今日のkawauso55「魯粛の苦しい言い訳」

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし劉備、孫権、魯粛

 

いかに偉大な英傑でも、1人の力で時代を動かす事は出来ない。

魯粛は三国志でも屈指の英傑だが、劉備や関羽は魯粛の言いなりに動くようなタマではなく、

特に南郡に割拠した関羽の処遇では、孫権に随分追及された。

孫権に手紙で関羽を何とかしろと怒られた魯粛の苦しい言い訳が正史三国志呂蒙伝にある。

 

子敬は、私への返書で言った

「帝王たるべきものが立つとき、必ずその先駆けとして群雄を追い払う者がいます。

関羽は、あなた様の先駆けをしているのでありますから、彼を憚られる事はありません」

これは子敬が自分では対処できないのに、人に向かって空威張りしただけに過ぎない。

私は、これを大目に見て、責めたりする事もしなかった。

 

伝言を伝えにくるも関羽に斬られる顔良

 

関羽は呉の天下の為に、曹操に噛みつく番犬ですよ。

番犬を恐れる必要はありません。

こう言って必死に孫権を説得する魯粛の姿が浮かび上がる。

 

魯粛は、決して空威張りばかりではなく、単刀赴会で関羽と激しく口論して、

これを引き下がらせたので胆力のある人だが、

それ以前には、孫権から見れば弱気とみられるような事も言ったのだろう。

 

前回記事:今日のkawauso54「お馴染みの銭唐」

 

【古今東西の英雄達が愛用した武器・装備】
英雄の武器特集

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 司馬懿
  2. 司馬懿

    今日のkawauso

    今日のkawauso25「曹爽自由零年」

    人が自由を失うとどうな…

  3. kawauso編集長
  4. 牢獄に入れられる賈逵(かき)
  5. 月刊はじめての三国志5月号2020年 徐庶
  6. 張昭

    今日のkawauso

    今日のkawauso52「呉のリスク」

    権力が不安定な三国時代…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP