月刊はじめての三国志2021年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました


はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2021年5月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

-桃園の誓いは実話だった!関羽伝に記述されている桃園結義と桃が起用された理由
-関羽の魅力は劉備以上?敵国から異民族までをも魅了した男の実態
-三国志、本当は二国志だった?陳寿最大のタブーに迫る
-どうして魏呉では宦官が悪事を働けなかったのか?
-蜀漢の帝都・成都はヤバイ場所だった?

 

 

はじめての三国志電子書籍サービス

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 編集部

はじめての三国志

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

-当サイトからのお知らせ