呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

尊皇攘夷とは一体何なの?幕末の志士達が唱えた言葉に迫る!!

吉田松陰(極悪顔)




川上彦斎

 

尊皇攘夷(そんのうじょうい)ってみなさん読めますか。

上記の漢字の読み方は「そんのうじょうい」です。

読める方も多いと思いますが、意味をわかっている方は少ないと思います。

そこで今回は尊皇攘夷について、色々と紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
尊皇攘夷とは」
「尊皇攘夷 意味」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】

関連記事:幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの?

 

 

尊皇攘夷の語源は?

 

尊皇攘夷は幕末の志士達に流行っていた言葉ですが、そもそもこの言葉の語源はどこから来ているのでしょうか。尊皇攘夷の言葉の語源は古代中国の春秋時代(しゅんじゅうじだい)から来ています。

 

桓公(かんこう)

 

尊王攘夷の意味は「王を尊び、夷を攘う」で、春秋時代の周王朝(しゅうおうちょう)を夷(当時は主に南方の超大国・()や異民族)から守ろうというスローガンとして誕生。

この尊王攘夷を実践したのは春秋時代の覇者・(さい)桓公(かんこう)です。

 

彼は周王朝の領土へ度々侵入してきた楚の軍勢や異民族を諸侯と一致団結して打ち払って、尊王攘夷を実現していきます。その後この尊王攘夷の言葉は海を渡って日本へ伝来。

 

徳川斉昭

 

時は流れて幕末水戸藩の九代目藩主・徳川斉昭(とくがわなりあき
)
は藩校・弘道館(こうどうかん)設立時、藤田東湖(ふじたとうこ
)
へ学則を作るように命令します。

 

口うるさい徳川斉昭

 

藤田東湖は弘道館の学則に「弘道とは何ぞ。人の道を弘める事である。道とは何ぞ。天地の大本でそこに生きる者が片時も離れられないものである。天皇の位はこれをもって無窮であり、国体はこれによって尊厳を保たれ、人民はこれをもって安泰であり、野蛮な敵はこれをもって服従する。我が東照宮(とうしょうぐう)は国内の乱を治め、尊王攘夷、まことに武、まことに文、もって天下泰平の基礎を作り給うた」と学則を作り上げます。

 

この学則の中で藤田東湖が尊王攘夷の四文字熟語を造語した事がきっかけで、幕末日本中の志士たちの間にこの言葉が広まっていくことにあります。

しかし春秋時代は「周王朝に害意を持った異民族を攘う事」が尊王攘夷でしたが、幕末の藤田東湖が作り上げた尊王攘夷の言葉は古代中国の春秋時代の尊王攘夷とはちょっと違う意味にでした。

 

 

幕末の尊王攘夷はどんな意味!?

 

幕末の尊王攘夷はどんな意味なのでしょうか。

 

それは「自国(日本)は世界最高の国でそれ以外の国はすべて夷だから、打ち払えばいい」と言う華夷思想と言われるとんでもない観念が幕末の尊王攘夷の意味です。

しかし夷を打ち払う尊王攘夷を信じていた人は極々少ない人だけでした。

 

黒船(ミシシッピ号)

 

なぜなら黒船に刀や鉄砲で襲い掛かっても勝てない事を知っていた武士が多かったからです。

そのためこの尊王攘夷の言葉の意味は、上記を基本理念とし、ちょっとずつ違った解釈へと変化していくことになります。

 

では尊王攘夷はどのような意味で使われていたの??

 

幕末に使われていた尊王攘夷の言葉の意味は上記で紹介しました。

でも幕末で実際に使われていた尊王攘夷の意味は、基本理念こそ上記で紹介した意味ですが、違う解釈をしていた人々が多くいました。

 

では幕末で尊王攘夷の言葉はどのように使われていたのでしょうか。

それは幕府を批判するための言葉です。

 

幕府は夷にあたる諸外国と和親条約を締結。

しかし朝廷は華夷思想に基づいた行動をしないで、幕府が諸外国と和親条約を結んだことに激怒。幕末の志士は華夷思想を主張する朝廷を擁護し、諸外国と和親条約を結んだ幕府を批判するため、尊王攘夷の言葉を利用して、幕府へ圧力を加えていくことになります。

 

幕末ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は結構難しい尊王攘夷をできるだけ簡単に紹介してきました。幕末には朝廷を擁護して幕府を批判する攘夷論だけではなく、色々な攘夷論がありました。

 

吉田松陰

 

例えば、幕末の思想家・吉田松陰(よしだしょういん
)
の攘夷論は「世界の場において、大艦を製造し、公卿から諸大名まで、各国を航海して世界の知見を広め、富国強兵に努める策を実現するべきです」と述べています。

 

吉田松陰(極悪顔)

 

この松陰の攘夷論は夷を利用して、日本の国力をみんなで協力して増大させるべしとの論文でした。松陰の攘夷論の他にも坂本龍馬など多くの志士がいろんな角度で、攘夷論を唱えていますので、興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。

 

今回の攘夷論はここまでにしたいと思います。

私の記事を見てくれた読者の方々ありがとうございました。

 

■参考文献 幕末維新すっきり読める奔流時代など

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:【形勢不利の薩長】一発逆転の王政復古大号令の影響力とは?

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 武田観柳斎とはどんな人?武田観柳祭から読み取る新選組の武田観柳斎…
  2. 大久保利通 幕末 大久保利通は明治維新・幕末時代にどんな業績を残したの?
  3. 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者
  4. 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?
  5. 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  6. 阿部正弘 阿部正弘には子孫がいるの?子孫もイケメン?
  7. 西郷園(その)はどんな人?実は吉二郎の再婚相手だった女性
  8. 篤姫 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会
  2. 双流星を振り回している徐盛
  3. 孫晧(孫皓)
  4. 法正
  5. 三国志ライター黒田レン
  6. 成廉、魏越、呂布
  7. 桃を持った姜維(はじめての三国志)

おすすめ記事

  1. 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 何進
  2. 大河ドラマ初の海外ロケ「いだてん」はどこで撮影されたの? スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介 おんな城主 直虎
  4. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  5. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  6. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?

三國志雑学

  1. 魏の夏侯淵
  2. 空箱を受け取る荀彧
  3. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  4. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 病に倒れる始皇帝
  2. 曹操
  3. 病気がちな孔明
  4. 張角は歴史の表舞台に登場
  5. 烏桓族

おすすめ記事

井伊直政 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人? 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物 劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】 曹洪と曹操 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ 荀彧 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP