広告

キングダム「王翦はどんな反撃をするのか?」

2019年11月4日


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



倉央を前線に出して糸凌とコラボさす

 

兵士 朝まで三国志

 

王翦の用兵能力はピカ一なので、現在は、田里弥と倉央が別々に動かしている二軍を一人で動かす位の事は出来ると思います。本陣はグチャグチャになっているので、当座、王翦が動かせるのは、田里弥か倉央に分離して与えた軍だけです。

官渡の戦い 騎馬兵

 

すると、田里弥と倉央の仕事から軍を指揮する部分が外れるので、手勢だけを率いて遊撃に転じる事が可能になるでしょう。どちらかと言うと武力が弱そうな田里弥は遊撃隊にして李牧の本陣を左翼から突かせるなどして、さらに李牧を混乱させつつ、馬呈相手には苦戦しそうな糸凌(しりょう)の所に倉央を送り込んで援護するというのはどうでしょうか?

kawauso

 

あ、そういえば、まだ雷伯は戦死していない筈なので、馬呈を援護しようとする雷伯については倉央が相手をして討つという展開でもスマートです。

雷伯を倉央が討ち取った後で、馬呈に対して糸凌&倉央が協働作業で息の合った攻撃を繰り出すというのも面白いかなと思います。

 

昌平君が送り込んだ補給を受けて幕

昌平君

 

ここまでくると、鄴攻めの前に王翦が昌平君に頼んでいた事が気になります。すごいベタですが、ここまで来て昌平君が補給を満載して太行山脈を越えてやってくるというオチが待っているのではないでしょうか?

敗北する桓騎

 

例え、(ぎょう)が落ちても食料がない桓騎軍が相手なら逆包囲で奪還は容易(ようい)だと居直っている李牧に対し王翦に逃げられたという情報が伝令から伝えられ、間髪入れずに昌平君に率いられた秦の大軍が補給を伴い閼与を陥落させてやってくる。これで鄴を救援する意味がなくなった事を悟った李牧は、敗北を認めて王都に向かい帰還を開始します。

城 銅雀台

 

李牧を討つ為に龐煖と激闘した信は、もう一歩も動く力がなく険しい顔をして退却していく李牧を眺めておく事しか出来ないわけです。大勢の仲間を殺した総大将である李牧を討てない事で悔し涙を流す飛信隊は、なかなか絵になりそうな感じです。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

李牧を討てずに悔し涙を流す信と、度重なる奇跡を巻き起こした信を見下ろす李牧。

朱海平原の戦いの初日に麻紘(まこう)をヒットした時には「お前は私には追い付けない」と余裕をかましていた李牧に、たった十四日で肉薄した信に対し、李牧は強い脅威を感じる。みたいな展開でしょうかね。

 

参考文献:史記

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新620話ネタバレ予想vol3「秦王政と龐煖に意外な共通点」

関連記事:キングダム620話ネタバレ予想vol2「龐煖の弱点とは?」

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-キングダムのネタバレ考察
-