されます。

これに袁紹袁術が猛反発し、兵を率いて後宮に乱入し宦官を皆殺しにしました。

この時には、盧植も宦官皆殺しに加担し、少帝を連れて逃げる仲常侍(ちゅうじょうじ)の前に大斧を持って立ち塞がったそうです。

 

学者先生が大斧を武器にして仁王立ちですよ、違和感ありありですよね。

まあ、盧植は宦官の左豊のせいで投獄され、ひどい目にあっていますし、性格を見ても清流派の人物のようですから無理もないでしょう。

 

ですが、この大混乱のせいで洛陽の行政は麻痺(まひ)、城外に逃げた少帝と陳留王は、洛陽郊外にいた董卓に保護されました。

こうして、董卓は帝を保護したという大義名分を得て堂々と洛陽に入城したのです。

 

董卓相手にも遠慮なく諫言、隠棲して大往生

亡くなる盧植と悲しむ袁紹

 

董卓は少帝の威光を背景に、次第に暴君の性質を現していきます。

群臣は皆、董卓の恐ろしさに不満があっても口をつぐんでいましたが、盧植は硬骨漢ぶりを発揮し、憶する事なく堂々と諫言(かんげん)しました。

 

特に、董卓が少帝を廃して陳留王を皇帝にすると言い出すと、「なんの権限があって」と猛烈に反対、激怒した董卓は盧植を投獄して

処刑しようとします。

 

しかし、蔡邕や議郎(ぎろう)彭伯(ほうはく)が「盧植を殺せば天下の声望を失います」と必死に董卓を(なだ)めたので、董卓も渋々譲歩し

尚書をクビにするだけに留めました。

 

命の危険を感じた盧植は、病気療養を理由に洛陽から逃亡、これを察知した董卓は追っ手を差し向けますが手遅れで、

盧植は故郷に近い上谷郡(じょうこくぐん)隠棲(いんせい)します。

その後、冀州牧の袁紹(えんしょう)が軍師になってくれるように依頼するとそれに応じますが病気になり、192年に死去しました。

 

盧植の硬骨漢ぶりは天下に聞こえていて、西暦204年袁紹の遺児である袁尚(えんしょう)を破った曹操は、途中に盧植の故郷である涿郡涿県に立ち寄り、

盧植の功績を顕彰し、盧植の子であった盧毓(ろいく)を取り立てて長年の功績に報いたそうです。

 

 

 

 

盧植とはどんな人?不正と悪を憎み酒を愛した武闘派学者の人生

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!

関連記事:【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹仁 三国志 ゆるキャラ 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備…
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  3. 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝
  4. 馬騰 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将
  5. 劉備妻つかまる 妻子を人質に取られすぎな劉備
  6. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサ…
  7. 劉備 呂布 裏切り 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  8. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郭嘉を採用する曹操
  2. 陸遜
  3. 曹操軍
  4. 費禕
  5. 龐統
  6. 対立する西郷隆盛と大久保利通

おすすめ記事

  1. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  2. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  3. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る! 于禁と兵士
  4. 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい よかミカンさん はじめての三国志ライター
  5. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ
  6. 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ! 篤姫

三國志雑学

  1. 張翼
  2. 城 銅雀台
  3. 徐庶
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 篤姫
  2. 徳川家康

おすすめ記事

蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた 羅憲 【陸抗vs羅憲】勝ったのは一体どっち!? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の旗や家紋は桔梗の花? 酒を飲む曹操、劉備、孫権 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介 ゆるキャラ龐統 78話:龐統初登場、連環の計発動! 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第6話:三国夢幻演義 龍の少年「変遷」配信中

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP