よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての魏

曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?

この記事の所要時間: 60




曹操のムスコ達アイキャッチ

 

曹植(そうしょく)、字は子建は、曹操(そうそう)が37歳の時の子どもです。

母は当時側室の卞氏で、上には4人の兄がいました。同母の兄には5歳上の曹丕(そうひ)、2~3歳上(生年不明です)の曹彰(そうしょう)が居ます。

幼い頃は曹丕ともども庶子として扱われていましたが、6歳頃に長兄曹昴が討ち死に、

これに原因する曹操と丁夫人の離縁から卞氏が正妻となり、嫡子としての扱いとなりました

(曹昴の同母弟曹鑠も早世しています)。




幼くして才能を見せる

曹植

 

10歳前後で既に文章、特に詩才がある事で知られていました。

また聡明だけどおおらかでのほほんとした気質、穏やかで素直な面があり、才能と合わせて一時は曹操自身が後継者にどうか、とも考えたほどでした。
ただの文学少年ではなく、14歳の頃から父に従っての従軍経験もありました。




後継者レース勃発

曹沖

 

当時曹操の息子達で、後継者レースに乗せられていたのが年長の曹丕、曹植、そして天賦の才能と人徳があったと伝わる庶子の曹沖(そうちゅう)です。

不幸な事に曹沖は208年、13歳で早世してしまいます。
ちなみに曹彰は根っからの武将タイプで、本人も立派な武将になり軍功を挙げる事を目指す、と公言していましたので(後の歴史を考えると賢い選択)、父公認でレースには不参加です。

後継者レース開催中の曹植・曹丕が10代後半?20代の頃、曹操陣営には人材が続々と集まってきていました。
人が集まると徒党が組まれるもの。それが後継者かもしれない公子達の取り巻きとなると…何となく想像がつきますよね。

実際に2人が争っていたというより、側近達や周囲がああでもない、こうでもないと言っていた、というのが実情ではと考えられています。

 

関連記事:卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

関連記事:幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

 

お酒の味を覚えてしまい…?!

劉寛 酒
この時期を曹植はどう過ごしたのでしょう?
彼は子どもの頃のまま、おおらかで素直な性格だったようです。

加えて父ゆずりの文才はどんどん開花し、優れた詩を生み出すようになります。
そんな彼の落とし穴が「酒」でした。

どうやら大酒飲み、お酒大好きになってしまったようで、特に20代には正史に酒での失敗が残るほどでした(曹丕にハメられた逸話も残ります)。

酒好きの天才肌。

その上年相応ではない思慮に欠ける振舞い…曹丕は神経質で暗めのロマンチストだったようですから、どちらが良いものか曹操は本当に悩んだ事でしょう。
曹丕が身を慎んで言動に注意していた事もあり、曹植25歳の頃には曹丕が後継者と決まりました。

曹操の死まで3年を切っています。本当に悩んだんですね…

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

曹植の転落人生

この頃から曹植の扱いが、当然ながら変わってきます。

曹植本人というより、取り巻き連中の勢力が無視できない状態だったようです。
まずは「鶏肋」のエピソードで知られる楊修(ようしゅう)が、その才を危ぶんだ曹操に誅されます。

享年45歳。曹操の長年のライバルであった袁紹一族に連なる人物、という事も背景にあったようです。

自由人の曹植を後継者たりえるようアドバイス(という名の操縦を)していた人物の刑死は、曹植にはとてもこたえたと思います。

酔っ払って正史に残る事件を起こすのがこの頃です。

曹操が没し曹丕が文帝となると、これまた側近の丁儀兄弟が何と一族男子誅滅となりました。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

関連記事:曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  3. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりや…
  4. 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息…
  5. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武…
  6. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  7. 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理
  8. 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  2. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由
  3. 張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る
  4. 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは
  5. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?
  6. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの? 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの? 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物 董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!? 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

おすすめ記事

  1. 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた
  2. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  3. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ
  4. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  5. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  6. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  7. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!
  8. 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP