「月刊はじめての三国志11月号」10月24日(土)に出版決定

はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつも「はじめての三国志」をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志」から10月24日(土)に「月刊はじめての三国志11月号」の出版が決定しました。

 

月刊はじめての三国志 2020年11月号

 

11月号の表紙を飾るのは『絵を描く曹植』です。

 

皇象(こうしょう)仙人

 

11月といえば「芸術の秋」ですね。芸術の秋の由来は、100年前に1907年に日本の美術振興策として政府が『文部省美術展覧会』を開いたことをきっかけに、多くの人が美術品を目にする機会が生まれました。また秋は気候的にも過ごしやすく、芸術活動や鑑賞に相応しい季節のことから、「芸術の秋」の由来につながったとか。

 

公孫サンは英雄劉備が真似した人物

 

紅葉で色彩が豊かになり、鈴虫の音色が聞こえてくるこの季節。
皆さまも曹植のように創作活動、鑑賞などを行い自分なりの「芸術の秋」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

それでは、発売まで乞うご期待!

今後とも「はじめての三国志」を宜しくお願いします♪♪

 

【はじめての三国志電子書籍一覧はこちら】

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. kawausoさんを中心に講義を受ける視聴者
  2. 郭嘉スマホケース
  3. 巨額の財産を所有するテンプル騎士団

    当サイトからのお知らせ

    【ご報告】新チャンネル開設します!!

    いつも『はじめての三国志』公式Youtub…

  4. 主要人物の出身地図特集バナー

    当サイトからのお知らせ

    出身地図一覧に「豫州・冀州」を追加しました

    はじめての三国志データベース『三国志登場人…

  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 古代オリンピック 特集バナー ver.2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP