関羽の魅力は劉備以上?敵国から異民族までをも魅了した男の実態




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

食客に成り下がる劉備

 

三国志において魅力の高い人物の筆頭といえば劉備(りゅうび)

 

劉備に資金を提供する簡雍

 

袁紹(えんしょう)のように名門だったわけでもなく、曹操(そうそう)のように熱心に人材登用をしたわけでもありません。

 

劉備を支援する麋竺

 

また、孫権(そんけん)のように父や兄から勢力を引き継いだということもなく、むしろ何もないところから叩き上げで台頭したのが劉備勢。

 

劉備と仲がよくなる伊籍

 

長らく弱小勢力で拠って立つ地さえも定まらなかったのに、劉備のもとには多くの文武官が集まりました。これは劉備が人を惹きつける何かを持っていたことにほかなりません。

 

顔が赤い関羽

 

ですが、右腕とも言える存在の関羽(かんう)もまた劉備に負けず劣らずの魅力を持っていたと言えます。

 

関羽が大好きすぎる曹操

 

なぜなら関羽は曹操が恋をしたかのように惹かれた人材ですし、後に清を建国する女真族(じょしんぞく)ら非漢民族にも敬愛されていたからです。今回はそんな関羽の魅力について紹介していこうと思います。

 

関連記事:女真族とはどんな人たち?金を建国した女真族を分かりやすく解説

関連記事:女真族は強かったの?条約の裏に隠された完顔阿骨打の頭脳プレイとは?




劉備の魅力はフレンドリーさ

劉備 黒歴史

 

劉備の魅力を語る上で欠かせないのが中国独自の友人システム。友達を中国語で書くと「朋友(ほうゆう)」となるのですが、「朋」には対等な間柄、結託するといった意味合いがあり、中国で言う友人は一蓮托生の関係を指します。

 

劉備と徳川家康

 

日本では友達には遠慮や気遣いをするものですが、中国ではそれがなく、頼り頼られて然るべきという間柄です。しかし、誰でも彼でも友達になれるわけではありません。例外はあれど、一般的には名声や後ろ盾がある、思想や目的が同じであるなど利害関係が一致しなければ友人関係になれないのが当たり前。

 

張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

 

そんな中で劉備はどんな人とも寝床をともにしたと言われるほど別け隔てなく人と接しました。時代や社会的な風俗にとらわれない「粋な」フレンドリーさが劉備の最大の魅力と言えるでしょう。

 

関連記事:劉備は趙雲や関羽・張飛と同じベットで寝ているけど狭くない?

関連記事:【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか




曹操にとっての関羽の魅力

激怒する関羽

 

劉備とは対照的に関羽は剛情な面が目立ちます。例えば黄忠(こうちゅう)と同列にされることを嫌ったり、孫権からの縁談の申し出を最悪の形で決裂させるなどプライドが先行してうまく人と関係を結ぶことができないタイプです。

 

関羽が大好きすぎる曹操 ver2

 

つまり、劉備のように多くの人を魅了するような系統の魅力は持ち合わせていなかったということになります。ではなぜ曹操が関羽に執着をしたのかというと単純に能力値の高さでしょう。

 

郭嘉

 

程昱(ていいく)郭嘉(かくか)からは兵1万に匹敵すると言われていますし、劉曄(りゅうよう)は蜀で名将と呼べるのは関羽1人と言っています。実際に劉備も関羽を独立遊軍として裁量を与えることで乱世を渡り歩いてきました。

 

曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽

 

また、曹操は人の扱いが上手かったので、関羽のように万能な人物を扱ってみたかったのかもしれません。

 

関連記事:関羽が魏に仕えてたら曹操は死んでいた?関羽は魏で飼い殺される?

関連記事:曹操が関羽や劉備に振る舞った熱燗の道具を考える

関連記事:関羽の葬儀を行った曹操、その真意はどこにあった?

 

民衆にとっての関羽の魅力

関帝廟で関羽と一緒に祀られる周倉

 

関羽の面白いところは死後に多くの人を惹きつけている点です。関羽がどのようにして信仰されたのか詳細はわかっていませんが、少なくとも関羽が古くから祀られていたことは間違いありません。

 

関帝廟と関羽

 

最古の関帝廟(かんていびょう)は隋の時代に建てられたというので、死後まもなく関羽を祀り始めた可能性もあります。しかし、関羽は一介の武将に過ぎません。子孫以外の人が皇帝でもない人物を祀ること、それが後世まで続いているところに関羽の魅力があります。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

その魅力を具体的に表現すると「生き様」と「死に様」です。関羽は非業の死を遂げていることと生前の強さから当初は鬼神として考えられていました。

 

関羽の青銅像

 

中国では古くから鬼神を祀ることで厄払いをしていたのですが、関羽も同じように祀られていた可能性が高いです。

 

関連記事:台湾には関帝廟が100個以上ある?台湾って三国志が人気なの?

関連記事:横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 劉禅
  2. 孫権に激怒する関羽

    はじめての蜀

    106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

    西暦219年、劉備(りゅうび)は魏王を名乗った曹操(そ…

  3. 張翼
  4. 阿会喃(あかいなん)と孔明
  5. 暴れる関羽
  6. 戦争で奮闘する雷銅

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP