今週もお疲れ様。呂布のように自分の強みを把握してる?


今週もお疲れ01 呂布a

 

はじめての三国志をご覧の皆さん。今週もお疲れ様です。今週のお疲れキャラは呂布です。

 

赤兎馬と呂布

 

呂布と言えば最強の呼び名に比較して案外あっさり負けている戦いが時々出てきます。これは呂布の騎兵が、簡単に補充出来ない貴重品である事が関係しています。呂布が重んじられたのは、個人の武勇もそうですが、率いている騎兵の強さだったのです。

 

呂布

 

逆に言うと、手持ちの騎兵をごっそり減らすような戦いは例え勝っても呂布には意味がない事になります。そんな場合には、あっさりと尻尾を巻いて逃げてしまうのです。

 

成廉、魏越、呂布

 

皆さんも呂布のように自分の強みを把握していますか?

 

曹操から水攻めを受ける呂布

 

そうじゃないと、いいように使われてろくろく感謝もされない事になるので骨折り損にならないようにしましょう。この土日で自分の強みを見つめ直すのもいいですね。

 

呂布

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-おつかれさま