ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

小田原城と「センゴク権兵衛」がコラボ!「黒レンの歴史探訪」

北条早雲


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志ライター黒田レン

 

こんばんわ。

はじめての三国志ライター黒田レンです。

いつも私の記事を読んでいただきありがとうございます。

今回は日本の戦国時代、関東の覇者として君臨していた北条氏の本拠地・小田原城(おだわらじょう
)
へ行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

 

関連記事:北条早雲、漫画「新九郎奔る」の主人公はどんな武将だったの?

関連記事:北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト

 


 

小田原城ってどんな城??

北条早雲

 

戦国時代関東の覇者として君臨した北条氏。戦国時代の北条氏の祖は伊勢宗瑞(いせ もりとき)(北条早雲 (ほうじょう そううん))です。彼は韮山城を本拠地にしていましたが、宗瑞の嫡男・氏綱が家督を継ぎ、本拠地を韮山城から小田原城へ移します。

 

余談ですが、北条氏を名乗り始めたのは宗瑞からではなく、氏綱の時代からです。その後北条氏は氏綱~氏直まで小田原城を本拠地としています。

 

上杉謙信

 

小田原城は戦国最強と名高い上杉謙信(うえすぎけんしん
)
武田信玄(たけだしんげん
)
の攻撃をしのぎ、鉄壁の城と呼ばれ、現在でも多くの戦国時代の歴史ファンが訪れている城です。

 

また今回レンが訪れた時は夏休みでだったこともあり、多くのファミリーが小田原城を訪れていました。そんな小田原城ですが、詳細な時代考証をしている事で知られる戦国時代のマンガ「センゴク権兵衛」とコラボレーションをしていましたので、ご紹介していきたいと思います。

 


小田原城とマンガ「センゴク権兵衛」イベントの内容とは?

 

小田原城は現在天守閣が現存しており、1F~5Fまでが小田原城の歴史に関するものが展示されています。

 

1Fは江戸時代の小田原城に関する情報が展示されています。

2Fは戦国時代小田原城を本拠地として活動していた北条氏に関する歴史を紹介。

3Fは小田原城の発掘調査の成果物を紹介しています。

 

そして今回4Fがマンガ「センゴク権兵衛」に関する展示会が行われていました。ここでは「センゴク権兵衛」の主人公・仙石権兵衛秀久(せんごく ひでひさ
)
が作中で大失敗をした戸次川の戦いを紹介。

 

また現在「センゴク権兵衛」で連載されている小田原城の編についての解説や北条家のイラストなども展示されていました。更に今まで「センゴク」権兵衛に登場した毛利家や武田家、上杉家など多くの武将達のイラストが展示されており、「センゴク権兵衛」好きにはたまらない展示内容となっています。

 

そのほかにも歴代「センゴク権兵衛」の原画が展示されていたり、「センゴク権兵衛」の作者・宮下秀樹氏のインタビューの内容や宮下氏がどのようにして「センゴク権兵衛」を制作しているのかが紹介されていました。

 


レンの感想

 

レンが実際に「センゴク権兵衛」イベントを見学しに行った感想は驚きだらけでした。まず戦国時代の小田原城についてはレンもある程度の事を知っていましたが、やはり現地の研究成果や小田原北条氏についての情報を展示物と共に見学するのは文章で読むのと全然違い、当時の雰囲気を味えました。

 

またマンガ「センゴク権兵衛」イベントの展示についてですが、こちらは驚きと感動でした。まず驚きについてですが、仙石権兵衛秀久が作中で使っている面頬や鉄砲、槍などの原画と共に当時使っていた物品が展示している事に驚きました。

 

感動についてですが、普段見るチャンスが無い「センゴク権兵衛」の原画を思う存分堪能できたのはすごく感動しました。小田原城と「センゴク権兵衛」のコラボイベントは9月8日まで開催しておりますので、ぜひ皆様訪れてみてはいかがでしょうか。

 


歴史探訪ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は小田原城と「センゴク権兵衛」のコラボイベントについて紹介しました。この「センゴク」コラボは小田原城だけでなく、鹿児島や岐阜県可児市でも開催されることが決定しています。

 

もし興味がある方は小田原城の「センゴク権兵衛」コラボイベントを訪れてから、上記のイベントも訪れてみるのもいいかもしれませんね。

 

関連記事:後北条家氏の武将達を紹介!

関連記事:【後北条氏】早雲から5代続いた関東の戦国大名を紹介

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 信長の野望・創造 ゲームでの明智光秀の評価は?信長の野望・戦国無双・戦国BASAR…
  2. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀はなぜ織田信長を暗殺したの?江戸時代の歴史家から考察
  3. 黒田官兵衛 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  4. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤…
  5. 餓えた農民(水滸伝) 戦国時代の農民の暮らしは超スパルタで戦闘的だった?
  6. 武田信玄と徳川家康 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康
  7. 三国志ライター黒田レン 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の…
  8. 豊臣秀吉 戦国時代 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬にまたがって戦う明智光秀
  2. 近藤勇 新選組
  3. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)
  4. 呉の孫権
  5. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

  1. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  2. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 結婚を喜ぶ孫策
  3. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?
  4. もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった? 撃剣を使う曹丕
  5. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは? 三国志大学 曹操
  6. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは? 桓騎

三國志雑学

  1. 陳寿 三国志
  2. 三国志大学 曹操
  3. 君たちはどう生きるか?劉禅
  4. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  2. 光武帝(劉秀)陰麗華
  3. 朱異
  4. 車に乗る諸葛亮
  5. 黒田官兵衛
  6. 劉邦と張良と陳平
  7. 蜀の魏延

おすすめ記事

長坂の戦い 張飛 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 朝まで三国志 袁紹 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! キングダム 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」 単刀赴会処 関羽像 写真提供 / 光月ユリシ 長沙の史跡(張公祠記・益陽・魯粛墓)を調査してみた【三国夢幻紀行 荊州湖南篇】 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの? 王翦 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何? 曹叡 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった? 陸遜 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP