キングダム雑学「可哀想な公子嘉は将来王として即位する?」


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

公子嘉は将来王として即位する?(1P目)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



代王嘉の非情なアドバイス

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

紀元前226年、王翦の軍勢は、10カ月で燕の王都である薊を抜き、燕王喜と太子丹はすべての精兵を率いて東の遼東に籠りますが、将軍李信が燕王を追撃します。

 

燕が滅亡すると、その矛先が代に向かう事を恐れた嘉は、燕王喜に手紙を送ります。

魏晋世語(書類)

 

「秦が燕を追い立てるのは太子丹が起こした禍である。今、王が本当に丹を殺して、これを秦王に献上すれば必ず秦王の怒りは解けて、燕の社稷(しゃしょく)は継続できるだろう」

 

嘉は、このように禍を避けるために太子丹を殺すように燕王喜に勧めます。

 

その後、李信が丹を追い、丹は衍水(えんすい)の中洲に身を潜めていましたが、燕王喜は使者を送って丹を斬り、その首を秦王政に献上しました。これにより秦王政の怒りは和らぎ、燕と秦は一旦和睦します。

 

この部分が、そのまま漫画で活かされるか分かりませんが、あのナイーブな感じの代王嘉が非情な決断を下せるようになるのでしょうか?

 

紀元前222年燕と代が滅びる

三国志のモブ 反乱

 

しかし、秦と燕の和睦は4年で終わり、紀元前222年、秦は王翦の子の王賁が再び遼東を攻めて燕王喜を滅ぼしてしまいました。話はそれだけで終わらず、王賁は返す刀で近くにあった代にまで進撃、代王嘉は為す術なく捕虜になってしまいます。こうしてみると、代の国力は燕なしには、秦に太刀打ちできるような代物ではなかったようです。燕が滅びる時がすなわち代の滅びる時だったのです。

 

代王嘉の能力

漢李カク・郭祭り78 献帝

 

史実の公子嘉は、李牧との接点も特にありませんが、趙の滅亡後も秦に屈する事なく、燕と手を組んで戦い、一度は燕と代で連合軍まで組んで戦ったのですから大したものです。

 

この代王嘉の奮戦ぶりから、趙の滅亡は紀元前228年ではなく、代が滅んだ紀元前222年だと考える研究者もいるそうですから、代王嘉の手腕は見事なものと言えるでしょう。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

kawausoさんのキングダムがキター!

 

今回は史実における公子嘉の将来について史実をベースにして紹介してみました。

 

キングダムでは、完全にへこんでしまい、情けない所を見せている公子嘉ですが、趙の滅亡後も、諦めずに亡命政権まで樹立して非力なりに秦と戦うのですから、史実でもなかなかに優秀な人物なのが分かりますね。漫画では李牧との絡みもあるでしょうから、秦との駆け引きでも非凡な交渉力を見せるのでしょうか?

 

参考文献:史記

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム646話ネタバレ李牧弱音を吐く!「雁門以来」レビュー考察

関連記事:キングダム646話ネタバレ考察「李牧は幽繆王を受け入れるのか?」

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-