ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯惇の外見ってどんなイメージ?理想の夏侯惇像をちょっと描いてみる

夏侯惇


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と夏侯惇

 

曹操(そうそう)軍の重要メンバー、夏侯惇(かこうとん)。『三国志演義』においてもかなり初期の頃から登場し、曹操のライバルたちを相手に奮戦します。それでいて劉備(りゅうび)軍の敵として出てきた場合には、いい感じの「やられ役」になってくれるという、とてもありがたいキャラクターでもあります。

 

ですがこの夏侯惇、気になることもいろいろとありませんか?

だいいち名前からして、登場メディアによって「かこうとん」だったり「かこうじゅん」だったり、なんだかモヤモヤしませんか?

 

目玉を食べる夏侯惇

 

そのうえ有名なエピソード「左目を自ら引き抜いて食べた」というエピソードすら、史実ではない可能性が濃厚だというのですから!

 

自称・皇帝
当記事は、
夏侯惇 イメージ」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!!

関連記事:夏侯惇の功績は戦よりも内政の方が大きい!?


夏侯惇にまつわる様々な伝説はどこまで「真実」なのか?

曹操と夏侯惇

 

まずは夏侯惇の名前のナゾについて。これはどうも、昔の日本ではこの人のことを「かこうじゅん」と呼んでいた名残のようですね。言われてみれば横山光輝さんの漫画版のような、比較的昔の作品のほうが、彼のことを「かこうじゅん」と呼んでいることが多いように見えます。

 

いっぽう比較的最近のゲームやアニメでは、より漢音(漢和辞典に載っている音読み)として正確な、「かこうとん」で読むのが流行のようですね。そうするとどうしても人間の気持ちとして、最近のメディアで使われているほうがカッコよく見えて、「かこうじゅん」はなんだかダサく思えてきてしまいます。新旧メディアの違いというだけなのですが。

 

夏侯惇

 

もっともこれらは別に中国語原音とは関係ない「日本語での読み方をどうするか」の話なのですから、夏侯惇本人にとっては「知らんがな!」という話ですが。もうひとつ、彼を象徴するエピソード「片目を負傷したときに自分で引っこ抜いて食べた」の真偽に至っては、これはもはや「『演義』の作者、羅貫中の創作である」ことがほとんど決定的とみられています。

 

夏侯惇の勇猛さを示す名場面だけに、これが「史実とは関係ない」というのは、ちょっと悲しいところではないでしょうか。もっともこちらにしても、夏侯惇本人からすればすべて後世の人がああだこうだと言っている話にすぎず、「知らんがな!」というところでしょうが。


「夏侯惇はどんな外見であってほしいか?」自分なりのイメージを追求してみる

夏侯惇

 

けっきょくのところ、実際の夏侯惇とはどのような人物だったのでしょうか?

 

結論としては「史実の姿はよくわからない」となる以上、三国志ファンには独特の楽しみが出てきます。こういうキャラクターこそ、「きっとこうだったに違いない、ああだったに違いない」と自分なりに好きに妄想できるわけですね。

 

というわけで夏侯惇についても、目を閉じて、「自分の中での夏侯惇」を好きなように思い描いてみました!

皆さんの「心の中の夏侯惇」と比較しつつ、少々、お付き合いください!

 

まず名前の読み方は、私の好みで決めていいなら、絶対「かこうとん」でしょう!

最近のメディアで流行りのほうがカッコよく見えてしまう以上、ここはとりあえず迷うことはありません!

ぜひとも彼には、「ワシはかこうじゅん!」ではなく、「ワシはかこうとん!」と登場してもらいたい!

あ、そうそう、私の頭の中の夏侯惇は、一人称は若いころから常に「ワシ」です。

 

片目がつぶれている外見である点も、迷うことはありません。

だいいち「片目でない夏侯惇」など、想像できますでしょうか?

彼は絶対に「隻眼の男」であるべきでしょう!

 

ただし、つぶれているほうの左目がどのような見かけをしているかは、これもいろいろ妄想しがいがあります。

 

彼の左目はむき出しの古傷のまま?

それとも海賊のような眼帯?あるいは包帯?

 

私が好きに選んでいいなら、だんぜん、包帯キャラにしたいです!

アニメ・マンガの世界でいえば、銀魂の高杉晋助や初期の綾波レイのような包帯萌えな感じがよいでしょう!

 

背の高さはそこそこの大男。185センチくらいでしょうか。体格はよいはず。筋骨隆々です。ただしボディビルダーのような盛り上がった筋肉というよりは、日本人プロレスラーのような「実戦的に引き締まった」感じ。蝶野正洋さんくらいの大きさが望ましいでしょう。

 

ひげはあります!

口の周りに短めのひげ。

これも蝶野正洋さん程度のひげがよいでしょう。

 

服装のイメージカラーは、黒。

身に着ける鎧も黒い鎧で統一してほしい!

あ!これも蝶野正洋さんのイメージカラーと同じですね!


まとめ:私の心の中の夏侯惇はこんな感じ!

魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

というわけで私の頭の中での夏侯惇は、

 

・名前の読みは「かこうとん」

・包帯キャラ

・黒い鎧に身を固めた、蝶野正洋風の怖いオッサン

 

となりました。


三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

ちょうどプロレスラーの蝶野正洋さんが片目を包帯で隠して、古代中国の漆黒の鎧を身にまとい、「ワシがかこうとんじゃ!」と登場してくれれば、私のイメージにピッタリ合います!

 

うーん、目の前に現れたら、めちゃくちゃ怖そうですね。でも曹操軍の初期からの勇将なのであれば、これほどの怖い風格のオジサンであってくれてよいのではないでしょうか。

 

などなど、勝手に自分の中で妄想を膨らませられるのも三国志の楽しみのひとつ!

夏侯惇というキャラクターを、この機会に、私の好みで自由に「妄想」させていただきました!

もっとも、こんな私たち後世の三国志ファンの、個々人の勝手な妄想こそ、草葉の陰の夏侯惇本人にとっては、「知らんがな!」という話でしょうけれど。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る

関連記事:夏侯惇の眼帯はバカにされるのを隠すためだった!?

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 五虎大将軍の関羽 樊城の戦いから関羽の凄さを知る!史実でも関羽は凄かった
  2. 孔明による出師の表 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  3. 趙雲 三尖刀 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  4. 孟獲キャッチコピー 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチ…
  5. 宦官 宦官とはどんな人たち?朝廷を牛耳った宦官の役割を紹介
  6. 竹林の七賢 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく…
  7. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!…
  8. 代筆屋 商売 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 鼻をほじりながら無関心な織田信長
  3. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  4. 魏延と孔明
  5. 成廉、魏越、呂布
  6. 李典
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

江戸城 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥 司馬懿と魏延 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能! 編集長日記03 kawausoさん、おとぼけさん キングダム「信の必勝法は攻撃しない事!」 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その7「廬江の少年たち」 『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示 黄巾賊を撃退する太史慈 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯 関羽 関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの? キングダム54巻amazon キングダム最新604話ネタバレ「李牧の戦術」レビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP