三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての魏

曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?

曹植




曹操のムスコ達アイキャッチ

 

曹植(そうしょく)、字は子建は、曹操(そうそう)が37歳の時の子どもです。

母は当時側室の卞氏で、上には4人の兄がいました。同母の兄には5歳上の曹丕(そうひ)、2~3歳上(生年不明です)の曹彰(そうしょう)が居ます。

幼い頃は曹丕ともども庶子として扱われていましたが、6歳頃に長兄曹昂が討ち死に、

これに原因する曹操と丁夫人の離縁から卞氏が正妻となり、嫡子としての扱いとなりました

(曹昂の同母弟曹鑠も早世しています)。




幼くして才能を見せる

曹植

 

10歳前後で既に文章、特に詩才がある事で知られていました。

また聡明だけどおおらかでのほほんとした気質、穏やかで素直な面があり、才能と合わせて一時は曹操自身が後継者にどうか、とも考えたほどでした。
ただの文学少年ではなく、14歳の頃から父に従っての従軍経験もありました。




後継者レース勃発

曹沖

 

当時曹操の息子達で、後継者レースに乗せられていたのが年長の曹丕、曹植、そして天賦の才能と人徳があったと伝わる庶子の曹沖(そうちゅう)です。

不幸な事に曹沖は208年、13歳で早世してしまいます。
ちなみに曹彰は根っからの武将タイプで、本人も立派な武将になり軍功を挙げる事を目指す、と公言していましたので(後の歴史を考えると賢い選択)、父公認でレースには不参加です。

後継者レース開催中の曹植・曹丕が10代後半?20代の頃、曹操陣営には人材が続々と集まってきていました。
人が集まると徒党が組まれるもの。それが後継者かもしれない公子達の取り巻きとなると…何となく想像がつきますよね。

実際に2人が争っていたというより、側近達や周囲がああでもない、こうでもないと言っていた、というのが実情ではと考えられています。

 

関連記事:卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

関連記事:幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

 

お酒の味を覚えてしまい…?!

劉寛 酒
この時期を曹植はどう過ごしたのでしょう?
彼は子どもの頃のまま、おおらかで素直な性格だったようです。

加えて父ゆずりの文才はどんどん開花し、優れた詩を生み出すようになります。
そんな彼の落とし穴が「酒」でした。

どうやら大酒飲み、お酒大好きになってしまったようで、特に20代には正史に酒での失敗が残るほどでした(曹丕にハメられた逸話も残ります)。

酒好きの天才肌。

その上年相応ではない思慮に欠ける振舞い…曹丕は神経質で暗めのロマンチストだったようですから、どちらが良いものか曹操は本当に悩んだ事でしょう。
曹丕が身を慎んで言動に注意していた事もあり、曹植25歳の頃には曹丕が後継者と決まりました。

曹操の死まで3年を切っています。本当に悩んだんですね…

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

曹植の転落人生

photo credit: When moon lit up the blue sky via photopin (license)

この頃から曹植の扱いが、当然ながら変わってきます。

曹植本人というより、取り巻き連中の勢力が無視できない状態だったようです。
まずは「鶏肋」のエピソードで知られる楊修(ようしゅう)が、その才を危ぶんだ曹操に誅されます。

享年45歳。曹操の長年のライバルであった袁紹一族に連なる人物、という事も背景にあったようです。

自由人の曹植を後継者たりえるようアドバイス(という名の操縦を)していた人物の刑死は、曹植にはとてもこたえたと思います。

酔っ払って正史に残る事件を起こすのがこの頃です。

曹操が没し曹丕が文帝となると、これまた側近の丁儀兄弟が何と一族男子誅滅となりました。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

関連記事:曹昂の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事…
  2. 張遼・楽進・李典 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  3. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…
  4. 司馬懿 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  5. 諸葛瑾と幼い頃の孔明 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  6. 鄧禹と兵士 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  7. 孔子と儒教 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?
  8. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔子と儒教
  2. 曹操女性の敵3

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  2. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由 李儒と三国志
  3. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 対立する西郷隆盛と大久保利通
  4. 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介
  5. 【キングダム551話】「兵糧の底」ネタバレ&レビュー
  6. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?

三國志雑学

  1. 解煩督 呉
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  2. 一条美賀子
  3. 五斗米道の教祖・張魯
  4. 顔良と関羽
  5. 酒を飲む曹操、劉備、孫権

おすすめ記事

潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介 阿部正弘は大奥でモテモテ、それって史実どおりなの? 姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった? 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ 落書きをする宋江(水滸伝の主人公) 宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期 于禁を虐める曹丕 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP