架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての魏

曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?

この記事の所要時間: 64




曹操のムスコ達アイキャッチ

 

曹植(そうしょく)、字は子建は、曹操(そうそう)が37歳の時の子どもです。

母は当時側室の卞氏で、上には4人の兄がいました。同母の兄には5歳上の曹丕(そうひ)、2~3歳上(生年不明です)の曹彰(そうしょう)が居ます。

幼い頃は曹丕ともども庶子として扱われていましたが、6歳頃に長兄曹昴が討ち死に、

これに原因する曹操と丁夫人の離縁から卞氏が正妻となり、嫡子としての扱いとなりました

(曹昴の同母弟曹鑠も早世しています)。




幼くして才能を見せる

曹植

 

10歳前後で既に文章、特に詩才がある事で知られていました。

また聡明だけどおおらかでのほほんとした気質、穏やかで素直な面があり、才能と合わせて一時は曹操自身が後継者にどうか、とも考えたほどでした。
ただの文学少年ではなく、14歳の頃から父に従っての従軍経験もありました。




後継者レース勃発

曹沖

 

当時曹操の息子達で、後継者レースに乗せられていたのが年長の曹丕、曹植、そして天賦の才能と人徳があったと伝わる庶子の曹沖(そうちゅう)です。

不幸な事に曹沖は208年、13歳で早世してしまいます。
ちなみに曹彰は根っからの武将タイプで、本人も立派な武将になり軍功を挙げる事を目指す、と公言していましたので(後の歴史を考えると賢い選択)、父公認でレースには不参加です。

後継者レース開催中の曹植・曹丕が10代後半?20代の頃、曹操陣営には人材が続々と集まってきていました。
人が集まると徒党が組まれるもの。それが後継者かもしれない公子達の取り巻きとなると…何となく想像がつきますよね。

実際に2人が争っていたというより、側近達や周囲がああでもない、こうでもないと言っていた、というのが実情ではと考えられています。

 

関連記事:卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

関連記事:幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

 

お酒の味を覚えてしまい…?!

劉寛 酒
この時期を曹植はどう過ごしたのでしょう?
彼は子どもの頃のまま、おおらかで素直な性格だったようです。

加えて父ゆずりの文才はどんどん開花し、優れた詩を生み出すようになります。
そんな彼の落とし穴が「酒」でした。

どうやら大酒飲み、お酒大好きになってしまったようで、特に20代には正史に酒での失敗が残るほどでした(曹丕にハメられた逸話も残ります)。

酒好きの天才肌。

その上年相応ではない思慮に欠ける振舞い…曹丕は神経質で暗めのロマンチストだったようですから、どちらが良いものか曹操は本当に悩んだ事でしょう。
曹丕が身を慎んで言動に注意していた事もあり、曹植25歳の頃には曹丕が後継者と決まりました。

曹操の死まで3年を切っています。本当に悩んだんですね…

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

曹植の転落人生

この頃から曹植の扱いが、当然ながら変わってきます。

曹植本人というより、取り巻き連中の勢力が無視できない状態だったようです。
まずは「鶏肋」のエピソードで知られる楊修(ようしゅう)が、その才を危ぶんだ曹操に誅されます。

享年45歳。曹操の長年のライバルであった袁紹一族に連なる人物、という事も背景にあったようです。

自由人の曹植を後継者たりえるようアドバイス(という名の操縦を)していた人物の刑死は、曹植にはとてもこたえたと思います。

酔っ払って正史に残る事件を起こすのがこの頃です。

曹操が没し曹丕が文帝となると、これまた側近の丁儀兄弟が何と一族男子誅滅となりました。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

関連記事:曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深…
  2. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…
  3. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物…
  4. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた…
  5. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  6. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  7. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落…
  8. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  2. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。
  3. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  4. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編
  5. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です
  6. 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感 スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性 三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの? 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!

おすすめ記事

  1. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?
  2. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?
  3. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる
  4. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し
  5. キングダム ネタバレ予想534話 日没まで
  6. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!
  7. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP